前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 十六銀行

    十六銀行から見た岐阜銀行岐阜銀行

    9月18日 - 岐阜銀行を吸収合併。十六銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 過去に存在したユニーの店舗

    過去に存在したユニーの店舗から見た岐阜銀行岐阜銀行

    跡地は建て替えて、岐阜銀行瑞浪支店となったが、2012年(平成24年)9月に同行が十六銀行に吸収合併されたことにより支店統廃合され、空きビルとなった後に解体。現在はマンション「LapineAnnex」の駐車場となっている。瑞浪駅前南約100mに立地した。過去に存在したユニーの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • Gサテライト

    Gサテライトから見た岐阜銀行岐阜銀行

    Gサテライト フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜相互銀行

    岐阜相互銀行から見た岐阜銀行岐阜銀行

    岐阜相互銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 堀江博海

    堀江博海から見た岐阜銀行岐阜銀行

    1970年、十六銀行に入行し、常務取締役、専務取締役を経て、2009年6月に第11代頭取に就任した。また独自の手法で経営にあたり、2012年には、十六銀行と岐阜銀行の合併を実現させた。後任頭取である村瀬幸雄は、堀江を「いろいろなサプライズをする人だった」と評した。堀江博海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水義之 (実業家)

    清水義之 (実業家)から見た岐阜銀行岐阜銀行

    その間、十六銀行は保守的な経営姿勢に徹することになる。このことが旧東京三菱銀行同様、バブル崩壊後に多額の不良債権を抱え経営危機に陥った岐阜銀行やUFJ銀行などと比較して、結果として健全な財務力と独立経営を維持したとする評価もある。もっとも、これは1991年に日東あられが粉飾決算で倒産した際、融資額55億円の償却を余儀なくされたことから、いわゆる”バブル融資”には懐疑的であった側面もある。ちなみに、当時の同社社長は清水の高校・大学の7年後輩であった。清水義之 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜少年院

    岐阜少年院から見た岐阜銀行岐阜銀行

    1946年(昭和21年)8月 - 元岐阜警察署長で、当時岐阜合同無尽(岐阜銀行→現:十六銀行)会頭取締役だった河合甚助が、地域住民らと特殊隊を結成。川崎造船所岐阜工場少年修練道場を買収。各務原少年訓練所とする。岐阜少年院 フレッシュアイペディアより)

  • UFJホールディングス

    UFJホールディングスから見た岐阜銀行岐阜銀行

    株式会社岐阜銀行 ( UFJ銀行 の持分法適用関連会社・名証一部上場)UFJホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 塩野谷九十九

    塩野谷九十九から見た岐阜銀行岐阜銀行

    飯田経夫(名古屋大学名誉教授)、水谷研治(エコノミスト)、清水義之 (実業家)(元十六銀行頭取)、花田実(元岐阜銀行頭取)、田中博秀(元労働省労働研修所所長)は塩野谷ゼミ出身。塩野谷九十九 フレッシュアイペディアより)

  • 相互銀行

    相互銀行から見た岐阜銀行岐阜銀行

    岐阜相互銀行(岐阜無尽、1989年普銀転換、岐阜銀行となるも、経営悪化のため2012年に十六銀行に吸収合併され消滅。岐阜県)相互銀行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示