647件中 31 - 40件表示
  • 岡山県

    岡山県から見た広島市

    人口は戦後一貫して増加を続け、2005年(平成17年)には約195万人に達した。広島市に次いで中国地方第二の都市である岡山市(約70万人)や第三都市の倉敷市(約47万人)を擁している南部は人口増加が堅調だが、吉備高原や中国山地の山々に囲まれた地域では高齢化が進行し、人口の減少が顕著になってきている。そのため、県全体では1990年(平成2年)頃から人口はほぼ横ばいである。男女の初婚年齢が香川県とともに全国屈指の早さとなっている。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見たイネ

    また、彦崎貝塚(岡山市南区)では縄文時代前期の地層からイネのプラント・オパールが大量に出土し、朝寝鼻遺跡(岡山市北区)でも同様の発見があり、縄文時代前期には畑作によるイネの栽培が始まっていたとみられる。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た備後国

    6世紀前半に大和朝廷への臣従したのち、吉備国は勢力抑圧のために備前国、備中国、備後国の3国に分割され、さらには備前国から美作国が分国された。国府は現在の岡山市(備前国)、総社市(備中国)、津山市(美作国)にそれぞれ置かれた。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た瀬戸大橋

    1970年代以降は山陽新幹線の開業や瀬戸大橋の開通による高速道路・鉄道網の整備、岡山空港開港による航空網の整備が行われ、交通の結節点としての地位を高めた。南部では人口の増加がみられ、岡山市や倉敷市などが150万都市圏を形成している(岡山都市圏)。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た後楽園

    広島県東部に位置する備後地方や香川県島嶼部などと合わせ、古くは「吉備国」と呼ばれた。吉備国は大和朝廷に並ぶほどの強大な勢力を持っていたとされ、県内にも数多くの遺構が残っている。江戸時代には岡山に池田氏、津山に森氏が入封し、倉敷は天領となった。特に池田氏は日本三名園の後楽園を造成し、閑谷学校を開くなど、文化・教育面で多大な功績を残した。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見たジーンズ

    1870年代以降になると近代工業として製糸工場が県内に次々と立地した。倉敷紡績(略称:クラボウ)は全国有数の製糸企業に成長し、また倉敷紡績の大原孫三郎によって倉敷絹織(現在のクラレ)、紡績を支える中国水力電気会社(現在の中国電力)なども設立された。この時代の繊維産業の発展が現在の倉敷市のジーンズ、学生服の隆盛の元になっている。大原は実業のかたわら、大原美術館、倉敷中央病院、農業や社会問題の研究所などを設立したり、石井十次の孤児養育事業を支援するなど、現在のことばでいうメセナ事業を行った。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た玉野市

    北部には旭川・高梁川・吉井川の三大河川が源を発している中国山地や鍾乳洞などのカルスト地形がみられる吉備高原の高地が連続的に広がり、南部には北部から流れている三大河川によって形成された岡山平野が広がっている。また、岡山平野にはかつて瀬戸内海に浮かんでいた小島が丘陵として点在し、干拓により江戸時代に本州と繋がった児島半島がある。南部は瀬戸内海に面し、多くの島々が点在している。主な山としては、中国山地の蒜山(標高1122m)や後山(標高1345m)などがあり、主な湖沼としては、児島湾奥の締切によって人工的に造られた児島湖などがある。なお、兵庫県とは山地及び備前市の取揚島で、鳥取県・広島県とは山地で、香川県とは海上および玉野市の井島(石島)で隣接している。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た山陽新聞

    山陽放送(RSK、TBS[JNN]系列。山陽新聞傘下)岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た下津井電鉄

    鉄道は1891年(明治24年)に山陽鉄道(現在のJR山陽本線)が三石駅から岡山駅まで開通したのを皮切りに、中国鉄道・西大寺鉄道・片上鉄道・下津井電鉄などが次々と開通した。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た山陽鉄道

    1891年(明治24年)に山陽鉄道(現在のJR山陽線)が岡山を経由して広島県尾道まで開通し、その後もいくつかの私鉄路線が開通した(鉄道の項参照)。これらのうち主要なものは後に国鉄に組み入れられた。岡山県 フレッシュアイペディアより)

647件中 31 - 40件表示

「岡山のできごと」のニューストピックワード