100件中 11 - 20件表示
  • ルージュの伝言

    ルージュの伝言から見た岡崎友紀岡崎友紀

    1975年 - 岡崎友紀(アルバム『私の好きな歌』収録)ルージュの伝言 フレッシュアイペディアより)

  • あしたからの恋

    あしたからの恋から見た岡崎友紀岡崎友紀

    主演は、この「木下恵介アワー」で放送された『おやじ太鼓』で頑固親父を演じた進藤英太郎、妻役には、のちに『渡る世間は鬼ばかり』、『肝っ玉かあさん』、『ありがとう』『女と味噌汁』などホームドラマでは欠かせない女優・山岡久乃が演じた。長男は林隆三、長女は尾崎奈々、次女にこの番組収録終盤に『おくさまは18歳』の主演に抜擢されたため出演できなくなり、実質第29回以降は降板し、最終回も声のみの出演となった岡崎友紀が務めた。この3人兄妹の恋模様を進藤、山岡が扮する両親が心配しながら見つめていくというものだが、進藤、山岡の2人が出演していない回が3回あり、メインは尾崎奈々と林隆三である。全話に出演しているのは、大出俊、小阪一也の2人のみで、主題歌を小坂一也が歌っている。2回ほどゲスト出演したトワ・エ・モワの生演奏がじっくりと聴けるのも見所の一つである。あしたからの恋 フレッシュアイペディアより)

  • ヤング720

    ヤング720から見た岡崎友紀岡崎友紀

    また、1988年5月8日放送回(ゲスト:岡崎友紀)では、土居、岡崎、せんだみつお、山本リンダらが出演したグアムロケ回のカラー映像が紹介されている。ヤング720 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のテレビ (日本)

    1974年のテレビ (日本)から見た岡崎友紀岡崎友紀

    日本テレビ系で、朝8時台に子供番組『カリキュラマシーン』(宍戸錠、常田富士男、岡崎友紀ほか出演)、昼13時台にトーク番組『おしゃれ』(資生堂一社提供。初代司会者は三橋達也)と、2本の帯番組が開始する。1974年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • アイアンキング

    アイアンキングから見た岡崎友紀岡崎友紀

    このほか、夏純子、大川栄子、岡崎友紀、坂口良子など、当時の人気女優や女性アイドルが多数ゲスト出演した。これについて、宣弘社社長の小林利雄は「かなり話題にはなったものの、製作会社としては逆に辛かった」と述べている。アイアンキング フレッシュアイペディアより)

  • 大映テレビ

    大映テレビから見た岡崎友紀岡崎友紀

    1965年から1971年にかけて、TBSの看板番組として高視聴率をマークした『ザ・ガードマン』で名実ともに力を付けた。その後の1970年代には、岡崎友紀主演の『おくさまは18歳』『なんたって18歳!』からなるシリーズ、山口百恵主演の『赤いシリーズ』、坂上二郎主演の『夜明けの刑事』『明日の刑事』からなる『日の出署シリーズ』を制作して話題を集めた。大映テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 桑原征平粋も甘いも

    桑原征平粋も甘いもから見た岡崎友紀岡崎友紀

    冒頭では、小川によるタイトルコールとともに、「私は忘れない」(「征平の、私は忘れない」のオープニングテーマに使っている岡崎友紀の楽曲)を1番のサビ前まで放送。その後、「ピンク・タイフーン (In The Navy)」(ピンク・レディーの楽曲)に切り替わってから、桑原が以下の口上を述べていた。桑原征平粋も甘いも フレッシュアイペディアより)

  • お嫁さんに決めた!

    お嫁さんに決めた!から見た岡崎友紀岡崎友紀

    TBS系列で放送中の『岡崎友紀ライトコメディシリーズ』に主演している岡崎友紀を起用した、この枠では珍しい現代劇。お嫁さんに決めた! フレッシュアイペディアより)

  • YUKI

    YUKIから見た岡崎友紀岡崎友紀

    岡崎友紀が1980年に「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」を歌った時の名。ちなみにこの曲は当年のオリコン年間ランキングにて90位を獲得している。当時は正体は発表されていなかった。YUKI フレッシュアイペディアより)

  • 家なき子 (1974年のテレビドラマ)

    家なき子 (1974年のテレビドラマ)から見た岡崎友紀岡崎友紀

    長期に渡って放送されていた「岡崎友紀ライトコメディシリーズ」(ただし第3作の『ママはライバル』は水曜19:00)に代わって開始したドラマで、当時売り出し中の坂口良子が主演している。家なき子 (1974年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

100件中 11 - 20件表示

「岡崎友紀」のニューストピックワード