94件中 61 - 70件表示
  • 盛田

    盛田から見た岡崎友紀岡崎友紀

    盛田英夫(英粮)(もりたひでお、1952年2月17日 - ) 盛田昭夫の長男。第16代盛田家当主。芦屋大学卒業後、CBS・ソニー入社。エピック・ソニーを経て、レイケイ社長、盛田株式会社社主、ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社会長、財団法人鈴渓学術財団理事長、財団法人盛田国際教育振興財団専務理事、株式会社盛田トラスティ プレジデント。1978年に女優岡崎友紀と結婚するが1981年に離婚。盛田 フレッシュアイペディアより)

  • 麹町学園女子中学校・高等学校

    麹町学園女子中学校・高等学校から見た岡崎友紀岡崎友紀

    岡崎友紀(女優・歌手)麹町学園女子中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年のテレビ (日本)

    1973年のテレビ (日本)から見た岡崎友紀岡崎友紀

    てんつくてん(出演:司葉子、三波伸介、和田アキ子、岡崎友紀、桜田淳子、森昌子、渡辺篤史 他)1973年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 鳥塚しげき

    鳥塚しげきから見た岡崎友紀岡崎友紀

    立教大学時代はアマチュアのカントリーウェスタンバンドで活躍。ザ・ワイルドワンズに参加しプロデビュー。甘いマスクと声で、癒し系路線で人気者になり、解散後も岡崎友紀主演のドラマやライブ活動で活躍。夫人の出産経験を活かしたラマーズ法のカセットテープがかなり人気が高い。現在は夫人の鳥塚のりこの手話ミュージックコンサートのプロデュース等、福祉活動にも積極的。ヴィレッジ・シンガーズのギタリストでもあり、ビーイングのプロデューサーでもある小松久と結成したカントリーウェスタンバンド「鳥塚しげきとホットケーキ」も順調に活動。ヤマハのバンドコンクールのMCでも有名。また、子供達中心の鳥塚しげき音楽教室も好評。鳥塚しげき フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のテレビ (日本)

    1975年のテレビ (日本)から見た岡崎友紀岡崎友紀

    野わけ(出演:大谷直子、津川雅彦、古谷一行、浜木綿子、芦田伸介、岡崎友紀 他)1975年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見た岡崎友紀岡崎友紀

    一般的に、アイドルという名称が使用されるようになったのは1970年代前半であり、カラーテレビの本格運用・普及の時期である。アイドル発生にはアイドルの重要要素である「色」が映像に加わったという時代背景があった。また、1972年の沖縄返還により、冬季においても屋外での水着グラビア撮影が国内で行うことが可能になった。1970年代初頭に南沙織・天地真理・小柳ルミ子(この頃、南、天地、小柳が「新三人娘」と呼ばれた)・麻丘めぐみなどがデビューし活躍する。また高視聴率ドラマの主要キャラクターだった岡崎友紀・吉沢京子などが活躍する。これらの少女タレントに対し、「子役スター」に代わって「ジャリタレ」という言葉が業界で使われるようになった。一方で、1971年の『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場した南沙織が司会者の水前寺清子から“ティーンのアイドル”と紹介されており、この時点で「アイドル」という言葉が既に当時の音楽番組 の中で使用されている。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • 遠山の金さん (テレビ朝日)

    遠山の金さん (テレビ朝日)から見た岡崎友紀岡崎友紀

    おすみ … 岡崎友紀(第34話?第53話)遠山の金さん (テレビ朝日) フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデン☆ベスト

    ゴールデン☆ベストから見た岡崎友紀岡崎友紀

    岡崎友紀 - GOLDEN☆BEST 岡崎友紀ゴールデン☆ベスト フレッシュアイペディアより)

  • 高峰圭二

    高峰圭二から見た岡崎友紀岡崎友紀

    『ウルトラマンA』終了後も、岡崎友紀主演のライトコメディー『ニセモノご両親』(1974年)や、萬屋錦之介主演の時代劇『長崎犯科帳』(1975年)のレギュラーなど、キャリアを重ねていく。1970年代後半になると、地元の関西に拠点を移して、人気時代劇「必殺シリーズ」やそのスタッフ(制作元は松竹だが、実質は京都映画株式会社)らで作る現代劇のドラマで1クール1回は必ずゲストで出演してきてマニアにはおなじみとなる。高峰圭二 フレッシュアイペディアより)

  • 隠密剣士

    隠密剣士から見た岡崎友紀岡崎友紀

    (青垣精一郎と名乗り、父の仇を追う娘) … 岡崎友紀(第8話)隠密剣士 フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示