106件中 11 - 20件表示
  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見たソニー

    1978年にソニー共同創業者盛田昭夫の長男盛田英夫と結婚するが、1981年に離婚。1986年にミュージシャンの岩倉健二と再婚したが、2005年に再び離婚した。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見た吉沢京子吉沢 京子

    当時人気のバロメータだったブロマイドの売り上げが46ヶ月連続首位(マルベル堂発表)を記録、また日本の芸能人に対して「アイドル」という呼称が一般化したのは、同学年の吉沢京子と岡崎の時代からと云われている。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見た西尾三枝子

    1968年にはNHK大阪製作の少年少女向け連続ドラマ「あねいもうと」に妹「とし子」役で一年間主演し(姉役は西尾三枝子)、全国的な知名度を得、翌1969年にはさらに活躍の場を広げ、多くのドラマやバラエティ番組に進出。1970年3月には歌手デビューを果たした。とりわけ1970年9月よりTBS系で放送された、高校教師と女生徒との秘密の結婚による騒動を描き大ヒットした学園ラブコメディ「おくさまは18歳」(最高視聴率33.1%)でキュートなコメディエンヌとしての魅力が開花し、1970年代前半から中盤にかけて国民的アイドルとして絶大な人気を博した。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見た金月真美

    1980年 「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」(最初YUKI名義で発売されヒット後岡崎友紀であることが公表された) 後にribbon、キタキマユ、木村恵子、金月真美、水瀬伊織がカバー。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見たribbon

    1980年 「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」(最初YUKI名義で発売されヒット後岡崎友紀であることが公表された) 後にribbon、キタキマユ、木村恵子、金月真美、水瀬伊織がカバー。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見たTBSテレビ

    1968年にはNHK大阪製作の少年少女向け連続ドラマ「あねいもうと」に妹「とし子」役で一年間主演し(姉役は西尾三枝子)、全国的な知名度を得、翌1969年にはさらに活躍の場を広げ、多くのドラマやバラエティ番組に進出。1970年3月には歌手デビューを果たした。とりわけ1970年9月よりTBS系で放送された、高校教師と女生徒との秘密の結婚による騒動を描き大ヒットした学園ラブコメディ「おくさまは18歳」(最高視聴率33.1%)でキュートなコメディエンヌとしての魅力が開花し、1970年代前半から中盤にかけて国民的アイドルとして絶大な人気を博した。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見た盛田昭夫

    1978年にソニー共同創業者盛田昭夫の長男盛田英夫と結婚するが、1981年に離婚。1986年にミュージシャンの岩倉健二と再婚したが、2005年に再び離婚した。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見たi-nos

    1991年には倒産したタレント養成所の生徒を引き受け、劇団「NEWS」を結成し、2000年にかけて若手俳優の指導育成に当たる。自ら脚本・演出・振り付けを手掛けた定期公演の舞台は、環境問題をテーマにしたメッセージ性の強い大胆な内容で、毎日新聞、読売新聞等の社会面で取り上げられ話題を呼んだ。また、劇団「NEWS」の音楽を担当していたのは、現i-nosのhotta(堀田陽一)である。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見たコメディエンヌ

    1968年にはNHK大阪製作の少年少女向け連続ドラマ「あねいもうと」に妹「とし子」役で一年間主演し(姉役は西尾三枝子)、全国的な知名度を得、翌1969年にはさらに活躍の場を広げ、多くのドラマやバラエティ番組に進出。1970年3月には歌手デビューを果たした。とりわけ1970年9月よりTBS系で放送された、高校教師と女生徒との秘密の結婚による騒動を描き大ヒットした学園ラブコメディ「おくさまは18歳」(最高視聴率33.1%)でキュートなコメディエンヌとしての魅力が開花し、1970年代前半から中盤にかけて国民的アイドルとして絶大な人気を博した。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎友紀

    岡崎友紀から見た堀田陽一

    1991年には倒産したタレント養成所の生徒を引き受け、劇団「NEWS」を結成し、2000年にかけて若手俳優の指導育成に当たる。自ら脚本・演出・振り付けを手掛けた定期公演の舞台は、環境問題をテーマにしたメッセージ性の強い大胆な内容で、毎日新聞、読売新聞等の社会面で取り上げられ話題を呼んだ。また、劇団「NEWS」の音楽を担当していたのは、現i-nosのhotta(堀田陽一)である。岡崎友紀 フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示