82件中 21 - 30件表示
  • 飛鳥会事件

    飛鳥会事件から見た岡本夏生岡本 夏生

    小西邦彦はまた飛鳥地区の解放会館で同和地区住民のためのイベントにたびたび芸能人を呼んでいた関係から芸能界とも接点を持ち、芸能人たちからはチケットを500万円から1000万円分も買い上げるタニマチとして慕われ、1980年代中期に小西邦彦の実父が他界した折には、小西邦彦と特に昵懇だった勝新太郎夫妻が葬儀に駆けつけている。2001年7月7日には西城秀樹の結婚披露宴に新婦側の主賓として招かれ、新高輪プリンスホテルでスピーチを行った。役所や銀行を相手にする場合は部落解放同盟飛鳥支部長という肩書きを進んで利用し「支部長」と呼びならわされてきたにもかかわらず、このような席では老人ホームの理事長と名乗り、場面によって裏と表の肩書きを使い分けていた。当時、岡本夏生からは「おとうさん」、加賀まりこからは「おにいちゃん」と呼ばれる間柄だった。笑福亭仁鶴も小西邦彦に可愛がられていた芸人の一人で、小西邦彦のことを「親父さん」と呼んでいた。仁鶴の当たりギャグ「どんなんかな??」は小西邦彦が飲み屋で女の子を笑わせるためにたびたび使っていたフレーズを小西邦彦の許可のもとに使用していたものと伝えられる。飛鳥会事件 フレッシュアイペディアより)

  • ボイズンガルズ

    ボイズンガルズから見た岡本夏生岡本 夏生

    1994年11月27日 - 岡本夏生ボイズンガルズ フレッシュアイペディアより)

  • サンテレビ土曜深夜アダルトバラエティ枠

    サンテレビ土曜深夜アダルトバラエティ枠から見た岡本夏生岡本 夏生

    岡本夏生(2005年4月?2007年3月)サンテレビ土曜深夜アダルトバラエティ枠 フレッシュアイペディアより)

  • 王シュレット事件

    王シュレット事件から見た岡本夏生岡本 夏生

    イヨマンテの夜 - 1994年元日に放送された日本テレビ系列『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』にて梅垣義明など複数名(岡本夏生・宅八郎も参加した)による芸が披露され、それを見た北海道ウタリ協会(現・北海道アイヌ協会)から抗議が殺到し、同年4月8日放送分でお詫びテロップが流れた。王シュレット事件 フレッシュアイペディアより)

  • FNN NEWSCOM

    FNN NEWSCOMから見た岡本夏生岡本 夏生

    1992年7月18日は、元フジテレビアナウンサーの逸見政孝と岡本夏生が、それぞれキャスターを担当した。この時のリハーサルでは岡本夏生のあまりの自己紹介の仕方に、隣に座っていた近藤サトが爆笑していた。FNN NEWSCOM フレッシュアイペディアより)

  • 桜井 美春

    桜井美春から見た岡本夏生岡本 夏生

    2008年のデビュー当時、ほしのあき(1977年生まれ。当時31歳)が日本最高齢のグラビアアイドルだった。しかし、ほしのより10歳年上の桜井が41歳でデビューしたことから、桜井が日本最高齢グラドルの地位に上り詰めた。その記録は2010年に岡本夏生(1965年生まれ)がグラビアアイドルとしての活動を再開したことから、岡本にその座を明け渡した。桜井美春 フレッシュアイペディアより)

  • 撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語

    撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語から見た岡本夏生岡本 夏生

    本人 - 岡本夏生(テレ東7ちゃんガールズ特別審査員 / 最高齢グラビアアイドル)撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語 フレッシュアイペディアより)

  • オートレース

    オートレースから見た岡本夏生岡本 夏生

    選手で元SMAPメンバーの森且行(25期、川口オートレース場所属)がテレビCMやポスターに登場している。過去のイメージキャラクターは吉田真里子・小倉優子・菊川怜・藤岡弘・赤井英和・吉田拓郎・岡本夏生である。また、オートレース場独自のイメージキャラクターが存在し、伊勢崎オートレース場ではマスコットキャラクターとして「キラットくん」が、浜松オートレース場では「ブンブンボーイ」がイメージキャラクターになっている。川口オートレース場では、2006年4月から2008年3月までGacktが務めていた。オートレース フレッシュアイペディアより)

  • 女囚さそりシリーズ

    女囚さそりシリーズから見た岡本夏生岡本 夏生

    1991年に東映Vシネマの1作として製作された。梶芽衣子主演の女囚701号/さそりをリメイクした作品。恋人に裏切られた女囚ナミを演じるのは岡本夏生。さそりシリーズとしては14年ぶりの復活となった。女囚さそりシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ショウワノート

    ショウワノートから見た岡本夏生岡本 夏生

    1980年代までの時期は「酋長」と学「習帳」をかけたCMを制作・放送していたが、「酋長」の語が差別語である事から放送されなくなった。その後、1990年代中期には、岡本夏生が母親役で出演したCMが放送された。ショウワノート フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「岡本夏生」のニューストピックワード