82件中 41 - 50件表示
  • 日本のモータースポーツ

    日本のモータースポーツから見た岡本夏生岡本 夏生

    また鈴鹿8耐などを中心に、それまではあくまでレースの表彰台等に華を添える存在でしかなかったレースクイーンが数多く登場。芸能界への登竜門として注目を集めるようになり、実際岡本夏生などレースクイーンから芸能界への転身を果たす人間が複数現れるに連れてさらに人気が上昇するようになった。日本のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スターどっきり(秘)報告

    スターどっきり(秘)報告から見た岡本夏生岡本 夏生

    CoCo、安達祐実、あべ静江、石野真子、内田有紀、大川栄策、香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎、森且行(当時)、V6、加藤茶、志村けん、仲本工事、大村崑(仕掛人は夫人)、西川きよし、西川のりお、ザ・ぼんち、トミーズ、トミーズ雅、トミーズ健、山口百恵、五木ひろし、細川たかし、月亭八方、野口五郎、郷ひろみ、西城秀樹、笑福亭鶴光、ツービート、吉田栄作、工藤静香、山本譲二、中森明菜、にしきのあきら(現:錦野旦)、ピンク・レディー、武山あきよ、デビット伊東、浅野ゆう子、都はるみ、片平なぎさ、高田みづえ、西村知美、山瀬まみ、和田アキ子、藤あや子、島田紳助、岡村隆史(ナインティナイン)、堂本剛、堂本光一、嶋大輔、デーブ大久保、池谷幸雄、香田晋、出川哲朗、岡本夏生、TOKIO、細川ふみえ、C.C.ガールズ(初代)、篠原ともえ、とんねるず、ウッチャンナンチャン、内山信二、中居正広、木村拓哉、香西かおり、上島竜兵、ダチョウ倶楽部、ジミー大西、田代まさし、酒井法子、荻野目洋子、オール阪神、松村邦洋、松本伊代、井上晴美、岩井由紀子、野々村真、有賀さつき(当時フジテレビアナウンサー)、菊間千乃(当時フジテレビアナウンサー)ほかスターどっきり(秘)報告 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井泉水

    坂井泉水から見た岡本夏生岡本 夏生

    日清カップヌードルレーシングチーム(2輪)のレースクイーン。岡本夏生は同期。坂井泉水 フレッシュアイペディアより)

  • カルトQ

    カルトQから見た岡本夏生岡本 夏生

    1992年7月19日 午前4:30 - 5:30まで『FNSの日1億2000万人の平成教育テレビ』内で『たけし・逸見の平成教育委員会』をテーマにした回を放送。解答者に逸見政孝と岡本夏生のチームも特別参加。なお、レギュラー放送は一部地域で放送されていなかったが、この回のみFNS26局(当時)全てで放送した。一方でレギュラー回は放送していた青森テレビではこの回のみ放送されなかった。ちなみに、通常は予選の模様は放送しないが、この時のみ8日前の7月11日(土曜日)にフジテレビ本社で実施された予選の模様の一部とその時出された問題の一部も放送された。なお、『平成教育テレビ』での当コーナーは、「朝錬」の位置づけであった。カルトQ フレッシュアイペディアより)

  • BURST THE GRAVITY

    BURST THE GRAVITYから見た岡本夏生岡本 夏生

    表題曲「Burst The Gravity」は、テレビアニメ『アクセル・ワールド』のオープニングテーマに起用されており、作曲・編曲は八木沼悟志が、ラップはmotsuが担当している。またPVでは岡本夏生が出演している。BURST THE GRAVITY フレッシュアイペディアより)

  • グラビアアイドル

    グラビアアイドルから見た岡本夏生岡本 夏生

    前述の通り、ほしのあきらの活躍がグラビアアイドルとしての平均寿命を飛躍的に上げることになり、今の時代では本人の意欲とプロポーション維持を怠らなければグラビアでも活躍できる、という認識が広く生まれ、この後多くの高年齢グラビアアイドルが活躍の場を広げていくことになる。近年では、1967年生まれの桜井美春が41歳にしてグラビアアイドルとしてデビュー、「ほしのあきを超えた、最年長グラドル」として話題となった。また、2010年には1965年生まれで、1990年代にレースクイーンなどで活躍した岡本夏生が44歳にしてグラビアアイドルとしての活動を再開したことも話題になった。グラビアアイドル フレッシュアイペディアより)

  • アボカドール

    アボカドールから見た岡本夏生岡本 夏生

    漫才では、まりこの思いつき発言にユリーカが振り回されるスタイルで展開。ユリーカは漫才中に松田聖子の顔真似や岡本夏生の物真似を取り入れることもある。アボカドール フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!平成教育学院

    熱血!平成教育学院から見た岡本夏生岡本 夏生

    これに関連して番組コンセプトや曲がりなりにも「教育」を名乗っている以上、「あまり、無知なタレントは出さないで欲しい」との意見がある。特に、2007年2月18日のOAで、里田まいが国会議事堂を東大と答えた(他の11人は正解)際には、2月24日・25日の読売新聞と東京新聞において、「一部女性タレントの常識の無さに腹が立った」「この女性タレントは『クイズ!ヘキサゴンII』でも酷い解答をしている(いわゆるバカ解答をする)。ウケ狙いの番組ではないため、マジメな(生徒の)人選をしてほしい」という視聴者からの投書が掲載されたが、これらは『平成教育委員会』から続く番組シリーズの特徴がよく表れた苦情と言える。これを機に、番組側は逆に有名大学在籍・出身者などのいわゆるインテリ芸能人を生徒として招く方向に転換している(ただし、決して珍答をする生徒を排除している訳ではなく、平山あややさとう里香といった珍答キャラをレギュラー・準レギュラーとして起用している。これも、渡嘉敷勝男や岡本夏生らを珍答キャラとして見出した『平成教育委員会』からの名残である)。熱血!平成教育学院 フレッシュアイペディアより)

  • 沢渡朔

    沢渡朔から見た岡本夏生岡本 夏生

    Nudie 岡本夏生 バウハウス, 2002.8沢渡朔 フレッシュアイペディアより)

  • 魚住勉

    魚住勉から見た岡本夏生岡本 夏生

    桂三枝(現・六代目桂文枝)・岡本夏生魚住勉 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「岡本夏生」のニューストピックワード