91件中 51 - 60件表示
  • 日本のモータースポーツ

    日本のモータースポーツから見た岡本夏生岡本夏生

    また鈴鹿8耐などを中心に、それまではあくまでレースの表彰台等に華を添える存在でしかなかったレースクイーンが数多く登場。芸能界への登竜門として注目を集めるようになり、実際岡本夏生などレースクイーンから芸能界への転身を果たす人間が複数現れるに連れてさらに人気が上昇するようになった。日本のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 井手らっきょ

    井手らっきょから見た岡本夏生岡本夏生

    『スーパージョッキー』(日本テレビ系)において、「熱湯コマーシャル」での全裸芸以外にも、同番組内の歌のゲストでセクシー系の女性アイドル(岡本夏生、杉本彩、飯島愛など)が出演すると、興奮がピークに達し、ブリーフ姿一丁か特注の衣装になり、後ろで勝手にダンサーを務めることが名物となっていた。井手らっきょ フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た岡本夏生岡本夏生

    好きだから/愛は季節の中で(1992年7月)※共演岡本夏生‐テレビ朝日系列「新婚さんいらっしゃい!」より桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題

    爆笑問題から見た岡本夏生岡本夏生

    また、同期である岡本夏生とも親交がある。バブルが過ぎ、仕事のない状態の岡本を最初に取り上げたのは、爆笑問題が司会を務める『サンデージャポン』(TBS系)である。爆笑問題 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田豪

    吉田豪から見た岡本夏生岡本夏生

    一方で、樹木希林にインタビューした際には、編集者が持参した単行本の帯に「本人よりもその人に詳しい芸能史上最強のインタビュアー」と書かれていたおかげで、インタビュー開始から1時間たっても「私の知らない話がまだ出てこない」と嫌味を言われたこともある。また、「CONTINUE」での岡本夏生インタビューでは岡本による再三の原稿チェックの末、吉田が書いた部分が全くなくなるほどに改変された。ただし、インタビュー相手にひどい目に遭わされても、そのこと自体をネタとして昇華してしまうため、そのインタビュー相手を嫌いになることはほとんどない。吉田豪 フレッシュアイペディアより)

  • 糸曽賢志

    糸曽賢志から見た岡本夏生岡本夏生

    CASCADE/「優しいサギ師の寝言のように/出演?岡本夏生」(監督、2012年)糸曽賢志 フレッシュアイペディアより)

  • グラビアアイドル

    グラビアアイドルから見た岡本夏生岡本夏生

    前述の通り、ほしのあきや磯山さやかの活躍がグラビアアイドルとしての平均寿命を飛躍的に上げることになり、本人の意欲とプロポーション維持を怠らなければグラビアでも活躍できる、という認識が広く生まれ、この後多くの高年齢グラビアアイドルが活躍の場を広げていくことになる。1967年生まれの桜井美春が41歳にしてグラビアアイドルとしてデビュー、「ほしのあきを超えた、最年長グラドル」として話題となった。また、2010年には1965年生まれで、1990年代にレースクイーンなどで活躍した岡本夏生が44歳にしてグラビアアイドルとしての活動を再開したことも話題になった。グラビアアイドル フレッシュアイペディアより)

  • 芹澤廣明

    芹澤廣明から見た岡本夏生岡本夏生

    ヒガンバナ(うつみ宮土理・岡本夏生・黛ジュン・瀬川瑛子)芹澤廣明 フレッシュアイペディアより)

  • レースクイーン

    レースクイーンから見た岡本夏生岡本夏生

    1980年代後半のバブル経済絶頂期に入ると、チームやスポンサー企業のロゴが入った極めて布地面積が少ないハイレグ・レオタードを身に纏った女性たちがサーキットに多数出現し、人気を博した。それ以降、このようなスタイルがレースクイーンの主流として定着した。特にオートバイのレーシングチームでキャンペーンガールを務めた飯島直子と岡本夏生の大ブレイクで、レースクイーンはサーキットを飛び出して様々な舞台へと進出するようになっていった。当時は日本以外の国では余り存在しておらず、レースクイーンは日本が発祥の地であると言われている。レースクイーン フレッシュアイペディアより)

  • クイズ仕事人

    クイズ仕事人から見た岡本夏生岡本夏生

    最終回収録で最終問題の前に岡本夏生と組んだ布川敏和が途中海外ロケに行くために退席したが、最終問題で正解し、2万点突破でラスベガス旅行を獲得した。クイズ仕事人 フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「岡本夏生」のニューストピックワード