91件中 61 - 70件表示
  • ビートたけしの絶対見ちゃいけないTV

    ビートたけしの絶対見ちゃいけないTVから見た岡本夏生岡本夏生

    今回は小向が欠席(前述の件により事実上降板)したため、代わりに岡本夏生がAV女優とともにジュリアナダンスを踊った。ビートたけしの絶対見ちゃいけないTV フレッシュアイペディアより)

  • 夜逃げ屋本舗

    夜逃げ屋本舗から見た岡本夏生岡本夏生

    鍋島英子 - 岡本夏生 - 自己破産の手続きのため源氏と会うが、直後に善吉と出会い働いて返すか土壇場になって迷う。貴金属が大好きで色々とアクセサリーを付けている。夜逃げ屋本舗 フレッシュアイペディアより)

  • ミツカン

    ミツカンから見た岡本夏生岡本夏生

    岡本夏生(西田と共演「今夜は鍋でみっちゃん・かんちゃん」)ミツカン フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ振興くじ

    スポーツ振興くじから見た岡本夏生岡本夏生

    2012年は6億円BIGマン(高田純次)が登場、6月からはBIGウーマン(岡本夏生)も登場。totoのCMは引き続き前園、中西、名良橋が出演し、本年は試合中の会話でtotoをアピール。助成金の使用用途のCMには香川真司が出演。スポーツ振興くじ フレッシュアイペディアより)

  • クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!

    クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!から見た岡本夏生岡本夏生

    上記の通り、放送禁止用語に聞こえる内容が多いため、山城がVTR序盤で聞こえた通り、もしくはそれ以上の下ネタを答えるのがお約束であった(銃声のような音で処理して放送された)。『スーパークイズスペシャル』では、そんな山城につられるかのようにそのまんま東、ビートたけし、笑福亭鶴瓶、岡本夏生、松村邦洋、高田文夫がそれぞれ放送禁止用語を答えていた。下ネタ解答、わざとボケる解答など、あまりにも誤答が多発するため、1993年の春以降の番組対抗では不正解時にはタテ連帯責任(1994年秋のみ「ヨコ連帯責任」)で複数のチームが1回休みになったこともある。クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! フレッシュアイペディアより)

  • チューボーですよ!

    チューボーですよ!から見た岡本夏生岡本夏生

    放送開始当初からコック帽をかぶってベロをだしていた「チュー坊」というイメージキャラクターがいて、調理の際はこのキャラクターの付いた白いエプロンを着用。加えて堺のそれには三ツ星、アシスタントのそれには若葉マーク(6代目のすみれ以降はチュー坊のコック帽自体が若葉マーク柄)が付いていた。なお中村玉緒など当日和服のゲストにはキャラクターの付いた割烹着、2011年8月6日放送のゲスト岡本夏生、2012年2月11日放送のゲスト菜々緒、2013年2月24日放送のゲスト壇蜜、2016年2月13日のゲスト橋本マナミは、カフェエプロン(ショートエプロン)を着用した。チューボーですよ! フレッシュアイペディアより)

  • さんま・一機のその地方でしか見られない面白そうな番組を全国のみんなで楽しく見ちゃおうとする番組

    さんま・一機のその地方でしか見られない面白そうな番組を全国のみんなで楽しく見ちゃおうとする番組から見た岡本夏生岡本夏生

    情報交差点DO!(テレビ静岡) - 岡本夏生のテレビデビュー番組であるが、この番組内ではそこではなく「名所で唄おう」コーナーが紹介され、大井川上流部の吊り橋で民謡を歌う様子が取り上げられていた。さんま・一機のその地方でしか見られない面白そうな番組を全国のみんなで楽しく見ちゃおうとする番組 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本夏美

    岡本夏美から見た岡本夏生岡本夏生

    2016年3月6日放送の『ワイドナショー』において、セクシータレントの岡本夏生と名前を間違えられ、妊娠説がWikipediaの自分の記事に書かれてしまい、本人もとても嫌な思いをしていると語った。岡本夏美 フレッシュアイペディアより)

  • カンコンキンシアター

    カンコンキンシアターから見た岡本夏生岡本夏生

    岡本夏生の妹コンテスト準グランプリ 今井カンコンキンシアター フレッシュアイペディアより)

  • ものまね王座決定戦

    ものまね王座決定戦から見た岡本夏生岡本夏生

    一方で当時番組のメイン司会者の榊原郁恵や1980年代後半・1990年代初頭から長年出演中の松居直美と清水アキラ、栗田貫一、ダチョウ倶楽部、岡本夏生、松村邦洋、中島マリ、ジェニーいとうなど、当番組に残留した出演者も多かったが、上記の事件が大きく響き、ものまねブームは沈静化する。四天王の一員だったビジーフォーが降板し、視聴率も『ものまねバトル』に奪われるなどした。1999年以降は1回減らした年2回の編成となる。番組の司会の顔であった榊原も2000年4月7日放送の『第25回爆笑!スター』で降板、同時に司会者全員の赤いブレザーや、1980年10月28日放送回から続いてきた最高100点得点式採点方式もこの回で終了した。ものまね王座決定戦 フレッシュアイペディアより)

91件中 61 - 70件表示

「岡本夏生」のニューストピックワード