101件中 21 - 30件表示
  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たダイワボウホールディングス

    ソフトボールの強豪・愛媛県今治明徳高校に特待生として進学。同高校卒業後、ソフトボール部を創部した大和紡績福井工場(1995年9月閉鎖)に就職。サウスポーの剛球エース兼4番として1971年、和歌山国体で優勝。国体優勝の褒美で、祝勝ハワイ旅行で初めて子供の頃から憧れたアメリカの土を踏む。ここでゴルフ場を見学したのがきっかけでゴルフと出合う。ゴルフを始めた動機は「アメリカに行けるかも知れない」というものだった。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た文藝春秋

    「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史 第三巻、文藝春秋、1988年8月岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た服部真夕

    2008年郷里・安芸津町に近い東広島駅近くに居を構え、広島と東京の半々くらいの生活を始めた。家庭菜園や近所に住む長兄夫婦の畑などで好きな土いじりをしながら、愛犬と暮らしている。今後は広島に生活の基盤を置く予定と話していたが、服部真夕をプロデビュー後から指導して以降、定期的に女子プロゴルファーへの指導を行う。門下生に服部真夕、表純子、青山加織、森田理香子、若林舞衣子らと増えてきて、門下生が口にする「師匠・綾子の教え」が誌面やスポーツニュースに登場する機会も増え、岡本の指導者としての実力も注目を集めるようになった。2012年には指導者としての功績によりLPGAから特別賞を受けた。また「全米女子オープン」、スカイ・エー「全部見せます!ゴルフシリーズ」(女子ツアー)などのテレビ解説者としても出演している。このため2013年現在も「半農・半ゴルフ生活」中である。2013年5月1日より1ヶ月間、日本経済新聞の「私の履歴書」に連載。同郷の倉本昌弘日本プロゴルフ協会(PGA)会長に懇願され2014年7月、PGA初の女性理事に就任した。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た日本女子プロゴルフ協会

    日本女子ゴルフツアーで44勝、アメリカLPGAツアーで17勝。日本ツアーの永久シード権を獲得しているほか、1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た木村政彦

    2006年、カナダのCBCスポーツ(CBC Sports)が「日本の偉大なスポーツ選手10人(Top 10: Japanese Athletes)」として、王貞治、アントニオ猪木、木村政彦、イチロー、田村亮子、大鵬、高橋尚子、荒川静香、釜本邦茂と共に岡本綾子を選び、"Golf Great"と讃えた。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た双葉山定次

    女子ゴルフのみならず、戦後の女子スポーツ界に多大な足跡を残した人物。また、ジャンルは違えど、野茂英雄をはじめイチローや松井秀喜に代表される現在の日本人スポーツ選手のアメリカにおける成功の先駆けになったアスリートである。文藝春秋編集部は、1988年に刊行した『「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史』全三巻のあとがきに於いて "昭和のスーパー・スポーツマン十人" に織田幹雄、人見絹枝、双葉山、川上哲治、古橋廣之進、白井義男、力道山、長嶋茂雄、植村直己と共に岡本綾子を選んでいる。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たジョアン・カーナー

    1981年、日本の女子選手では初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦し。1982年から1992年の間、計17大会で優勝した。1985年には腰痛で引退の危機に直面したが、1986年に復帰2戦目で優勝。1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった。同年、年間最優秀選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)も獲得。メジャー大会での優勝はならなかったが、単独2位を4度、2位タイを2度経験している。中にはプレーオフで敗れた大会もあり、ローラ・デービースやパット・ブラッドリーなどに道を阻まれた。特に1987年の女子メジャー最高峰・「全米女子オープン」で、再三に渡る豪雨順延で6日間に及んだローラ・デービース、ジョアン・カーナーらとの名勝負は有名。日米英3か国のトッププレイヤーが大激戦を演じたこの1987年大会は、全米女子オープンが真の世界一決定戦となった象徴的な出来事としてUSGAの公式HPに紹介され、岡本の名前が刻みこまれている。プレーオフが行われた同年の7月28日は、全米のゴルフ史にも大きな意味を持ち続けている。全米女子プロでは1984年から8年連続1ケタ順位(1989年と1991年は2位)、デュモーリエは2位3度(1984年、1986年、1987年)。1983年から1991年までの間に、LPGAツアーの賞金獲得順位トップ10に8回入った。ヨーロッパ女子ツアーでも1984年、メジャー昇格前の「全英女子オープン」で2位に11打差のぶっちぎり優勝、1990年にも「ドイツ女子オープン」でも優勝した。1987年、日本人選手として史上唯一の日米女子ツアー2戦連続優勝。1980年代の岡本の活躍は、当時のマスメディア、スポーツ新聞も大きく報道し、夜中や明け方にテレビで衛星中継もされた。特に当時「世界一速いゴルフ速報」にシフトした東京スポーツは、"世界のアヤコ"を断トツで一面に登場させた。東京スポーツは、「世界のアヤコ」活躍の歴史=「東スポゴルフ面の歴史」と言っても過言でないと論じている。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たパット・ブラッドリー

    1981年、日本の女子選手では初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦し。1982年から1992年の間、計17大会で優勝した。1985年には腰痛で引退の危機に直面したが、1986年に復帰2戦目で優勝。1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった。同年、年間最優秀選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)も獲得。メジャー大会での優勝はならなかったが、単独2位を4度、2位タイを2度経験している。中にはプレーオフで敗れた大会もあり、ローラ・デービースやパット・ブラッドリーなどに道を阻まれた。特に1987年の女子メジャー最高峰・「全米女子オープン」で、再三に渡る豪雨順延で6日間に及んだローラ・デービース、ジョアン・カーナーらとの名勝負は有名。日米英3か国のトッププレイヤーが大激戦を演じたこの1987年大会は、全米女子オープンが真の世界一決定戦となった象徴的な出来事としてUSGAの公式HPに紹介され、岡本の名前が刻みこまれている。プレーオフが行われた同年の7月28日は、全米のゴルフ史にも大きな意味を持ち続けている。全米女子プロでは1984年から8年連続1ケタ順位(1989年と1991年は2位)、デュモーリエは2位3度(1984年、1986年、1987年)。1983年から1991年までの間に、LPGAツアーの賞金獲得順位トップ10に8回入った。ヨーロッパ女子ツアーでも1984年、メジャー昇格前の「全英女子オープン」で2位に11打差のぶっちぎり優勝、1990年にも「ドイツ女子オープン」でも優勝した。1987年、日本人選手として史上唯一の日米女子ツアー2戦連続優勝。1980年代の岡本の活躍は、当時のマスメディア、スポーツ新聞も大きく報道し、夜中や明け方にテレビで衛星中継もされた。特に当時「世界一速いゴルフ速報」にシフトした東京スポーツは、"世界のアヤコ"を断トツで一面に登場させた。東京スポーツは、「世界のアヤコ」活躍の歴史=「東スポゴルフ面の歴史」と言っても過言でないと論じている。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たローラ・デービース

    1981年、日本の女子選手では初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦し。1982年から1992年の間、計17大会で優勝した。1985年には腰痛で引退の危機に直面したが、1986年に復帰2戦目で優勝。1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった。同年、年間最優秀選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)も獲得。メジャー大会での優勝はならなかったが、単独2位を4度、2位タイを2度経験している。中にはプレーオフで敗れた大会もあり、ローラ・デービースやパット・ブラッドリーなどに道を阻まれた。特に1987年の女子メジャー最高峰・「全米女子オープン」で、再三に渡る豪雨順延で6日間に及んだローラ・デービース、ジョアン・カーナーらとの名勝負は有名。日米英3か国のトッププレイヤーが大激戦を演じたこの1987年大会は、全米女子オープンが真の世界一決定戦となった象徴的な出来事としてUSGAの公式HPに紹介され、岡本の名前が刻みこまれている。プレーオフが行われた同年の7月28日は、全米のゴルフ史にも大きな意味を持ち続けている。全米女子プロでは1984年から8年連続1ケタ順位(1989年と1991年は2位)、デュモーリエは2位3度(1984年、1986年、1987年)。1983年から1991年までの間に、LPGAツアーの賞金獲得順位トップ10に8回入った。ヨーロッパ女子ツアーでも1984年、メジャー昇格前の「全英女子オープン」で2位に11打差のぶっちぎり優勝、1990年にも「ドイツ女子オープン」でも優勝した。1987年、日本人選手として史上唯一の日米女子ツアー2戦連続優勝。1980年代の岡本の活躍は、当時のマスメディア、スポーツ新聞も大きく報道し、夜中や明け方にテレビで衛星中継もされた。特に当時「世界一速いゴルフ速報」にシフトした東京スポーツは、"世界のアヤコ"を断トツで一面に登場させた。東京スポーツは、「世界のアヤコ」活躍の歴史=「東スポゴルフ面の歴史」と言っても過言でないと論じている。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た力道山

    女子ゴルフのみならず、戦後の女子スポーツ界に多大な足跡を残した人物。また、ジャンルは違えど、野茂英雄をはじめイチローや松井秀喜に代表される現在の日本人スポーツ選手のアメリカにおける成功の先駆けになったアスリートである。文藝春秋編集部は、1988年に刊行した『「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史』全三巻のあとがきに於いて "昭和のスーパー・スポーツマン十人" に織田幹雄、人見絹枝、双葉山、川上哲治、古橋廣之進、白井義男、力道山、長嶋茂雄、植村直己と共に岡本綾子を選んでいる。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「岡本綾子」のニューストピックワード