101件中 81 - 90件表示
  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た東広島駅

    2008年郷里・安芸津町に近い東広島駅近くに居を構え、広島と東京の半々くらいの生活を始めた。家庭菜園や近所に住む長兄夫婦の畑などで好きな土いじりをしながら、愛犬と暮らしている。今後は広島に生活の基盤を置く予定と話していたが、服部真夕をプロデビュー後から指導して以降、定期的に女子プロゴルファーへの指導を行う。門下生に服部真夕、表純子、青山加織、森田理香子、若林舞衣子らと増えてきて、門下生が口にする「師匠・綾子の教え」が誌面やスポーツニュースに登場する機会も増え、岡本の指導者としての実力も注目を集めるようになった。2012年には指導者としての功績によりLPGAから特別賞を受けた。また「全米女子オープン」、スカイ・エー「全部見せます!ゴルフシリーズ」(女子ツアー)などのテレビ解説者としても出演している。このため2013年現在も「半農・半ゴルフ生活」中である。2013年5月1日より1ヶ月間、日本経済新聞の「私の履歴書」に連載。同郷の倉本昌弘日本プロゴルフ協会(PGA)会長に懇願され2014年7月、PGA初の女性理事に就任した。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たカナディアン女子オープン

    1981年、日本の女子選手では初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦し。1982年から1992年の間、計17大会で優勝した。1985年には腰痛で引退の危機に直面したが、1986年に復帰2戦目で優勝。1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった。同年、年間最優秀選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)も獲得。メジャー大会での優勝はならなかったが、単独2位を4度、2位タイを2度経験している。中にはプレーオフで敗れた大会もあり、ローラ・デービースやパット・ブラッドリーなどに道を阻まれた。特に1987年の女子メジャー最高峰・「全米女子オープン」で、再三に渡る豪雨順延で6日間に及んだローラ・デービース、ジョアン・カーナーらとの名勝負は有名。日米英3か国のトッププレイヤーが大激戦を演じたこの1987年大会は、全米女子オープンが真の世界一決定戦となった象徴的な出来事としてUSGAの公式HPに紹介され、岡本の名前が刻みこまれている。プレーオフが行われた同年の7月28日は、全米のゴルフ史にも大きな意味を持ち続けている。全米女子プロでは1984年から8年連続1ケタ順位(1989年と1991年は2位)、デュモーリエは2位3度(1984年、1986年、1987年)。1983年から1991年までの間に、LPGAツアーの賞金獲得順位トップ10に8回入った。ヨーロッパ女子ツアーでも1984年、メジャー昇格前の「全英女子オープン」で2位に11打差のぶっちぎり優勝、1990年にも「ドイツ女子オープン」でも優勝した。1987年、日本人選手として史上唯一の日米女子ツアー2戦連続優勝。1980年代の岡本の活躍は、当時のマスメディア、スポーツ新聞も大きく報道し、夜中や明け方にテレビで衛星中継もされた。特に当時「世界一速いゴルフ速報」にシフトした東京スポーツは、"世界のアヤコ"を断トツで一面に登場させた。東京スポーツは、「世界のアヤコ」活躍の歴史=「東スポゴルフ面の歴史」と言っても過言でないと論じている。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たジャガイモ

    瀬戸内海を望む安芸津町木谷の生まれ。木谷は赤土土壌で地元では赤崎と呼ばれる美しい丘陵地。この地で収穫されるジャガイモは料亭などに流通する高級品で知られ、岡本の実家もジャガイモやタバコなどを作る農家のため、家の手伝いをすることで強靭な足腰が鍛えられた。お転婆な子供で男の子と野球で遊ぶことが多く、中学で野球部を希望したが女子は入れてもらえず、ソフトボール部へ入部した。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たヤード

    プロデビュー一年目の1975年、美津濃トーナメントで初優勝。杉原輝雄が「オレより30ヤードは飛ぶね。いやになる」と言う程で、ソフトボールで鍛えた強いリストと強靭な腰のバネで、男子プロ並みの飛距離、豪打で鳴らした。当時はヘッドがパーシモンでできたドライバー、ボールは今のようなソリッドボールではなく糸巻きで、飛距離も今のように出ず、当時の女子プロの平均飛距離は210〜220ヤードぐらいであったが、岡本は240〜250ヤードは飛ばした。岡本の出現は日本女子プロゴルフ界に"パワー時代"を幕開けさせた。プロ4年目の1978年、アメリカLPGAツアーテストを受けるが失敗。1979年、日本女子プロゴルフ選手権で初優勝し、"岡本時代"の到来を告げた。難度の高いコースで行なわれるメジャー競技はパープレーが基本といわれるが、岡本と同学年のライバル・大迫たつ子と互いにバーディを奪い、奪い返すという異次元のゴルフを展開。岡本の記録した優勝スコア通算17アンダーは、当時の54ホール世界女子プロ最小スコア記録だった。樋口久子が「女子でもこんなすごいスコアが出るの?」と驚嘆し、二瓶綾子が「女性でも、こんな爆発力があるのですね。私達の時代とは明らかに異なるゴルフ。これは大きな歴史の曲がり角かもしれません」と話し、森口祐子が「同じコースでプレーする競技者でありながら、ギャラリーとして引き込まれてしまったのは、後にも先にもこの試合だけです」などと語るこの激闘は、ゴルフ史に残る"伝説の死闘十番勝負"の一つに数えられ、"日本女子プロゴルフ界世紀の一戦"と語り継がれている。1981年、樋口を抜いて初の賞金女王。史上初の賞金3000万円突破(3233万円)、年間8勝最多タイ(全29試合)、年間平均ストローク72.55(新記録)。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たベストゴルフ (NHK)

    ベストゴルフ(1989年4月 - 9月、NHK教育テレビ) - 講師岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たマスメディア

    1981年、日本の女子選手では初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦し。1982年から1992年の間、計17大会で優勝した。1985年には腰痛で引退の危機に直面したが、1986年に復帰2戦目で優勝。1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった。同年、年間最優秀選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)も獲得。メジャー大会での優勝はならなかったが、単独2位を4度、2位タイを2度経験している。中にはプレーオフで敗れた大会もあり、ローラ・デービースやパット・ブラッドリーなどに道を阻まれた。特に1987年の女子メジャー最高峰・「全米女子オープン」で、再三に渡る豪雨順延で6日間に及んだローラ・デービース、ジョアン・カーナーらとの名勝負は有名。日米英3か国のトッププレイヤーが大激戦を演じたこの1987年大会は、全米女子オープンが真の世界一決定戦となった象徴的な出来事としてUSGAの公式HPに紹介され、岡本の名前が刻みこまれている。プレーオフが行われた同年の7月28日は、全米のゴルフ史にも大きな意味を持ち続けている。全米女子プロでは1984年から8年連続1ケタ順位(1989年と1991年は2位)、デュモーリエは2位3度(1984年、1986年、1987年)。1983年から1991年までの間に、LPGAツアーの賞金獲得順位トップ10に8回入った。ヨーロッパ女子ツアーでも1984年、メジャー昇格前の「全英女子オープン」で2位に11打差のぶっちぎり優勝、1990年にも「ドイツ女子オープン」でも優勝した。1987年、日本人選手として史上唯一の日米女子ツアー2戦連続優勝。1980年代の岡本の活躍は、当時のマスメディア、スポーツ新聞も大きく報道し、夜中や明け方にテレビで衛星中継もされた。特に当時「世界一速いゴルフ速報」にシフトした東京スポーツは、"世界のアヤコ"を断トツで一面に登場させた。東京スポーツは、「世界のアヤコ」活躍の歴史=「東スポゴルフ面の歴史」と言っても過言でないと論じている。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た今治明徳高等学校

    ソフトボールの強豪・愛媛県今治明徳高校に特待生として進学。同高校卒業後、ソフトボール部を創部した大和紡績福井工場(1995年9月閉鎖)に就職。サウスポーの剛球エース兼4番として1971年、和歌山国体で優勝。国体優勝の褒美で、祝勝ハワイ旅行で初めて子供の頃から憧れたアメリカの土を踏む。ここでゴルフ場を見学したのがきっかけでゴルフと出合う。ゴルフを始めた動機は「アメリカに行けるかも知れない」というものだった。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た広島弁

    1972年に大和紡を退職後、1973年1月に池田CCに入社し、1974年10月に2度目の受験でプロテスト合格。この時「将来の夢は、アメリカに行ってプレーすることです」と答えたが、当時の状況では当然の如く、「やっとプロになったばかりで日本で1勝もしてないのに生意気」と先輩たちの反撥を買う。大和紡時代から、その時のための準備に毎月3万円の給料の中から、爪に火を灯すように貯金をしていた。アメリカで成功するまで実家にもほとんど帰らなかったといわれる。国内のトーナメント試合に欠場して、マスコミの批判を浴びたこともある。広島弁のコンプレックスがあり、はっきりと物を喋らないことから優柔不断と見なされ、同僚から"フニャ"とあだ名を付けられた。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たハワイ州

    ソフトボールの強豪・愛媛県今治明徳高校に特待生として進学。同高校卒業後、ソフトボール部を創部した大和紡績福井工場(1995年9月閉鎖)に就職。サウスポーの剛球エース兼4番として1971年、和歌山国体で優勝。国体優勝の褒美で、祝勝ハワイ旅行で初めて子供の頃から憧れたアメリカの土を踏む。ここでゴルフ場を見学したのがきっかけでゴルフと出合う。ゴルフを始めた動機は「アメリカに行けるかも知れない」というものだった。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見た永久シード (プロゴルフ)

    日本女子ゴルフツアーで44勝、アメリカLPGAツアーで17勝。日本ツアーの永久シード権を獲得しているほか、1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示

「岡本綾子」のニューストピックワード