前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 高嶋仁

    高嶋仁から見た岡田俊哉岡田俊哉

    長らく保健体育科教諭で生徒指導委員も務めていた。教諭を定年となった2007年春から、学校法人智辯学園の理事に就任。翌年の9月10日、同月にあったとされる部員2人(うち1人は岡田俊哉)に対する暴力事件により、3ヶ月の謹慎処分を受け退任した。そして9月10日付けで、それまでコーチを務めていた鈴木幸雄が監督に就任したが、その後謹慎を終えた高嶋は、同年12月9日に再び監督に復帰し、鈴木はコーチの座に戻った。この謹慎期間中に四国八十八箇所を巡拝していたことがスポーツ新聞にて報じられた(白夜書房「野球小僧」によると、四国八十八箇所巡拝を知った上甲正典、馬淵史郎といった四国の名監督から励ましを受けたと言われる)。高嶋仁 フレッシュアイペディアより)

  • 日米親善高校野球大会

    日米親善高校野球大会から見た岡田俊哉岡田俊哉

    岡田俊哉(智弁和歌山)日米親善高校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久比町立阿久比スポーツ村野球場

    阿久比町立阿久比スポーツ村野球場から見た岡田俊哉岡田俊哉

    しかし名鉄が慢性的な業績不振となったのに伴い、事業縮小策の一環として1999年5月を以って阿久比グラウンドをはじめとするスポーツ村の施設群を閉鎖。スポーツ村はその後佐川急便に譲渡され、野球場は佐川急便阿久比グラウンド(さがわきゅうびん - )と改称。名古屋市近郊の社員向けの福利施設として使用されていたが、最終的には町が引き受けることとなり、2003年4月1日付で町に移管した。現在は高校野球などアマチュア野球公式戦も行われている。2008年秋にはドラゴンズ投手陣が秋季キャンプをここで行なっている。2012年秋には(強化指定)に選ばれた若手投手陣10名(伊藤準規・辻孟彦・矢地健人・高橋聡文・岩田慎司・小熊凌祐・岡田俊哉・大野雄大・田島慎二・武藤祐太)が秋季キャンプをここで行った。2013年・2014年も同様に若手投手陣による秋季キャンプが行われたが、2015年からは岐阜市の長良川球場に移転している。阿久比町立阿久比スポーツ村野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のスポーツ

    1991年のスポーツから見た岡田俊哉岡田俊哉

    12月5日 - 岡田俊哉(和歌山県、野球)1991年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木幸雄

    鈴木幸雄から見た岡田俊哉岡田俊哉

    和歌山工業卒業後、1951年に阪急ブレーブスへ入団。1年目から一軍に出場し、南海キラーとして活躍。1957年に引退。その後はサンテレビ解説者(1974年)を経て、2002年から2012年まで智弁学園和歌山高校で投手コーチを務めた。在任中は岡田俊哉らを育て上げた。2008年秋から半年間は高嶋仁に代わり同校の監督として、大分国体、秋季県2次予選、秋季近畿大会で指揮を執った。アンダースローからカーブ、シュートを武器とした。鈴木幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合

    侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合から見た岡田俊哉岡田俊哉

    10月24日 - 日本代表が菅野智之の出場登録を抹消(チームには帯同予定)し、代替選手として岡田俊哉を追加招集することを発表。また、日本代表全選手の背番号を発表した。侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2014

    プロ野球スピリッツ2014から見た岡田俊哉岡田俊哉

    楽天・則本昂大、ヤクルト・トニー・バーネット、中日・岡田俊哉など一部の投手で、固有モーションがゲーム内に存在するにもかかわらず反映されていない。プロ野球スピリッツ2014 フレッシュアイペディアより)

  • LUVandSOUL

    LUVandSOULから見た岡田俊哉岡田俊哉

    岡田俊哉 - 中日ドラゴンズの投手。「10年先の僕へ」のミュージックビデオに出演。LUVandSOUL フレッシュアイペディアより)

  • 第91回全国高等学校野球選手権大会

    第91回全国高等学校野球選手権大会から見た岡田俊哉岡田俊哉

    岡田俊哉(智弁和歌山高・投手) → 中日第91回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤祐太

    武藤祐太から見た岡田俊哉岡田俊哉

    は開幕を一軍で迎えた。相次ぐリリーフ陣の離脱、不振により岡田俊哉、田島慎二らと共にフル回転の働きでブルペンを支えた。しかし起用法が安定しなかったこともあり、6月に調子を落として、一度二軍に降格したが8月には復帰し、最終的に自己最多の58試合に登板した。全体的には、前年と比べると安定感に欠け、制球難で自滅する場面が多かった。また、甘く入った変化球を痛打されてホームランにされるという場面も目立った。武藤祐太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「岡田俊哉」のニューストピックワード