岡田彰布 ニュース&Wiki etc.

岡田 彰布(おかだ あきのぶ、1957年11月25日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)・監督・コーチ。現在は野球評論家。阪神タイガース第30代監督を務めた。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「岡田彰布」のつながり調べ

  • ライアン・ボーグルソン

    ライアン・ボーグルソンから見た岡田彰布

    は本人の希望で背番号を前年限りで退団したアンディ・シーツが着用していた「4」に変更。阪神で投手が「4」をつけるのは藪恵一、外国人投手としてはマット・キーオ以来だった。7月29日のヤクルト戦で石川雅規から本塁打を放ち、2年連続で相手エースから本塁打を放った。同年も先発として投げたが中盤に崩れて降板する場面が目立ち8月に二軍降格。ボーグルソンはふて腐れて大荒れし、岡田彰布監督が説得に出向いたものの、結局はシーズンを通して3勝4敗と結果を残せなかった。(ライアン・ボーグルソン フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の阪神タイガース

    1980年の阪神タイガースから見た岡田彰布

    前年のドラフト会議で6球団競合のくじ引きの末に入団した岡田彰布が、チームの話題の中心となった。大阪出身で東京六大学野球のスターだった岡田は入団時点で絶大な人気があり、ファンだけでなく球団も積極起用を望んでいた。しかし、ブレイザーは、岡田をじっくり育成させる方針を立て、岡田の早期一軍起用を渋った。ブレイザーは、この方針の下、勝てるチームを作るため、ヤクルトからヒルトンの獲得し、一塁ヒルトン・三塁掛布の布陣を組み、三塁が本職であった岡田を外野にコンバートさせたが、岡田の起用を望む者から見れば冷遇にも思える起用だったため、ファンや球団の怒りを買った。シーズンが始まると、ヒルトンが成績不振に悩み、それでもブレイザーがヒルトンの起用を優先したことから、ファンや球団の怒りが募り、シーズンが進むにつれて、ブレイザーやヒルトンに対する風当たりが強くなっていった。球団社長による岡田起用要求、ヒルトン解雇、監督に相談なしの新外国人の獲得が行われたことから、ブレイザーと球団の溝が決定的となり、ブレイザーは5月15日に辞任した。後任監督には、打撃コーチの中西太が就任した。中西監督の下で内野で先発出場するようになった岡田は、打率.290、18本塁打の成績を残し、新人王に選ばれる活躍をし、チームはシーズン序盤の内紛後、8月上旬まではAクラスをキープするが、死のロードからズルズルと順位を下げ、結局5位でシーズンを終えた。(1980年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

「岡田彰布」のニューストピックワード