前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示
  • 掛布雅之

    掛布雅之から見た岡田彰布岡田彰布

    高校時代は遊撃手であったが、当時の阪神では藤田平が不動のレギュラーだったことから、三塁手となる。掛布と同年のドラフト1位である佐野仙好も三塁手であったため、ポジション争いが生じた。に監督に就任した吉田義男は当初、相手が右投手の時には左打者の掛布、左投手の時には右打者の佐野と起用を分けたが、やがて掛布が正三塁手として定着する。佐野は外野手に移った。掛布は、ポジション争いでライバルだと感じたのはこの時の佐野だけだと語っている。に早稲田大学の大物三塁手だった岡田彰布が入団し、マスコミが「ポジション争いか?」と騒いだ時も、掛布はすでに中心選手としての余裕があり、佐野ほどのライバル意識は感じていなかったという。掛布雅之 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た岡田彰布岡田彰布

    この年は、楽天を退団したホセ・フェルナンデスを加えローズ・カブレラ・ラロッカの4人でビッグボーイズを結成するなどし、開幕前の野球解説者の予想でも上位にあげられていたが、これら4人の外国人選手全員が死球などで全員が骨折するなど、極度の不運に見舞われ、主力選手の多くが怪我で離脱した。先発投手陣も、前年大活躍をした小松が開幕から大不振に陥ったのをはじめ、近藤が5月から不調に陥り、復帰した平野も開幕直後に体調不良で戦線離脱、開幕から金子と共に好調を維持していた岸田護も故障で離脱した。さらに、抑えの加藤を擁するリリーフ陣も不安定な投球が目立ち、9月以降は先発要員の金子が抑えに起用された。チームは5月に9連敗、6月に7連敗と大型連敗を繰り返し、6月は4勝14敗と大きく負け越して低迷。6月10日から1軍投手コーチ(ベンチ)の赤堀元之をブルペン、1軍投手コーチ(ブルペン)の清川栄治をベンチに配置転換した。6月18日からは1軍投手チーフコーチの佐々木修を2軍投手コーチに降格、先日1軍投手コーチとなった清川栄治を1軍投手チーフコーチに昇格する人事を発表している。しかし、これでも好調の兆しは最後まで見られず、優勝した日本ハムに6勝18敗、2位楽天には4勝19敗1分と大きく負け越すなど苦戦を強いられ、9月にはシーズン3度目の6連敗を喫した。9月9日の対楽天戦で敗戦を喫して2年ぶりにシーズン負け越しが決定。9月27日の対ロッテ戦で引き分けになり、勝率差でロッテに及ばなくなったため、2年ぶりに最下位となった。その責任を受けて中村勝広と大石監督を解任、後任には岡田彰布が就任した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    、新人の岡田彰布の起用法を巡る対立などでブレイザーがシーズン途中で監督を辞任。後任には中西太が就任したが、5位に終わる。は優勝した巨人と8ゲーム差の3位。、安藤統男が監督に就任。優勝した中日と4.5ゲーム差、2位の巨人と3ゲーム差で2年連続の3位、とは2年続けての4位。1984年オフ、吉田義男が二度目の監督就任。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    結果的にオールスター最終開催となる阪急西宮球場で第1戦が行なわれ、地元阪急ブレーブスの星野伸之が全パの先発として責任投球回を無失点に抑え、主砲ブーマー・ウェルズが特大のホームランをかっ飛ばし老舗球団の派手な店じまいのような展開となった。第2戦はナゴヤ球場で実施され王監督に憧れて野球を志した高卒新人立浪和義が先発出場、当時は指名打者がオールスターゲームで導入されておらず門田博光が3番右翼手で先発。低迷続く阪神タイガースの岡田彰布の逆転ホームランで全セがタイに持ち込んだ。そして最終、第3戦は開場4ヶ月の東京ドームが初めて球宴の舞台となった。当時東京ドームを本拠地としていた日本ハムファイターズのエース西崎幸広が全パ先発投手として3回をパーフェクト(2回裏にはクリーンナップから三者連続三振、3回裏2死で代打立浪から5個目の三振)2年ぶりの延長戦となり引き分け寸前の12回裏、野手を使い切った全セは投手水野雄仁を代打に送ったところこれがサヨナラの犠牲フライとなり、全セが昭和最後のオールスターを締めくくった。現在の規定では延長はなく、指名打者制になっているため、このような事態は今後暫く起こりえないだろう。1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 井野修

    井野修から見た岡田彰布岡田彰布

    2006年(平成18年)4月21日東京ドームで行われた巨人対阪神戦で、試合中に渡真利克則審判員(球審)が突然倒れたため、急遽三塁塁審から球審を変わって務めた。また同試合で延長十一回に投手・久保田智之が李承燁に対してカウント2-1から投じた4球目をボールと判定したことについて試合後阪神・岡田彰布監督から審判室前で猛抗議を受けた。井野修 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球選手会

    日本プロ野球選手会から見た岡田彰布岡田彰布

    3代目会長:岡田彰布(平成4年7月26日就任)日本プロ野球選手会 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た岡田彰布岡田彰布

    阪神甲子園球場で行われた日本生命プロ野球セ・パ交流戦2007、阪神対オリックス第3回戦の8回裏、阪神・鳥谷敬選手の送りバントの打球をオリックス・日高剛捕手が鳥谷選手と接触して捕球できなかったが、これが守備妨害と判定されたことに阪神・岡田彰布監督が激高。約15分間にわたり抗議を行い、なおも谷博球審に小突く暴力行為を働いたため監督就任後初となる退場処分を受けた。セ・リーグは翌9日、岡田監督に厳重戒告と制裁金10万円の処分を科した。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • サンガリア

    サンガリアから見た岡田彰布岡田彰布

    1980年代には阪神タイガースの現役選手(岡田彰布・川藤幸三・池田親興ら)をテレビCMに起用し、素人丸出しでペーソス溢れる演技が評判を呼んだ。独特のお笑い・お色気感覚のCMは、ローカルCMを紹介する全国ネットのバラエティ番組に「関西代表」としてしばしば取り上げられ、同社の名前を広めることにも貢献した。サンガリア フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ドーム

    大阪ドームから見た岡田彰布岡田彰布

    また、バファローズの主催試合で空席が目立つことを逆手に取った営業策として、2010年から金曜日以外の平日には同球団が主催するナイトゲームでは外野側の上段内野席を閉鎖。そのスペースに、横断幕形の大型広告を掲示できるようにしている。3塁側のスペースについては、2010年4月13日から、通信販売会社のワンステップと3年間のスポンサー契約を締結。2012年のシーズン終了までは、上記の条件で、同社が運営する通販サイト「KILAT」の広告を掲示していた。ちなみに、この広告の全長は横100m・幅12mで、掲示時点では屋外を含めた日本国内の球場広告で最も大きかった。その一方で、1塁側のスペースにはスポンサーが付かなかったため、一時は岡田彰布監督(当時)と主力選手の大型写真を並べていた。大阪ドーム フレッシュアイペディアより)

  • デイリースポーツ

    デイリースポーツから見た岡田彰布岡田彰布

    2003年シーズンオフに星野がシニアディレクターになり、岡田彰布が阪神監督になってからもサンスポがデイリーより実質上位に来るという流れはあまり変わっていない。デイリースポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード