前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
242件中 1 - 10件表示
  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た岡田彰布岡田彰布

    新監督の岡田彰布にシーズン前から3番を任命され、開幕2戦目の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回裏1死で福盛和男から同点本塁打を放ったが、3・4月は月間打率.265だった。交流戦に入ると徐々に調子を上げて交流戦打率.369、対阪神タイガース戦は4試合で17打数10安打2本塁打7打点を記録するなどチームの交流戦初優勝に貢献した。8月には選手会長の日高剛とチーム最年長の田口壮が二軍調整の為、精神的支柱を欠く状況を打破する目的で球団初のキャプテン制導入に伴いゲーム・キャプテンに任命された。その後も3番打者として出場し続けて9月26日のロッテ戦では延長10回に薮田安彦からサヨナラ2ラン本塁打を放つなど、143試合に出場して打率.295、16本塁打、73打点、二塁手としてはのロベルト・バルボンの記録を更新して球団新記録となる174安打と自己最高の成績を残したが、併殺打はリーグ2位タイ(西武・中島裕之と同数)の20、3番打者に定着しクリーンナップを1年間務めながらリーグ3位(1位は川崎宗則、2位は西岡剛)の590打数を記録、四球の少なさが目立ってしまった。また、野手の中では北川博敏と共に2人だけシーズン通して一軍に登録され続けた。同年8月11日に国内FA権を取得し、11月12日に残留を基本線として権利を行使し、11月26日に「岡田監督に恩返ししたい」として残留を正式表明すると同時に「生涯オリックス」宣言をした。オフシーズンにはイチローと合同自主トレを行った。この際には5年の複数年契約が結ばれていたが、報道では3年契約とされていた。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 掛布雅之

    掛布雅之から見た岡田彰布岡田彰布

    高校時代は遊撃手であったが、当時の阪神では藤田平が不動のレギュラーだったことから、三塁手となる。掛布と同年のドラフト1位である佐野仙好も三塁手であったため、ポジション争いが生じた。に監督に就任した吉田義男は当初、相手が右投手のときには左打者の掛布、左投手のときには右打者の佐野と起用を分けたが、やがて掛布が正三塁手として定着する。佐野は外野手に移った。掛布は、ポジション争いでライバルだと感じたのはこのときの佐野だけだと語っている。に早稲田大学の大物三塁手だった岡田彰布が入団し、マスコミが「ポジション争いか?」と騒いだときも、掛布はすでに中心選手としての余裕があり、佐野ほどのライバル意識は感じていなかったという。掛布雅之 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    新人の岡田彰布の起用法を巡る対立などでブレイザーがシーズン途中で監督を辞任。後任には中西太が就任したが、5位に終わる。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の阪神タイガース

    2006年の阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    この年の阪神タイガースは、岡田彰布監督の3年目のシーズンである。このシーズン終了後、井川慶がポスティングシステムを利用して、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した。2006年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の野球

    1985年の野球から見た岡田彰布岡田彰布

    4月17日 - 阪神甲子園球場での阪神対読売ジャイアンツ1回戦において、阪神は七回裏の攻撃でランディ・バースが1号3点本塁打、掛布雅之2号本塁打、岡田彰布1号本塁打とバックスクリーンへ3者連続本塁打(バックスクリーン三連発)を記録。1985年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    両軍の主力打者として数々の名勝負を繰り広げた王貞治(巨人)・野村克也(西武)が揃って出場。2人とも1980年のシーズン終了後に引退した。退く彼らに代わるように、江川卓(巨人)や木田勇(日本ハム)、岡田彰布(阪神)らフレッシュな選手が初出場した。1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た岡田彰布岡田彰布

    バックスクリーン3連発(バックスクリーン3れんぱつ)とは、1985年(昭和60年)4月17日に阪神甲子園球場で行われたプロ野球・阪神タイガース(以下阪神)対読売ジャイアンツ(以下巨人)の試合において、阪神の当時のクリーンアップ(ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布)が7回裏の攻撃時に、巨人の槙原寛己投手が6球を投じる間に3者連続でバックスクリーンおよびその左へ本塁打を打ったという出来事を指す。阪神ファンの間では「伝説の三連発」とも呼ばれる。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球選手会

    日本プロ野球選手会から見た岡田彰布岡田彰布

    3代目会長:岡田彰布(阪神タイガース、平成4年7月26日就任)日本プロ野球選手会 フレッシュアイペディアより)

  • サンガリア

    サンガリアから見た岡田彰布岡田彰布

    1980年代には阪神タイガースの現役選手(岡田彰布・川藤幸三・池田親興ら)をテレビCMに起用し、素人丸出しでペーソス溢れる演技が評判を呼んだ。独特のお笑い・お色気感覚のCMは、ローカルCMを紹介する全国ネットのバラエティ番組に「関西代表」としてしばしば取り上げられ、同社の名前を広めることにも貢献した。サンガリア フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・バース

    ランディ・バースから見た岡田彰布岡田彰布

    この1983年に、バースはシーズン途中で解雇されていた可能性があった。前年後半にチームが大躍進したこともあり阪神ファンは優勝への期待を募らせていたが、4月を2位で終了したものの5月途中には1勝15敗と大きく負け越してしまう。調子の上がらないバースが不調の原因との批判も多く、同期入団でミートの上手いスティーブ・ストローターの方が日本の野球に適合しているとの評価が高かった。そんな中、先発投手陣が手薄な球団は投手のリチャード・オルセンの獲得に動く。当時の規定では外国人選手は1チーム3名までしか契約できなかったこともあり、既にバース、ストローター、アレンの3人の野手と契約していた球団は、このうち誰か1人を解雇する必要に迫られた。ミートは上手いが怪我が重症であったストローターか、外角に落ちる変化球をことごとく空振りするなど調子の上がらなかったバースかの選択となったが、球団はパワーのほかに、態度、努力、人格を評価しバースを残留させた。その期待通り、バースは後半戦から一気に調子を上げた。翌は.326という高打率を挙げたものの、前年を下回る27本塁打に終わり、また夏場に負傷で離脱したことによりチーム全体の失速を招いてしまう。さらにオフに外野手の岡田を三塁に、三塁手の掛布を一塁にコンバートする案が持ち上がり、掛布と重複し守備力に難のあるバースを解雇するという情報が流れたが、来季から再任する吉田義男監督が球団に残留を強く進言、前述の掛布の一塁コンバート案も白紙となったことで、解雇を免れている。ランディ・バース フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
242件中 1 - 10件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード