242件中 91 - 100件表示
  • 茶髪

    茶髪から見た岡田彰布岡田彰布

    茶髪を選手に禁止した監督として、東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也、2009年着任の横浜ベイスターズの尾花高夫・千葉ロッテマリーンズの西村徳文・オリックス・バファローズの岡田彰布、2014年の埼玉西武ライオンズの伊原春樹、2015年のソフトバンクホークスの工藤公康などがいる。WBC(2013年)では山本浩二も。茶髪 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋清幸

    長嶋清幸から見た岡田彰布岡田彰布

    しかし、阪神からのドラフト指名はなく、翌日も連絡がない間に、広島東洋カープ、南海ホークスから獲得意向の連絡があり、連絡翌日に自宅を訪れた木庭が両親を説き伏せ、仮契約を済ませた。この時、阪神は岡田彰布との交渉に手間取り、長嶋への連絡が遅れ、広島に先を越された田丸は悔しがった。長嶋清幸 フレッシュアイペディアより)

  • 高代延博

    高代延博から見た岡田彰布岡田彰布

    、オリックス・バファローズのヘッドコーチを務める。同年9月16日のロッテ戦からは走者の本塁憤死が多かったことから松山秀明から代わり、三塁ベースコーチも務めた。シーズン最下位が確定した9月25日、球団から監督の岡田彰布と共に休養(事実上の解任)を告げられ、同年シーズン終了を以って正式に退団。高代延博 フレッシュアイペディアより)

  • 立川隆史

    立川隆史から見た岡田彰布岡田彰布

    ボビー・バレンタインが再び監督として就任した2004年のシーズン半ばの6月に、打撃力の高い右打ちの外野手を求めた阪神タイガースの岡田彰布監督の要求により、平下晃司との交換トレードで阪神タイガースに移籍する。立川隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    4月に引退を表明したSHINJO(新庄剛志〈以下「新庄」〉、北海道日本ハムファイターズ・全パ)がどのようなパフォーマンスをするか注目された2006年のオールスターゲーム。両軍の監督は前年にそれぞれのリーグで優勝したチームの監督が務め、全パ(オールパシフィック・リーグ)は千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタイン、全セ(オールセントラル・リーグ)は阪神タイガース監督の岡田彰布が務めた。なお、日本人(日系人・通名使用の定住外国人・帰化日本人を含む)以外の人物がオールスターゲームで監督を務めるのはバレンタインが初である。2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    全パ(オールパシフィック・リーグ)監督は前年、日本一になった福岡ダイエーホークスの王貞治が務め、全セ(オールセントラル・リーグ)の監督は前年、リーグ優勝した阪神タイガース監督の星野仙一が務めるべきところだが、2003年の日本シリーズ終了とともに勇退したために、後任の岡田彰布が全セを率いた。長野オリンピックスタジアムで行なわれた第2戦の3回裏、捕手の矢野輝弘が福原忍(いずれも阪神)の投球を返球した瞬間、三塁走者だった全パのSHINJO(北海道日本ハムファイターズ)が、オールスター史上初となる単独本盗を成功させた(本盗としては1978年第2戦の簑田浩二以来、史上2人目)。この試合のMVPを獲得したSHINJOはヒーローインタビューで「これからは、パ・リーグです」とスピーチした。再編問題でリーグの存続の危ぶまれた全パが1990年以来、14年ぶりに2戦全勝した。2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    7月23日に予定された第1戦が雨で24日に順延。第1戦は結果的にオールスターゲーム最終開催となる阪急西宮球場で行われ、地元阪急ブレーブスの星野伸之が全パの先発として責任投球回を無失点に抑え、主砲ブーマー・ウェルズが特大のホームランを放ち、老舗球団の派手な店じまいのような展開となった。第2戦はナゴヤ球場で実施され王に憧れて野球を志した高卒新人立浪和義が先発出場、当時は指名打者がオールスターゲームで導入されておらず門田博光が3番・右翼手で先発。低迷続く阪神タイガースの岡田彰布の逆転ホームランで全セがタイに持ち込んだ。そして最終、第3戦は開場4か月の東京ドームが初めて球宴の舞台となった。当時東京ドームを本拠地としていた日本ハムファイターズのエース西崎幸広が全パ先発投手として3回をパーフェクト(2回裏にはクリーンナップから三者連続三振、3回裏2死で代打立浪から5個目の三振)2年ぶりの延長戦となり引き分け寸前の12回裏、野手を使い切った全セは投手水野雄仁を代打に送ったところこれがサヨナラの犠牲フライとなり、全セが昭和最後のオールスターゲームを締めくくった。現在の規定では延長はなく、指名打者制になっているため、このような事態は起こり得ない。1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 平山正人

    平山正人から見た岡田彰布岡田彰布

    PL学園高では2年生の時、控え投手として1972年春の選抜に出場。2回戦では高知商業高と対戦し、左翼手、五番打者として先発出場。またリリーフで甲子園初登板を果たすが1-3で敗退した。翌1973年は右翼手、控え投手として夏の甲子園府予選決勝に進むが、有田二三男、岡田彰布、慶元秀章らのいた北陽高に惜敗、甲子園出場を逸する。高校同期に立野政治がいた。平山正人 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た岡田彰布岡田彰布

    高木康成との交換トレードが成立した際に、かねてから親交の深かった岡田彰布と原辰徳の間柄で成立した友情トレードであり、岡田を信頼した上でのトレードであったと言われた。また、清武英利は幹部候補生として修業に出す気持ちと語っており、将来的には巨人に復帰することも示唆していた。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中西清起

    中西清起から見た岡田彰布岡田彰布

    現役時代の主力打者だった岡田彰布が阪神の一軍監督に就任した2004年に、一軍投手コーチとして同球団に復帰。高校の後輩・藤川球児をセットアッパーとして大成させたほか、ブルペン担当コーチとして、JFK(ウィリアムス、藤川、久保田智之)やSHE(桟原将司、橋本健太郎、江草仁貴)と称されるリリーフ投手陣の整備で大きな成果を残した。その実績を買われて、2009年からは、二軍投手コーチとしてファーム投手部門の強化に尽力した。中西清起 フレッシュアイペディアより)

242件中 91 - 100件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード