214件中 11 - 20件表示
  • 村山実

    村山実から見た岡田彰布岡田彰布

    1989年6月25日に甲子園で行われた阪神対巨人戦で、岡田彰布がビル・ガリクソンから左翼ポール際へ劇的な逆転満塁本塁打を放って阪神が勝つが、天覧試合からちょうど30年目の日で、同じ左翼ポール際への一発でスコアも5-4と裏返しとなり、しかもこの時の巨人監督が天覧試合で完投勝利した藤田元司だったことから、岡田が村山監督の仇討ちを果たした形となった。試合後「今日は岡田に尽きるが、若いの(和田、亀山)がよくつないだ。天覧試合と同じ日?そりぁうれしい、気分が全然違うよ。」とコメントした。1989年オフに退任。村山実 フレッシュアイペディアより)

  • 正田耕三

    正田耕三から見た岡田彰布岡田彰布

    から監督就任した三村敏之は正田の回復が不確実な事もあり、緒方孝市を二塁手に転向することを検討した。これに対して正田はギプスを装着したままトレーニングを行う程の執念で二塁のポジションを守り、緒方は外野手となっている。同年は2,500万円増の年俸9,500万円(推定)で契約を更改した。12月からは現役引退により退任した岡田彰布の後任が見つからなかった労働組合日本プロ野球選手会の会長となり、現役引退まで同職を務めた。なお、大学出身ではない労組選手会会長は現在まで正田のみである(ちなみに左打ちができる歴代会長も正田のみ※他の会長は全員、右投右打)。正田耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 猛虎紳士録

    猛虎紳士録から見た岡田彰布岡田彰布

    コメンテーター(猛虎紳士)は、小山正明、中西太、吉田義男、岡田彰布、中田良弘ら阪神タイガースOBが中心。猛虎紳士録 フレッシュアイペディアより)

  • 水爆打線

    水爆打線から見た岡田彰布岡田彰布

    特にこの年MVPとなった小鶴誠は打率.355、51本塁打、161打点、143得点(打率が2位の他は全て1位)を記録したほか、28盗塁を記録。岩本義行は打率.319(7位)、39本塁打、127打点、121得点、34盗塁を記録し、別当薫(毎日)と共に日本プロ野球最初の「3割30本30盗塁」を達成。大岡虎雄も打率.282、34本塁打、109打点、86得点を記録し、クリーンナップ3人がいずれも30本塁打、100打点を達成したのは、セ・リーグでは後に「ニューダイナマイト打線」と呼ばれた1985年の阪神のトリオ(ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布)までなかった(現在でもこの2例だけ)。クリーンナップ以外でも、主に一番を務めた金山次郎が全137試合に出場し、打率.311(9位)、7本塁打、67打点、104得点、74盗塁(1位)と活躍した。水爆打線 フレッシュアイペディアより)

  • 六つの星

    六つの星から見た岡田彰布岡田彰布

    日本プロ野球誕生50年、セ・リーグ誕生35年を迎えた1984年にはその続編が細川たかしをメインボーカルに、やはりセ・リーグ参加各チームの主力選手1名ずつ(読売ジャイアンツ・原辰徳、ヤクルトスワローズ・荒木大輔、横浜大洋ホエールズ・遠藤一彦、中日ドラゴンズ・宇野勝、阪神タイガース・岡田彰布、広島東洋カープ・高橋慶彦)がバックコーラスを務めて発売された。六つの星 フレッシュアイペディアより)

  • 準硬式野球

    準硬式野球から見た岡田彰布岡田彰布

    同大会出身のプロ野球選手として、坂崎一彦、近藤和彦、土井正博、岡田彰布、香川伸行、牛島和彦、桑田真澄、西山秀二、西岡洋、南渕時高、中田亮二らが挙げられる。準硬式野球 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡英孝

    松岡英孝から見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布(北陽高の教え子)松岡英孝 フレッシュアイペディアより)

  • コンバットマーチ

    コンバットマーチから見た岡田彰布岡田彰布

    早稲田大学の野球応援では、主に得点好機のタイミングを狙って演奏されており、各イニングの自チーム攻撃開始時から続くチャンスパターン演奏のメイン曲として使われている。なお本学野球部出身である岡田彰布の阪神タイガース時代の応援歌として導入され、その後もチャンスマーチとして使用された。また日本の高校野球では、本学系属校である早実をはじめ、ブラスバンド部が応援曲としてよく演奏しており、また野球関連のテレビ番組でも同曲が頻繁に使用されている。コンバットマーチ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立愛日小学校

    大阪市立愛日小学校から見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布 - プロ野球監督・元選手。大阪市立愛日小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤千洋

    加藤千洋から見た岡田彰布岡田彰布

    熱烈な阪神タイガースファン。『報道ステーション』内のスポーツコーナー「SPORTS STATION」でタイガース戦の結果が放送される際、加藤の表情が映されることがしばしばある。阪神が勝った日にはガッツポーズを取ったり、負けた日には苦笑い(?)を浮かべたりする場面も見られる。2005年には、タイガースの優勝をカウントダウンするボードが番組内に登場した。赤星の電動人形が走ってボードに当たると岡田彰布の似顔絵をバックにしたマジックナンバー表示が登場するというもので、似顔絵の作者は加藤だとされている。また、朝日放送の阪神情報番組『虎バン』にも出演したこともある。加藤千洋 フレッシュアイペディアより)

214件中 11 - 20件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード