242件中 11 - 20件表示
  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見た岡田彰布岡田彰布

    なお、この改修により2007年 - 2009年のシーズンは阪神がホームとなるポストシーズン(クライマックスシリーズと日本シリーズ)のゲームを甲子園球場で行わないことが2005年11月の実行委員会で了承された。なお2008年まで阪神の監督を務めた岡田彰布はこの球団の対応に対し苦言を呈している。実際の代替開催先は以下の通り。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 村山実

    村山実から見た岡田彰布岡田彰布

    大野久・和田豊・中野佐資の若手選手3人を「少年隊」と命名して売り出し、話題を作るが成績は6位・5位と低迷した。この3人を相手にキャンプで打撃投手を自ら買って出たが、この無茶がたたって股関節を痛め、人工関節手術を受けることになった。当時阪神の選手だった岡田彰布は「当時阪神は前年が大惨敗だったので、村山監督はチームをガラリと変えようとしたのかもしれないが、話をした時はあそこまで激変させるとは思わんかった。最たるものが、大野、和田、中野の「少年隊」だ。この3人をレギュラーに抜擢したのだが、ポジションを与えるのならある程度の実力がないと戦力として機能しない。一方で、平田、佐野さんらの出番が減り、チーム内はいつもモヤモヤしていて、ひとつの方向に向かうという雰囲気ではなかった。阪神は日本一になった85年をピークにチーム力はガクッと落ちていたから、村山監督の2年間も6位、5位と低迷した」と述べている。当時阪神の選手だった嶋尾康史は「村山監督の時は大変だった。ブルペンに電話する前に投手交代がしょっちゅうありました」、投手コーチだった若生智男も「あったね。ブルペンに伝わっていないことが」と語っている村山実 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の阪神タイガース

    1988年の阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    5月26日 - 岡田彰布が対ヤクルト戦でNPB史上150人目の通算1000安打1988年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た岡田彰布岡田彰布

    1月19日にファームとネーミングライツを契約していた穴吹工務店との契約満了に伴い、10年ぶりにファームのチーム名が「サーパス」から一軍と同じ「オリックス・バファローズ」に変更された。2月23日、ビジター用ユニフォームと球団旗のデザイン変更が発表される(後述)。3月28日、関西プロ野球球団初の球団公式チアリーリングチームがデビューし、4月10日にチーム名「Bs Dreams(ビーズ・ドリームズ)」が発表された。この年は、楽天を退団したホセ・フェルナンデスを加えローズ・アレックス・カブレラ・グレッグ・ラロッカの4人でビッグボーイズを結成するなどし、開幕前の野球解説者の予想でも上位にあげられていたが、これら4人の外国人選手全員が死球などで全員が骨折するなど、極度の不運に見舞われ、主力選手の多くが怪我で離脱した。先発投手陣も、前年大活躍をした小松が開幕から大不振に陥ったのをはじめ、近藤が5月から不調に陥り、復帰した平野も開幕直後に体調不良で戦線離脱、開幕から金子と共に好調を維持していた岸田護も故障で離脱した。さらに、抑えの加藤を擁するリリーフ陣も不安定な投球が目立ち、9月以降は先発要員の金子が抑えに起用された。チームは5月に9連敗、6月に7連敗と大型連敗を繰り返し、6月は4勝14敗と大きく負け越して低迷。6月10日から1軍投手コーチ(ベンチ)の赤堀元之をブルペン、1軍投手コーチ(ブルペン)の清川栄治をベンチに配置転換した。6月18日からは1軍チーフ投手コーチの佐々木修を2軍投手コーチに降格、先日1軍投手コーチとなった清川栄治を1軍チーフ投手コーチに昇格する人事を発表している。しかし、これでも好調の兆しは最後まで見られず、優勝した日本ハムに6勝18敗、2位楽天には4勝19敗1分と大きく負け越すなど苦戦を強いられ、9月にはシーズン3度目の6連敗を喫した。9月9日の対楽天戦で敗戦を喫して2年ぶりにシーズン負け越しが決定。9月27日の対ロッテ戦で引き分けになり、勝率差でロッテに及ばなくなったため、2年ぶりに最下位となった。その責任を受けてGMの中村と監督の大石を解任、後任監督には岡田彰布が就任した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の阪神タイガース

    1985年の阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    4月17日のバース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発に象徴されるように、ニューダイナマイト打線と呼ばれる強力打線が活躍し、チーム本塁打セ・リーグ記録を更新する219本塁打を記録した。投手陣も中西、福間らリリーフ陣が活躍し、21年ぶりのリーグ優勝と球団史上初の日本一を達成した。1985年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝

    阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝から見た岡田彰布岡田彰布

    「選手編(8) 生涯阪神 道一筋岡田彰布阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝 フレッシュアイペディアより)

  • 警告試合

    警告試合から見た岡田彰布岡田彰布

    7回裏、オリックスの攻撃時、ソフトバンクの甲藤啓介が、グレッグ・ラロッカにこの試合2個目の死球を与える。両軍がホーム付近で揉み合い、球審の山村達也が2日連続の警告試合を宣告。岡田彰布監督と秋山幸二監督はグラウンド上で一対一の口論を行った。警告試合 フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉一雅

    藤倉一雅から見た岡田彰布岡田彰布

    同年のドラフト外で阪神タイガースに入団、同期入団に岡田彰布、北村照文などがいる。強肩俊足の内野手と期待され、新人ながら背番号「3」を与えられる。のジュニアオールスターでMVPを獲得。には自己最多の55試合に出場した。同年オフに弘田澄男との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。から2年連続イースタンリーグの首位打者を獲得するなど、二軍では活躍するも一軍ではその実力は発揮できず、に現役引退。藤倉一雅 フレッシュアイペディアより)

  • 猛虎紳士録

    猛虎紳士録から見た岡田彰布岡田彰布

    コメンテーター(猛虎紳士)は、小山正明、中西太、吉田義男、岡田彰布、中田良弘ら阪神タイガースOBが中心。猛虎紳士録 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球'98開幕版

    実況パワフルプロ野球'98開幕版から見た岡田彰布岡田彰布

    能力では、岡田彰布の能力が極端に低くなっているが、意図は不明。実況パワフルプロ野球'98開幕版 フレッシュアイペディアより)

242件中 11 - 20件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード