214件中 21 - 30件表示
  • ニューダイナマイト打線

    ニューダイナマイト打線から見た岡田彰布岡田彰布

    1985年4月のランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布の「バックスクリーン3連発」に代表される阪神の強力打線であるが、この「ニューダイナマイト打線」とは、1940年代後半のタイガース打線の名称「ダイナマイト打線」に因んでいる。ニューダイナマイト打線 フレッシュアイペディアより)

  • マット・キーオ

    マット・キーオから見た岡田彰布岡田彰布

    自由契約としたことについては、実績はあったものの、当時の中村勝広監督が元々キーオを高く評価していなかったことが挙げられる。中村自身、1990年の監督就任当初はキーオ解雇も考えていたが、さすがに年間15勝挙げる投手は切れなかった、とのこと。岡田彰布は、これまで一緒にプレーした外国人投手の中で、一番印象に残っている選手としてこのキーオを挙げる。特にカーブが絶品で、キーオが投げる姿を後ろから見ていて「これは(今日の試合は)勝てるな」と感じた、と述べている。マット・キーオ フレッシュアイペディアより)

  • 御子柴進

    御子柴進から見た岡田彰布岡田彰布

    2004年に当時の岡田彰布監督の専属広報に就任。岡田が退任し、現在の真弓明信監督体制になってからはチームのスコアラーを務めている。御子柴進 フレッシュアイペディアより)

  • 石山建一

    石山建一から見た岡田彰布岡田彰布

    その後江川卓を擁する法政大学の後塵を拝する日々が続いたが1978年秋季リーグ戦で三冠王岡田彰布や金森栄治らの強力打線で9シーズンぶりに天皇杯を奪回した。これを置き土産に同年、監督を退いた。石山建一 フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸長

    田中幸長から見た岡田彰布岡田彰布

    2007年度には早大の第97代主将に就任、新人・斎藤佑樹の活躍もあってチーム史上3度目となる3連覇を達成、同年秋季リーグ戦では戦後12人目となる三冠王(早大からは1978年秋季岡田彰布、2001年春季鳥谷敬に次ぐ3人目)に輝き、第56回全日本大学野球選手権大会ではチームを33年ぶりの日本一に導いた。リーグ通算84試合出場、283打数89安打、打率.314、10本塁打、66打点。田中幸長 フレッシュアイペディアより)

  • 小津正次郎

    小津正次郎から見た岡田彰布岡田彰布

    しかし、その年のドラフト会議で獲得した新人・岡田彰布の起用を巡ってフロントと現場が対立。小津正次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅秀史

    三宅秀史から見た岡田彰布岡田彰布

    落語家の月亭八方が阪神ファンになるきっかけとなったのは、三宅との出会いがきっかけである。八方は、眼科に入院中の三宅秀史選手と出会い、無邪気にサインを求める八方に対し、三宅は八方の瞳を見つめ「君は野球が好きか?」とだけ言い、サインを手渡したという。また、岡田彰布は幼少時に三宅とキャッチボールした経験があり、三宅へのあこがれから阪神入団時に同じ背番号16を付けた。他にも、阪神ファンではないが、永六輔が三宅を好み、三宅と同じ背番号16の各球団の選手を応援しているという。三宅秀史 フレッシュアイペディアより)

  • 有田二三男

    有田二三男から見た岡田彰布岡田彰布

    この時の北陽高校の同期には、後に近畿大学やクラウンライターライオンズ・西武ライオンズなどでプレーする慶元秀章がおり、2年後輩には早稲田大学を経て阪神タイガースで活躍する事になる岡田彰布がいた。オーバースローからの伸びのあるストレートが武器、カーブ、シュートも投げる。有田二三男 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック野球日本代表

    アテネオリンピック野球日本代表から見た岡田彰布岡田彰布

    また代表選出にあたっては、各球団の経営者側の判断によって、戦力への影響を公平にするとの目的で各球団から2名ずつに制限された。長嶋らは制限の撤廃を希望していたが、アテネ大会の開催期間中にもプロ野球の公式戦が通常通り行われることから、多くの代表候補選手を持ち、チームを優先させたい当時中日監督の落合博満や阪神監督の岡田彰布らの希望でもあった。アテネオリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    第1戦は1980年代幕開けを象徴すべく、阪神タイガースのゴールデンルーキー・岡田彰布が全セの代打で登場した4回に勝ち越しのソロホームランを打ち、早速MVPを獲得した。第2戦は前年の日本シリーズでも活躍した広島・山根和夫(全セ)のピッチングと近鉄・平野光泰(全パ)のバッティングが光った。なお、この2チームは1980年も日本シリーズで対決している。その広島の守護神・江夏豊は第3戦で前年の日本シリーズよろしく9回無死満塁のピンチの場面で江夏の21球ならぬ江夏の16球で全パ打線を3者連続三振に仕留めた。1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

214件中 21 - 30件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード