242件中 21 - 30件表示
  • ニューダイナマイト打線

    ニューダイナマイト打線から見た岡田彰布岡田彰布

    1985年4月のランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布の「バックスクリーン3連発」に代表される阪神の強力打線であるが、この「ニューダイナマイト打線」とは、1940年代後半のタイガース打線の名称「ダイナマイト打線」に因んでいる。ニューダイナマイト打線 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年のスポーツ

    1957年のスポーツから見た岡田彰布岡田彰布

    11月25日 - 岡田彰布(大阪府、野球)1957年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 住友一哉

    住友一哉から見た岡田彰布岡田彰布

    1981年のドラフト6位で近鉄バファローズに入団。同期に金村義明がいる。一年おきに、30試合以上登板した。1988年オフに南秀憲と共に佐藤秀明・福家雅明との交換トレードで阪神タイガースに移籍し、移籍一年目の1989年には自己最多タイの44試合に登板し活躍、6月25日の対巨人戦で岡田彰布が逆転満塁本塁打を放った直後にもリリーフするが、ラジオの実況アナが「もし同点にされたら今晩住友は日本中から悪者にされますね」と語っていた。その後は成績も落ち1991年に現役引退。引退後は1992年から1996年まで近鉄二軍投手コーチ、2006年はオリックス・バファローズ一軍投手コーチ、スコアラーを務めた。住友一哉 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ベースボール

    週刊ベースボールから見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布の『そらそうよ』週刊ベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 準硬式野球

    準硬式野球から見た岡田彰布岡田彰布

    同大会出身のプロ野球選手として、坂崎一彦、近藤和彦、土井正博、岡田彰布、香川伸行、牛島和彦、桑田真澄、西山秀二、西岡洋、南渕時高、中田亮二らが挙げられる。準硬式野球 フレッシュアイペディアより)

  • そらそーよ

    そらそーよから見た岡田彰布岡田彰布

    そらそーよとは、大分県玖珠郡九重町に本社を置く八鹿酒造で製造している焼酎の銘柄。元阪神タイガース監督の岡田彰布の口癖「そらそうよ」から命名している。そらそーよ フレッシュアイペディアより)

  • 山本文男

    山本文男から見た岡田彰布岡田彰布

    1985年4月17日、ランディ・バース・掛布雅之・岡田彰布によるバックスクリーン3連発の際に山本は球審を務めていた。日本シリーズでは1978年の第7戦、1985年の第6戦といずれも優勝チームが初めて日本一となる試合で球審を務めている。山本文男 フレッシュアイペディアより)

  • 水爆打線

    水爆打線から見た岡田彰布岡田彰布

    特にこの年MVPとなった小鶴誠は130試合の出場で打率.355、51本塁打、161打点、143得点(打率が2位の他は全て1位)を記録したほか、28盗塁を記録し、当時MLBにも達成者のいなかった日本球界唯一の50本塁打20盗塁を記録。岩本義行は打率.319(7位)、39本塁打、127打点、121得点、34盗塁を記録し、別当薫(毎日)と共に日本プロ野球最初の「3割30本30盗塁」を達成。大岡虎雄も打率.282、34本塁打、109打点、86得点を記録し、クリーンナップ3人がいずれも30本塁打、100打点を達成したのは、セ・リーグでは後に「ニューダイナマイト打線」と呼ばれた1985年の阪神のトリオ(ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布)までなかった(現在でもこの2例だけ)。クリーンナップ以外でも、主に一番を務めた本塁打王獲得経験者の金山次郎が全137試合に出場し、打率.311(9位)、7本塁打、67打点、104得点、74盗塁(1位)と活躍した。水爆打線 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の阪神タイガース

    2004年の阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    この年の阪神タイガースは、岡田彰布監督の1年目のシーズンである。2004年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオリックス・バファローズ

    2010年のオリックス・バファローズから見た岡田彰布岡田彰布

    2010年のオリックス・バファローズは、岡田彰布監督の1年目のシーズンである。2010年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

242件中 21 - 30件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード