242件中 31 - 40件表示
  • 2005年の阪神タイガース

    2005年の阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    この年の阪神タイガースは、岡田彰布監督の2年目のシーズンであり、2003年以来、2年ぶり9度目のリーグ優勝に輝いたシーズンである。2005年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の阪神タイガース

    1980年の阪神タイガースから見た岡田彰布岡田彰布

    前年のドラフト会議で6球団競合のくじ引きの末に入団した岡田彰布が、チームの話題の中心となった。大阪出身で東京六大学野球のスターだった岡田は入団時点で絶大な人気があり、ファンだけでなく球団も積極起用を望んでいた。しかし、ブレイザーは、岡田をじっくり育成させる方針を立て、岡田の早期一軍起用を渋った。ブレイザーは、この方針の下、勝てるチームを作るため、ヤクルトからヒルトンの獲得し、一塁ヒルトン・三塁掛布の布陣を組み、三塁が本職であった岡田を外野にコンバートさせたが、岡田の起用を望む者から見れば冷遇にも思える起用だったため、ファンや球団の怒りを買った。シーズンが始まると、ヒルトンが成績不振に悩み、それでもブレイザーがヒルトンの起用を優先したことから、ファンや球団の怒りが募り、シーズンが進むにつれて、ブレイザーやヒルトンに対する風当たりが強くなっていった。球団社長による岡田起用要求、ヒルトン解雇、監督に相談なしの新外国人の獲得が行われたことから、ブレイザーと球団の溝が決定的となり、ブレイザーは5月15日に辞任した。後任監督には、打撃コーチの中西太が就任した。中西監督の下で内野で先発出場するようになった岡田は、打率.290、18本塁打の成績を残し、新人王に選ばれる活躍をし、チームはシーズン序盤の内紛後、8月上旬まではAクラスをキープするが、死のロードからズルズルと順位を下げ、結局5位でシーズンを終えた。1980年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 谷博

    谷博から見た岡田彰布岡田彰布

    バース・掛布雅之・岡田彰布の3人によるバックスクリーン3連発があった1985年の巨人対阪神戦では一塁塁審をしており、その18年後の平成の3連発では二塁塁審をしていた。オールスターでは1999年第1戦で球審。日本シリーズでは2000年に第3戦、1999年・2005年に第4戦、1992年・2008年に第7戦の球審を務めている。なお、第7戦で2回球審を務めたのは、セ・リーグにおいては岡田功以来2人目である。谷博 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のオリックス・バファローズ

    2011年のオリックス・バファローズから見た岡田彰布岡田彰布

    この年のオリックス・バファローズは、岡田彰布監督の2年目のシーズンである。2011年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • シェーン・スペンサー

    シェーン・スペンサーから見た岡田彰布岡田彰布

    2004年12月23日に、阪神と年俸6000万円の1年契約を結んだ。監督の岡田彰布からは、同年に広島東洋カープから移籍したアンディ・シーツと共に、退団したジョージ・アリアスの穴埋めとして期待された。シェーン・スペンサー フレッシュアイペディアより)

  • 矢口健一

    矢口健一から見た岡田彰布岡田彰布

    高校卒業後、一浪して一般受験で早稲田大学商学部に入学し野球部に入部。グラウンド整備に使うトンボとグラウンドの塀を使って素振りさせるなど佐藤清監督の個性的な指導で打棒が開花し、2年春からリーグ戦に出場。そのシーズンの対立教大学戦で1試合8打点のリーグ記録を樹立、一気に注目を集めた。このシーズン規定打席不足ながら4割以上を放ち本塁打・打点はリーグ1位、“幻の三冠王”といわれた。恵まれた体躯から長打を連発し、チームの主軸に成長、岡田彰布・石井浩郎以来の右の大砲と嘱望された。一時左翼手を守ったが、主に一塁手として出場した。矢口健一 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立愛日小学校

    大阪市立愛日小学校から見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布 - プロ野球監督・元選手大阪市立愛日小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 猛虎ファイル

    猛虎ファイルから見た岡田彰布岡田彰布

    MBSテレビでは2003年頃から、プロ野球シーズン限定番組として、阪神の戦い振りをダイジェストで紹介する『勝ちたいんやっ!月刊?タイガース』(?は放送期間中の監督の苗字である「星野」または「岡田」を挿入)を月に1回のペースで放送。2006年からは、タイトルを『猛虎ファイル』に変更するとともに、ヒューマンドキュメンタリーの形式で阪神の選手を2?3名程度取り上げるようになった。ちなみに、『猛虎ファイル』への変更後は、(「猛虎ファイル2009」などのように)タイトルに放送期間の西暦年度を入れている。猛虎ファイル フレッシュアイペディアより)

  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Dayから見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布がオリックス・バファローズ(以下「オリックス」と略記)の一軍監督に就いていた2010年〜2012年の放送では、同球団のニュースを伝える際に、彼独特の口調(「ほらお前、〜よ」)を真似ながらコメントを紹介。現在は、MBSラジオで2012年までの3年間野球解説者を務めた掛布雅之(元・阪神内野手)の口調を、折に触れて真似ている。亀山つとむのかめ友 Sports Man Day フレッシュアイペディアより)

  • 切通猛

    切通猛から見た岡田彰布岡田彰布

    その後は阪神で2軍トレーニングコーチ・スコアラー・スカウトを務めた。1983年7月10日の広島戦で岡田彰布が右足太もも筋肉を断裂し残りのシーズンを棒に振った際、マンツーマンで取り組んだリハビリトレーニングのおかげで見事に復活。スカウトとしては関本賢太郎、濱中治、藤川球児を発掘した。切通猛 フレッシュアイペディアより)

242件中 31 - 40件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード