214件中 71 - 80件表示
  • 長崎慶一

    長崎慶一から見た岡田彰布岡田彰布

    1983年6月4日の阪神戦(横浜スタジアム)で、岡田彰布の左中間へのフライを追って中堅手の加藤博一と衝突。この時、長崎の顔面と加藤の顔面がぶつかったので、『プロ野球珍プレー好プレー大賞』では「空中キッス」と呼ばれ珍プレー大賞を受賞した。なお、受賞したのは加藤だけである。1985年、池内豊投手との交換トレードで阪神タイガース(以下、阪神)へ移籍。この年、阪神は21年ぶりにセ・リーグを制覇した。8月1日の中日戦には、前日の試合でランディ・バースが自打球を当て骨折したため、一塁手としてスタメン出場を果たす。しかし、8年振りの一塁守備にぎこちなさを感じた首脳陣は、翌日から真弓明信を一塁に回した。そして、同年の日本シリーズ(対西武ライオンズ)第6戦では勝利を決定付ける満塁本塁打を放ち、チーム初のシリーズ優勝に貢献している。長崎慶一 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川治久

    長谷川治久から見た岡田彰布岡田彰布

    なお元プロ野球選手で現・オリックス・バファローズ監督の岡田彰布は高校の同級生。長谷川治久 フレッシュアイペディアより)

  • 明星中学校・高等学校 (大阪府)

    明星中学校・高等学校 (大阪府)から見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布(元プロ野球選手、前阪神タイガース監督、現オリックスバファローズ監督)明星中学校・高等学校 (大阪府) フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球'98開幕版

    実況パワフルプロ野球'98開幕版から見た岡田彰布岡田彰布

    能力では、岡田彰布の能力が極端に低くなっているが、意図は不明。実況パワフルプロ野球'98開幕版 フレッシュアイペディアより)

  • 的場寛一

    的場寛一から見た岡田彰布岡田彰布

    、は当時の岡田彰布監督の秘蔵っ子としてキャンプ、オープン戦と絶好調で開幕スタメンと期待されたが、共に開幕直前に右肩を脱臼しチャンスを逃した。2005年秋に球団から戦力外通告を受けた。的場寛一 フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・ヒルトン (野球)

    デーブ・ヒルトン (野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    は成績が低迷してオフに自由契約となるが、阪神タイガース監督のドン・ブレイザーが獲得を希望し入団する。しかし、阪神には1979年のドラフト会議で大阪出身の早稲田大学・岡田彰布が指名を受けて入団しており、ファンは岡田の起用を強く望んでいた。のシーズン開幕後から、ブレイザーはヒルトンを起用するが、ブレイザーは岡田の起用を望むファンやマスコミから総攻撃を受け、ヒルトンもそのあおりを受けて打席に立つたびに岡田コールやヤジを浴びせられることとなる。結局、ヒルトンは打撃不振でシーズン途中で解雇され、ブレイザーも解任された。デーブ・ヒルトン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 好角家

    好角家から見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布 - プロ野球監督、元プロ野球選手好角家 フレッシュアイペディアより)

  • 谷博

    谷博から見た岡田彰布岡田彰布

    バース・掛布雅之・岡田彰布の3人によるバックスクリーン3連発があった1985年の巨人対阪神戦では一塁塁審をしており、その18年後の平成の3連発では二塁塁審をしていた。オールスターでは1999年第1戦で球審。日本シリーズでは2000年に第3戦、1999年・2005年に第4戦、1992年・2008年に第7戦の球審を務めている。なお、第7戦で2回球審を務めたのは、セ・リーグにおいては岡田功以来2人目である。谷博 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た岡田彰布岡田彰布

    との案を明らかにした。しかし翌日に行われた12球団代表者会議ではセ・リーグ側の同意が得られず、球団の合併や破産時の選手救済策である支配下選手枠の臨時拡大(1球団当たり70人を80人に)と、新球団の日本プロフェッショナル野球組織(NPB)への加盟料(30億円)免除を決めただけで終わった。特に阪神タイガースは2フランチャイズ制に強硬に反対。ただ、阪神も高校野球の関係でダブル本拠地を望んでいたためにこの件については矛盾が生じており、実際、阪神球団内部は、岡田彰布監督(当時)ら容認派と星野仙一前監督、野崎勝義球団社長ら選手に同情する者らとで態度が分かれていた。また、28人枠についても新人選手・フリーエージェント選手・外国人選手の扱いを巡って紛糾した。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 平野恵一

    平野恵一から見た岡田彰布岡田彰布

    は主に中堅手として出場。テリー・コリンズ新監督に「1番バッターは彼しかいない」と絶賛されたが、故障と打撃不振で二軍との往復に終始した。シーズン終了後、阿部健太と共に濱中治・吉野誠との交換トレードによって阪神タイガースへ移籍した。この際、当時阪神の監督であった岡田彰布は「濱中を出すのはわかった(納得した)。ただし、交換要員は平野(恵一)でお願いする」とフロントに頼み込み、後に自身の著書『頑固力』(角川SSC新書、2008年)でも平野の重要性を説いた。平野恵一 フレッシュアイペディアより)

214件中 71 - 80件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード