242件中 71 - 80件表示
  • 1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    この年の目玉として注目されていた新日本製鐵堺の野茂英雄に、近鉄バファローズ、オリックス・ブレーブス、日本ハムファイターズ、ロッテオリオンズ、横浜大洋ホエールズ、阪神タイガース、ヤクルトスワローズ、ダイエーホークスと1979年ドラフトの岡田彰布や1985年ドラフトの清原和博の6球団競合を上回る、史上最多の8球団が競合した。抽選で近鉄が交渉権を引き当てた。1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た岡田彰布岡田彰布

    ''には岡田彰布監督の意向と本人の希望から先発投手に再転向。投球フォームを二段モーションから一段に変え、11勝を挙げて規定投球回数にも到達。リーグトップの勝率.688を記録し優勝に貢献した。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1979年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    早稲田大学の岡田彰布に6球団が競合し、阪神が交渉権を獲得。この記録は1989年ドラフトにおける野茂英雄の8球団競合まで破られなかった。1979年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2010年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    オリックスは1巡目重複1回目で大石達也の抽選に失敗後、重複2回目で東海大学・伊志嶺翔大、重複3回目で履正社高・山田哲人の抽選に失敗し史上初の「同一ドラフトで3度の抽選失敗」を記録した(くじ引きは監督の岡田彰布)。2010年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学野球部

    早稲田大学野球部から見た岡田彰布岡田彰布

    石井藤吉郎が監督に就任した1964年から息を吹き返し、「打棒ワセダ」と呼ばれた強力打線が復活、谷沢健一や荒川尭・中村勝広らが神宮球場にホームランを連発した。1970年代も松本匡史・佐藤清・山倉和博・金森栄治・三冠王岡田彰布らの強打者が出て、しばしば優勝はするものの連覇はなかなか果たせず(1957年から2001年までの間に連覇はわずか1回)、優勝回数を重ねられずにきた。1980年代に入ると受験難に伴って有力な高校生が入部しづらくなり、戦力面で法政や明治に大きく水を空けられた。東大に史上初めて完封による2連敗で勝ち点を献上したり(1981年)長く占めてきた優勝回数最多の座も法政に譲り、1982年秋を最後に7年間優勝から遠ざかった上に慶應・立教にも復活を先んじられるなど、低迷を続けてきた。早稲田大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口英明

    谷口英明から見た岡田彰布岡田彰布

    2005年の阪神タイガースセントラル・リーグ優勝決定試合(9月28日・阪神甲子園球場での読売ジャイアンツ戦)で実況を担当。優勝決定の瞬間に叫んだ「岡田阪神・大願成就!!」とのセリフは、後年『虎辞書なる!!』でこの試合を放送した際のサブタイトルにもなった。2012年劇場公開の実写映画「あなたへ」(東宝製作、高倉健主演)では、サンテレビ・阪神タイガースからの協力の下に、試合終了の瞬間の映像を谷口の実況音声とともに劇中で使っている。また、『サンテレビボックス席』でのタイガース公式戦中継が通算で3000試合に達した2013年4月には、記念特別番組『3000回メモリアル!?タイガースと共に?』や『NEWS PORT』(『ニュース・シグナル』の後継番組)内の特集(いずれも同月29日放送)でナビゲーターを務めた。谷口英明 フレッシュアイペディアより)

  • ルー・フォード

    ルー・フォードから見た岡田彰布岡田彰布

    の春季キャンプは故障で出遅れたが、オープン戦後半で好調を維持し、右の大砲として期待された。3月28日、横浜ベイスターズとの開幕戦で7番・右翼手としてデビューを果たした。開幕から数試合はヒットが出なかったが、チームが開幕5連勝と勢いに乗っていたこともあり大きな穴にはならなかった。しかし、その後も結果を残すことができず、葛城育郎や林威助にレギュラーを追われる形となった。7月20日の対中日ドラゴンズ戦で、4回2点を返しなおも1死一・三塁の場面で、1ストライク2ボールから、ワンバウンドするボール球に2球手を出し三振。これに対して監督の岡田彰布は、「1人野球が分かっていない」「あそこできちんと四球を選べたら今頃ファームには落ちてない」と激怒。翌日にはシーズン3度目の二軍落ちとなった。ルー・フォード フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た岡田彰布岡田彰布

    1月17日にかねてから獲得の報道があったオリックス・バファローズが獲得を発表した。1年契約で、背番号は00に決定。坪井獲得に岡田彰布監督は「(2軍監督時代に)阪神で一緒に戦った選手やし、数字以外の目に見えない力もプラスになる」と、若手選手の模範役としても期待している獲得だったと語っている。坪井と岡田監督は阪神の2軍で監督と選手の間柄だった。当時、坪井はバッティングで悩んでおり振り子打法を変えたほうがいいのか岡田監督に相談している。岡田監督から「そのままでええ」と言われ、「あの一言で本当に助かった」と岡田監督に感謝していた。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・アリアス

    ジョージ・アリアスから見た岡田彰布岡田彰布

    も開幕から6番でスタメン出場を続けたが、6月に腰痛で登録抹消となり、7月に復帰したものの、この年新たに監督に就任した岡田彰布からは「勝負弱さ」「好不調の波が激しい」と指摘され、ベンチに下げられる場面も見られた。この後チームも首位争いから一気に脱落し、4位に終わった。アリアス自身は打率.272, 25本塁打、84打点と引き続き結果を残したが、同年オフ、45本塁打・103打点の活躍ながら横浜を退団濃厚となっていたタイロン・ウッズの獲得を目指すチーム方針が固まり、ウッズに比べ成績面で劣っているアリアスの立場は一層不利になった。3億円を超える高年俸もネックとなり、12月1日に正式に退団が発表された。ジョージ・アリアス フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た岡田彰布岡田彰布

    は、正捕手として開幕ダッシュに貢献するも、その後は度々岡田監督からリード面で酷評されることが多くなる。開幕25試合目となった4月23日の対日本ハム戦で、チームは早くも15度目の2桁被安打となる13安打11失点を記録し、翌日に早くも二軍降格を味わった。その後、セ・パ交流戦では攻守に活躍して、チーム初の交流戦優勝に貢献した。リーグ戦が再開した後は、6月30日の楽天戦で9回裏に川岸強から逆転サヨナラ2ランを放ったものの、再びリード面で岡田監督から不興を買う場面が多くなり、7月18日に二軍降格。攻撃面での打力を買われてDHや代打で起用されることが多かった一方で、本業の捕手としては3度の二軍降格もあって79試合の出場に留まった。先発出場に限れば、鈴木郁洋や前田大輔などにスタメンマスクを譲る機会が多く、53試合に留まった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

242件中 71 - 80件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード