214件中 81 - 90件表示
  • 慶元秀章

    慶元秀章から見た岡田彰布岡田彰布

    この年の夏には、同学年のエース・有田二三男や2年後輩の岡田彰布らと共に全国高校野球選手権大会(第55回)に出場し、8強まで勝ち進んだ(この大会での打撃成績は、11打数6安打1打点)。慶元秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た岡田彰布岡田彰布

    1000奪三振:1988年9月16日、対対阪神タイガース22回戦(阪神甲子園球場)、3回裏に岡田彰布から ※史上77人目大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た岡田彰布岡田彰布

    3週に渡り放送。プログラム其の参『浩二さんの好きな物を浩二さんと一緒においしく食べよう』内で山本浩二の好物であるウニドリアをかけて山本浩二と中井・C級D級芸人の『中井ALL JAPAN』が野球日本代表第一次候補選手のモノマネを行った。なぜか星野JAPANと関係ない当時阪神タイガースの監督だった岡田彰布がクジから出てきて、ラストバッターの中井がモノマネする事になったりしたが、結果は全員正解しウニドリアを食べることが出来た。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース (ファーム)

    阪神タイガース (ファーム)から見た岡田彰布岡田彰布

    1999年 - 2002年 : 岡田彰布阪神タイガース (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

    モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくんから見た岡田彰布岡田彰布

    オカダ監督(岡田彰布モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん フレッシュアイペディアより)

  • 関本賢太郎

    関本賢太郎から見た岡田彰布岡田彰布

    は怪我や不振が重なった今岡誠に代わり、2番三塁手でレギュラーに定着。規定打席不足ながら打率.301, 出塁率.383を記録し、自己最多の9本塁打を放った。特にシーズン後半に首位の中日ドラゴンズを猛追する時の活躍ぶりは岡田彰布監督に「後半戦のMVP」と評された。オフの契約更改では、成績に対する評価と交渉の中で担当者にあくびをされたことを理由に1,000万円増の年俸4,000万円を保留。その後5,000万円でサインした。もっとも、関本の代理人は「彼の話は退屈であくびをするのも無理はない」と冗談半分に述べている。関本賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た岡田彰布岡田彰布

    3年夏の県大会では準決勝で銚子商と再び対戦して自ら2ランホームランを放って勝利し、続く決勝では君津高を破って全国選手権出場を決めた。選手権では3試合連続完封などの活躍を見せ、準決勝で肩を痛めながらも決勝戦でも完投し、優勝投手に輝いている。中央大学では外野手に転向し、東都大学リーグでは通算98試合出場、351打数80安打、打率.228、5本塁打、39打点の成績を残した。また、4年生のには日米大学野球の代表に選ばれ、原辰徳、岡田彰布とともにクリーンアップを任されている。河合楽器に進み都市対抗野球大会に2年連続出場、1981年のドラフト会議で4位指名されヤクルトに入団。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本シリーズ

    2005年の日本シリーズから見た岡田彰布岡田彰布

    前年の球界再編問題からプロ野球改革元年と位置付けられたこの年の日本選手権シリーズは、セ・リーグ優勝の岡田彰布監督が率いる阪神タイガースとパ・リーグ優勝のボビー・バレンタイン監督が率いる千葉ロッテマリーンズの対決となった。(パ・リーグレギュラーシーズンで2位であったロッテが、プレーオフで福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン1位)・西武ライオンズ(同3位)に勝利しパ・リーグ優勝チームとなった)2005年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 第55回全国高等学校野球選手権大会

    第55回全国高等学校野球選手権大会から見た岡田彰布岡田彰布

    岡田彰布(北陽?早稲田大学?阪神?オリックス)第55回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝

    阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝から見た岡田彰布岡田彰布

    「選手編(8) 生涯阪神 道一筋岡田彰布阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝 フレッシュアイペディアより)

214件中 81 - 90件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード