217件中 51 - 60件表示
  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た角川書店

    『なぜ阪神は勝てないのか? 〜タイガース再建への提言』(江夏豊との共著)角川ONEテーマ21 2009年、角川書店、ISBN 978-4-04-710206-4岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見たデイリースポーツ

    1980年に阪神へ入団。1995年にオリックス・ブルーウェーブで現役を引退。その後、オリックス・阪神の二軍監督・コーチ・監督を歴任した。オリックス監督退任後の2013年からはデイリースポーツの野球評論家を務める。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た讀賣テレビ放送

    からは、デイリースポーツの野球評論家に復帰。同紙では1月から、球界の旬の話題などを独特の見解で定義付けるコラム「岡田辞典」の連載を開始した。また、フリーの立場で、ABCラジオ・読売テレビを中心にプロ野球中継での解説も再開している。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見たフジテレビ

    1994年の春のキャンプ中、オリックスに89年1位で入団しながら伸び悩んだパンチ佐藤がフジテレビ「プロ野球ニュース」のカメラの前で「今年、復活に賭ける男」と宣言。この年阪神から移籍した岡田を見つけると「岡田さん、一緒に写って下さい。一緒にカメラの前で、今年復活にかける、と言いましょう!」と力強く誘ったが、岡田は引きつった笑みを見せながらあからさまに嫌がり「復活って、俺はそうやが、お前、ええ時あったんか」と返した。なおも「いや、これでもお立ち台に立ったこともあるんです。今年にとにかく賭けてるんです。一緒に写りましょう!」と食い下がったが、一流選手としてのプライドが高いことで有名な岡田が呆れ返り「復活って、お前、何もないやないか」「一緒にすんなよ」とあくまで拒否。パンチにとって吉兆とはいえない現役最後のシーズンの始まりであった。オープン戦では打席に立ったときに阪神ファンからも応援される光景が観られた。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た味の素

    味の素 ほんだし うどんおでんだし(オリックスコーチ時代、坂田利夫と共演。「どんでんでんねん」の台詞が話題となる。どんでんの愛称はこれに由来)岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た吉本興業

    著書ではストレス解消法として飲酒(現在は焼酎党)、カラオケ、手品やニンテンドーDSの脳トレを挙げている。また、吉本系などのお笑い番組もリラックスするときはよく見ており、夫人が録画したビデオテープをリビングに置いてくれたこともあった。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た村山実

    大阪市中央区玉造で町工場を経営していた父親は、阪神の有力後援者で、村山実・藤本勝巳ら選手と親交があったことから、幼少時よりタイガースと縁深く育った。幼稚園児の頃に、当時のタイガースの三塁手であった三宅秀史とキャッチボールし、それ以来、三宅に憧れを抱いたという。後に阪神に入団した岡田が背番号16を希望したのは、かつて三宅がつけていた番号だからである。小学5年の時、南海ホークスが運営していた少年野球チーム「リトルホークス」で本格的に野球を始めた。この入団は「阪神が少年野球チームを持っていなかった」というのも理由だった。また父の会社では草野球チームを結成し、岡田自身も投手として村山の背番号「11」を付けてマウンドに登った。岡田の証言によれば、野手は阪神二軍の若手選手だったという。また岡田は少年時代からタイガースの試合を見に阪神甲子園球場へ出かけることが多かったが、観戦する場所はネット裏やタイガースファンの多い一塁側ではなく、敵側ベンチのある三塁側ベンチ横だった。その場所は阪神のライバル・読売ジャイアンツの三塁手・長嶋茂雄を一番近くで見ることができるので、そこからヤジを飛ばすためという理由だった。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見たJFK (阪神タイガース)

    しかし、日本シリーズは千葉ロッテマリーンズに4戦4敗のストレート負けとなった。また、その際にリードされているからという理由でJFK(ジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之)を起用しなかったことにファンや解説者にマスコミなどから不満があがった。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た遠藤一彦

    200本塁打:1989年8月3日、対横浜大洋ホエールズ15回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に遠藤一彦から左越ソロ ※史上58人目岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た焼酎

    口癖は「そらそうよ」。これに由来する「そらそーよ」という焼酎も発売され、「そら、そうよ」として自身の著書のタイトルにもなった。また、何を指しているのか分かりにくい「アレ」を多用する癖がある。長男からは「主語を抜いていることが多い」、実母からは「あの子は言葉の真ん中を抜かして話すことが多い」という指摘がなされている。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

217件中 51 - 60件表示

「岡田彰布」のニューストピックワード