45件中 11 - 20件表示
  • ジョホールバルの歓喜

    ジョホールバルの歓喜から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    延長戦開始と同時に日本は、北沢豪に代えて俊足のFW岡野雅行を投入。最終予選においてそれまで一度たりとも出場機会を与えられていなかったが、中田からのパスに何度もゴールに迫る。しかし、GKとの1対1となった決定的なチャンスにおいて、シュートを打たず、ゴールに走りこんできていた中田へ出した力ないパスをカットされてチャンスをつぶしたり、次のチャンスではシュートを打ったもののゴールのはるか上に打ち上げてしまう。ジョホールバルの歓喜 フレッシュアイペディアより)

  • 名波浩

    名波浩から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    1.佐藤洋平、2.名良橋晃、3.相馬直樹、4.井原正巳、5.柱谷哲二、6.山口素弘、7.中田英寿、8.北澤豪、9.中山雅史、10.名波浩、11.三浦知良、12.澤登正朗、13.望月重良、14.岡野雅行、15.森島寛晃、16.本田泰人、17.秋田豊、18.城彰二、19.中西永輔、20.西澤明訓、21.小村徳男、22.平野孝、23.前園真聖、24.土田晃之、99.矢部浩之名波浩 フレッシュアイペディアより)

  • 野猿

    野猿から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    FIFAワールドカップ予選で日本初出場を決めるゴールを挙げた岡野雅行のニックネーム「野人」より由来(「岡野は野人だから、君たちは野猿」と石橋が名づけた)。しかしこれは他の番組に出演する為に後から付けられたものである。野猿 フレッシュアイペディアより)

  • 土曜日の生たまご

    土曜日の生たまごから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    2008年8月以降、スペシャル版として 山陰地方ローカル番組史上初となるゴールデンタイム放送を行った。2008年のスペシャルではタレントのルー大柴、2010年2月の放送では元サッカー日本代表の岡野雅行選手、2011年2月の放送では空手形女子アジア王者の宇佐美里香選手をゲストに迎えた。土曜日の生たまご フレッシュアイペディアより)

  • TEAM 2000

    TEAM 2000から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    その他、鈴木尚典、三浦大輔、中山雅史、岡野雅行、武蔵丸光洋、千代大海龍二、SEX MACHINEGUNSなど業界外にもメンバーがいる。これは、チームのモチーフであるnWoが取っていた手法(NBAのスター選手をnWoのメンバーに加入させる)を踏襲している。TEAM 2000 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・カニーヒア

    クラウディオ・カニーヒアから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    岡野雅行 - 鳥取FW。トレードマークの長髪はカニーヒアに影響された。クラウディオ・カニーヒア フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎瑛一郎

    尾崎瑛一郎から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    チームメイトである岡野雅行とは仲が良い。岡野が暇な時に意図なく電話をかける相手であるため、本来の用件をしゃべるまでに3分かかるとの事。尾崎瑛一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 長島裕明

    長島裕明から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    日本大学卒業後に湘南ベルマーレの前身であるフジタ工業サッカー部でプレー。1991年に現役を退いた後は指導者に転じ、24歳で日本大学サッカー部のコーチに就任。当時の教え子には岡野雅行がいる。1996年から1998年には、徳島ヴォルティスの前身である大塚FCヴォルティス徳島のコーチ、U-15の監督を務めた。長島裕明 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    背番号をかつて野人こと岡野雅行の「7」に変更。しかし、1stステージはエメルソンとトゥットがレギュラーで控えが田中達也、永井はFWの4番手という扱いを受け、ベンチを温める日が続いた。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 長坂哲夫

    長坂哲夫から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    「サッカー日本代表の試合をフジテレビで中継すると負けない」(勝利か引き分け)という不敗神話が生まれ、1997年11月16日のFIFAワールドカップフランス大会出場をかけたプレーオフイラン戦(ジョホールバルの歓喜)の中継がフジテレビの担当となり、不敗神話の全試合を実況していたのが偶然にも長坂だったため、この試合の実況担当となった。岡野雅行が日本代表のワールドカップ初出場を決めるVゴールを決めた時の、「日本、勝った!」という声を裏返しながらの実況は、このシーンが流れたときによく耳にする。また、2002年ワールドカップ日韓大会で初勝利を挙げたロシア戦でも実況を務めた。長坂哲夫 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「岡野雅行」のニューストピックワード