45件中 31 - 40件表示
  • 福井理人

    福井理人から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    愛称の「バキ」は岡野雅行が命名。理由は彼の上半身の肉体を見た岡野が範馬刃牙を連想したためである。福井理人 フレッシュアイペディアより)

  • 森孝慈

    森孝慈から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    塚本に代わって半年後に就任した犬飼基昭社長、強化本部長に転任した中村修三とともにチームを改革、3年計画下でのハンス・オフト監督を招聘しチームを強化、基礎作り2年の後2004年、ギド・ブッフバルト監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチを招聘、大型補強の敢行で浦和に悲願のJリーグステージ初優勝、2005年第85回天皇杯、2006年第86回天皇杯連覇をもたらし今日につながるレッズの礎を築いた。オフトやブッフバルト、闘莉王、三都主らの獲得、岡野雅行のレッズ復帰は、森GM=中村強化本部長コンビで行い、犬飼社長が最終決定を下したもの。また在任中、ユース、ジュニアユースの改革に着手し教育ではなくプロ育成の下部組織として再スタートさせた。2006年1月31日をもってGMを退任。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年

    1972年から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    7月25日 - 岡野雅行、サッカー選手1972年 フレッシュアイペディアより)

  • 7月25日

    7月25日から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    1972年 - 岡野雅行、サッカー選手7月25日 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンゴール

    ゴールデンゴールから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    主なゴールデンゴールとしては、1996年の欧州選手権決勝・ドイツ対チェコ戦のオリバー・ビアホフによるゴール、1998年のワールドカップフランス大会決勝トーナメント1回戦・フランス対パラグアイ戦のローラン・ブランによるゴール、UEFA欧州選手権2000決勝・フランス対イタリア戦のダビド・トレゼゲによるゴール、2002年のワールドカップ日韓大会決勝トーナメント1回戦・韓国対イタリア戦の安貞桓によるゴール、同大会決勝トーナメント1回戦・スウェーデン対セネガル戦のアンリ・カマラによるゴールがあげられる。また女子サッカーでは2003 FIFA女子ワールドカップ決勝・ドイツ対スウェーデン戦のニア・キュンツァーによるゴールがある。日本においては、ワールドカップフランス大会アジア最終予選の日本対イラン戦(ジョホールバルの歓喜)における岡野雅行のゴールが有名である。ゴールデンゴール フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    サッカージャーナリストの大住良之は、カズの特質として「並外れた精神力」を挙げている。カズよりもシュート力・テクニック・スピードのある選手はいるが、精神的な強さでカズをしのぐ選手はいないと評している。岡野雅行は「ココ一番な場面では必ずゴールを決めるし、大舞台にもビクともしない」とコメントしている。プロ野球選手のイチローは「価値観が同じというか、種目は違うけど互いの考え方を理解しあえる人。大きなプレッシャーを背負いながら、あれだけの力を発揮できる集中力・精神力はさすが」とコメントしている。また、横浜FCでのチームメイト・早川知伸は「カズさんがすごいのはメンタル。精神力があるからこそ、技術も体力も衰えない」、小野智吉は「本当にサッカーが好き。43歳でも、中学生のような気持ちを忘れない」と話した。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    1997年に韓国との親善試合でフル代表デビュー。W杯アジア最終予選で苦しむフル代表をW杯初出場へと導く原動力となった。アジア予選の成績不振により加茂代表監督が更迭され、岡田ヘッドコーチが監督に就任すると、アウェイのウズベキスタン戦でスターティングメンバーから外されて後半から出場することになったが、これ以後、監督の構想から外れるという理由で代表戦に出られなかったことは一度もない。アジア第3代表決定戦となったプレーオフ・イラン戦では、中山雅史、城彰二、岡野雅行の上げた全てのゴールの決定機を作る活躍で勝利に貢献、『ジョホールバルの歓喜』と称して語られている。中田自身も、この試合の結果があったから国内外でメディアに注目され、同年12月に各国のスタープレーヤーを招いて行われた「フランスW杯組み合わせ抽選会記念試合 世界選抜対欧州選抜」に出場することになり(後半途中からはキャプテンマークを巻いてプレーした)、日本代表の責任を負っていくような立場になっていく、ターニングポイントになった試合だったことを語っている 。その後引退までに計8回にわたって世界選抜試合に招かれ、現役引退後も世界選抜試合や親善試合に出場している(を参照)。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

  • 手島右卿

    手島右卿から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    妻は仮名書家の手島小華、次弟と末弟は、いずれも書家の高松慕真と南不乗。宗教家の岡田晃弥は子。プロサッカー選手の岡野雅行は孫。手島右卿 フレッシュアイペディアより)

  • 港北区

    港北区から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    岡野雅行(サッカー選手)港北区 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    1998年フランス大会は、日本にとってワールドカップ本大会初出場を自力で果たす最後のチャンスとなった。それは、2002年に日本でのワールドカップが開催されることが決定していたためである。1997年のフランス大会予選では、最終予選グループでは韓国に次ぐ2位となったものの、プレーオフでは延長戦の末、岡野雅行のゴールデンゴールでイランを3-2で破り、1954年のスイス大会予選から43年越し10回目の挑戦にして悲願のワールドカップ出場権を獲得した(ジョホールバルの歓喜)。サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「岡野雅行」のニューストピックワード