57件中 31 - 40件表示
  • ロック総統

    ロック総統から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    錦糸町フットボール義勇軍の放送やイベントに協力してくれたゲストやスタッフ、義勇軍ネームと階級を付けることが恒例となっているが、思いつきで適当に付けるため、本人も忘れていることも多い。元日本代表で現ガイナーレ鳥取の岡野雅之には江田島軍曹と命名した。ロック総統 フレッシュアイペディアより)

  • TEAM 2000

    TEAM 2000から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    その他に前述の草彅剛、ユースケ・サンタマリア、鈴木尚典、三浦大輔、中山雅史、岡野雅行、武蔵丸光洋、千代大海龍二、SEX MACHINEGUNSなど業界外にもメンバーがいる。これは、チームのモチーフであるnWoが取っていた手法(NBAのスター選手をnWoのメンバーに加入させる)を踏襲している。TEAM 2000 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・チャレンジャー

    三菱・チャレンジャーから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    岡野雅行 - 1998年のテレビCMに出演している。三菱・チャレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 1999年J1最終節

    1999年J1最終節から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    浦和のゲームは、浦和が主力であるピクンと岡野雅行が欠場。対する広島もポポヴィッチ、藤本主税、久保竜彦が欠場し、お互いに主力を欠いてのスタートとなった。1999年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • チュウブYAJINスタジアム

    チュウブYAJINスタジアムから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    元日本代表で2009年からガイナーレに加入した岡野雅行が、かつて加入を目指したオランダの名門・アヤックス・アムステルダムの練習環境に感銘を覚えたことからこの構想に賛同し、ガイナーレが日本フットボールリーグ (JFL) で首位となりJ2昇格が現実味を帯びてきた2010年7月に、岡野の愛称『野人』の名前を冠した「野人続々!プロジェクト」を企画、米子市安倍にサッカー専用スタジアム「YAJINスタジアム」と、スタジアムを中心としたスポーツ交流公園「強小の森スポーツパーク」を整備する計画を発表した。チュウブYAJINスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 7月25日

    7月25日から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    1972年 - 岡野雅行、サッカー選手7月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 長坂哲夫

    長坂哲夫から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    「サッカー日本代表の試合をフジテレビで中継すると負けない」(勝利か引き分け)という不敗神話が生まれ、1997年11月16日のFIFAワールドカップフランス大会出場をかけたプレーオフイラン戦(ジョホールバルの歓喜)の中継がフジテレビの担当となり、不敗神話の全試合を実況していたのが偶然にも長坂だったため、この試合の実況担当となった。岡野雅行が日本代表のワールドカップ初出場を決めるVゴールを決めた時の、「日本、勝った!」という声を裏返しながらの実況は、このシーンが流れたときによく耳にする。また、2002年ワールドカップ日韓大会で初勝利を挙げたロシア戦でも実況を務めた。長坂哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • やったね!ラモズくん

    やったね!ラモズくんから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    通称:野人。無口でニヒルな性格。『リッジレーサー』のネタで神速のように走らされる。モデルは岡野雅行やったね!ラモズくん フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取だらずプロレス

    鳥取だらずプロレスから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    10月2日八頭道の駅はっとう大会で原口知弥がデビュー。メインのバトルロイヤルでは原口が棚ボタから初勝利を飾った。10月9日は肉フェス@YAJINスタジアムの中で大会が開催された。初のガイナーレ鳥取とのコラボである。試合ではガイナーレ鳥取のGM岡野雅行がEOGの凶器攻撃やゴムパッチンを受け、場内は歓声に包まれた。そしてメインイベントでは数珠つなぎブレーンバスターに参加。ガイナタイガー組が勝利した。鳥取だらずプロレス フレッシュアイペディアより)

  • ジョホールバルの歓喜

    ジョホールバルの歓喜から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    延長戦開始と同時に、日本はMF北澤に代えて5人目のFW岡野雅行を投入。岡野は最終予選においてそれまで一度も出場機会を与えられていなかったが、中田からのパスに俊足を活かして何度もゴールに迫る。しかし、GKと1対1になる絶好機でシュートを打たず、ゴール前へ走りこんできた中田へのパスを選択してチャンスをつぶし、次のチャンスではシュートを打ったもののゴールのはるか上に打ち上げてしまう。城はゴールへ迫った際にアベドザデと接触、この時から岡野の決勝ゴールの場面までの記憶が全くないという。ジョホールバルの歓喜 フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「岡野雅行」のニューストピックワード