57件中 41 - 50件表示
  • 森孝慈

    森孝慈から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    社長の犬飼基昭、強化本部長に転任した中村修三とともにチームを改革、3年計画下でのハンス・オフトを監督に招聘しチームを強化、基礎作り2年の後2004年、ギド・ブッフバルト監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチを招聘、大型補強の敢行で浦和に悲願のJリーグステージ初優勝、2005年第85回天皇杯、2006年第86回天皇杯連覇をもたらし今日につながるレッズの礎を築いた。オフトやブッフバルト、闘莉王、三都主らの獲得、岡野雅行のレッズ復帰は、森GM=中村強化本部長コンビで行い、犬飼社長が最終決定を下したもの。また在任中、ユース、ジュニアユースの改革に着手し教育ではなくプロ育成の下部組織として再スタートさせた。2006年1月31日をもってGMを退任。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    小野や福田、外国人選手の故障、前年に好成績を残したことにより補強はいらないというフロントの判断で成績は再び低迷。シーズン途中で経営陣は原を更迭、後任にア・デモスを迎えるが、最終戦で福田がVゴールを決めて勝利したにもかかわらず得失点差1で年間順位15位でJリーグ ディビジョン2(J2)へ降格し、「世界で一番悲しいVゴール」と呼ばれた。シーズン途中に中村忠、路木龍次、フェルナンド・ピクン、中谷勇介を獲得、また留学していたカールスルーエSCから永井雄一郎を、練習生としてアヤックスに参加していた岡野雅行を呼び戻すも結果には結びつかなかった。Jリーグトップクラスの人気チームがJ2降格という出来事はテレビや新聞、雑誌などでも特集された。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 清水秀彦

    清水秀彦から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    監督・コーチ業から離れている期間は、主にフジテレビ系列を中心にサッカー解説を務めている。後に「ジョホールバルの歓喜」と称される1997年のワールドカップフランス大会アジア第3代表決定戦・イラン戦でも解説を担当し、シーソーゲームで延長突入となった試合展開にも冷静な解説を続けていたが、岡野のゴールデンゴール(Vゴール)が決まった瞬間「やったー!!」と絶叫したシーンが10年以上経過した現在でも放送されることは多い。京都、仙台で監督として現場復帰していた期間を挟み、2004年10月からは『感動ファクトリー・すぽると! WEEKEND SPECIAL』のレギュラー解説者を務めている。清水秀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 名波浩

    名波浩から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    1.佐藤洋平、2.名良橋晃、3.相馬直樹、4.井原正巳、5.柱谷哲二、6.山口素弘、7.中田英寿、8.北澤豪、9.中山雅史、10.名波浩、11.三浦知良、12.澤登正朗、13.望月重良、14.岡野雅行、15.森島寛晃、16.本田泰人、17.秋田豊、18.城彰二、19.中西永輔、20.西澤明訓、21.小村徳男、22.平野孝、23.前園真聖、24.土田晃之、99.矢部浩之(ナインティナイン)名波浩 フレッシュアイペディアより)

  • 港北区

    港北区から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    岡野雅行(サッカー選手)港北区 フレッシュアイペディアより)

  • 内間安路

    内間安路から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    内間を支援する会 - 発起人を岡野雅行が、代表を尾崎瑛一郎が務める、妻の智美が2013年12月に発症した肛門管癌の治療費の募金を募ったサイト内間安路 フレッシュアイペディアより)

  • 城彰二

    城彰二から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    「車にボールをぶつける」「ジャンケン」「バスを間違える岡野」「お願い・照れる」編 - 三浦知良、岡野雅行との共演城彰二 フレッシュアイペディアより)

  • 四方田修平

    四方田修平から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    サッカーを始めたのは横浜市で小学校に入学してからであり、千葉県に引っ越すまで約1年半プレーした。幼稚園時代から小学校2年生の途中までは岡野雅行と同級生として過ごし、同じサッカークラブに所属していた。千葉県に引っ越した後は、地元にサッカーチームがなかったため野球を始めたが、小学校5年の時から再び部活動でサッカーに復帰した。四方田修平 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年

    1972年から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    7月25日 - 岡野雅行、サッカー選手1972年 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た岡野雅行 (サッカー選手)岡野雅行 (サッカー選手)

    力道山も馬場も、その支持者は「ファン」であるが猪木のファンは「猪木信者」である。猪木信者の代表的な人物は春一番、桑田佳祐、桜井和寿、和田竜二、石橋貴明、岡野雅行など多数に上る。信者は猪木のことを「会長」または「先生」と呼ぶのが特徴。森岡隆三は、サッカーアジア杯で優勝した際に「1! 2! 3! ダァ〜!」を行っていたが、その姿を見た彼の妻に「今度猪木のマネをしたら、離婚する」とまで言われたという。和田はテイエムオペラオーで宝塚記念を勝った時には「ダァ〜!」(1! 2! 3!は無し)を、同年の有馬記念では「1! 2! 3! ダァ〜!」を行った。桑田佳祐は、サザンオールスターズのライブの際、ライブ終了後に「1! 2! 3!ダァ〜!」をやるのがかつてのお約束であった。また、ダァ〜!ばかりか桑田はライブが佳境を迎え盛り上がると、何度となくアゴを突き出しファイティングポーズを取っていた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「岡野雅行」のニューストピックワード