23件中 11 - 20件表示
  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た岩崎達郎岩崎達郎

    内野手:1堂上直倫、2荒木雅博、6井端弘和、7佐伯貴弘、30森野将彦、36谷哲也、42トニ・ブランコ、46岩崎達郎、50中田亮二、55福田永将2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本シリーズ

    2013年の日本シリーズから見た岩崎達郎岩崎達郎

    内野手:阿部、西田、岩崎2013年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た岩崎達郎岩崎達郎

    東北楽天ゴールデンイーグルスは、長谷部康平、金無英、山内壮馬、高堀和也、後藤光尊、岩崎達郎、大坂谷啓生、榎本葵に戦力外通告したことを発表。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た岩崎達郎岩崎達郎

    井端の途中離脱・新外国人ディオニス・セサルや主砲トニ・ブランコの不調など、貧打に苦しみ、リリーフ投手陣に助けられて球団最多となる12回のサヨナラ勝ちを記録しつつ優勝。森野・和田が打線を牽引しつづけ、若手の堂上剛裕・直倫兄弟・岩崎達郎・大島洋平らが台頭した。シーズンMVPは和田一浩。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • トマス・デラロサ

    トマス・デラロサから見た岩崎達郎岩崎達郎

    主に代打や守備固め要員として活躍。ただし本来の荒木の代役としては、二塁手での数試合の先発を経て首脳陣から失格とされたのか、岩崎達郎など若手に出場機会を譲っている。しかし北京オリンピックから荒木が復帰した直後に井端が負傷したため、代役として遊撃手のポジションを務めていた。2008年5月10日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)の8回に山口鉄也から日本での初本塁打を放つ。同年オフにはヘッドコーチの森繁和と共に主にドミニカ方面へのスカウト活動もした。12月16日に正式に残留が決定。トマス・デラロサ フレッシュアイペディアより)

  • バーゲンセール (お笑いコンビ)

    バーゲンセール (お笑いコンビ)から見た岩崎達郎岩崎達郎

    プロ野球選手の岩崎達郎とは、小学校、中学校共に同じで、同級生同士。クラスも同じになったことがあり、双方の父親も同級生同士。バーゲンセール (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 12月28日

    12月28日から見た岩崎達郎岩崎達郎

    1984年 - 岩崎達郎、プロ野球選手12月28日 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬谷区

    瀬谷区から見た岩崎達郎岩崎達郎

    岩崎達郎(プロ野球選手、東北楽天ゴールデンイーグルス)瀬谷区 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た岩崎達郎岩崎達郎

    12月28日 - 岩崎達郎、元プロ野球選手1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た岩崎達郎岩崎達郎

    1年を通してみると、序盤には先発投手陣の不調、野手では主力の井端がシーズン中盤から故障による長期離脱などがあり、一時は首位巨人に最大8ゲーム差をつけられたが、浅尾や高橋ら中継ぎ投手陣の活躍、和田や森野らがチームを牽引する一方で井端に代わってレギュラーに定着した堂上直倫ら若手の台頭、などもあり、後半戦から追い上げを見せた。優勝マジックを1とした10月1日、チームは試合がなかったものの、マジック対象の阪神が広島に敗れたことから4年ぶり8度目のリーグ優勝となり、巨人のリーグ4連覇を阻止した。なお、この年はJリーグ・名古屋グランパスエイトもJ1リーグ初制覇を果たしており、プロ野球・Jリーグの双方で名古屋市に本拠地を置くチームが優勝に沸くこととなった。自己最多の37本塁打を放った和田一浩がMVPに輝いた。クライマックスシリーズでは、3位の巨人と第2ステージを戦い4勝1敗として、3年ぶりに日本シリーズ出場。千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは、大車輪の活躍だった浅尾が第6戦以降は大ブレーキ。8回2死2塁の状況でに2ストライクと追い込みながらサブローに同点タイムリーを打たれて好投していたチェンの勝ちを消滅させてしまい延長戦。その後10回裏から14回裏まで5イニング連続で得点圏に走者を進めながらその全てで得点を奪えずしかも9回から小池、荒木、当時代打の岩崎達郎と3イニング続けてその前のバッターが出塁しながら送りバントを失敗したのも祟り延長15回まで、シリーズ歴代最長時間試合となる5時間43分の末、2対2で引き分け。第7戦は2試合連続の延長戦となったが、慣れない4イニング目の浅尾が今江にフォアボールを与え岡田幸文に決勝のタイムリースリーベースヒットを打たれて自滅しロッテに7対8で逆転負けで敗れ、2勝4敗1分で敗退。第6戦に記録したチームの16残塁は日本シリーズ史上最多という不名誉なおまけもついてしまった。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示

「岩崎達郎」のニューストピックワード