前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
6735件中 1 - 10件表示
  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た岩手県岩手県

    岩手県宮古市+下閉伊郡田老町+新里村=宮古市(新設)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • 平成28年台風第10号

    平成28年台風第10号から見た岩手県岩手県

    平成28年台風第10号(へいせい28ねんたいふうだい10ごう、アジア名:ライオンロック)は、2016年(平成28年)の11番目(後述)に発生した台風である。日本の南で複雑な動きをした台風であり、数日間、西寄りの進路を通った後、東寄りに進路を変え、北上し、8月30日18時前に岩手県大船渡市付近に上陸。1951年(昭和26年)に気象庁が統計を取り始めて以来初めて東北地方の太平洋側に上陸した台風となった。この非常に珍しい進路が特徴である。平成28年台風第10号 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方太平洋沖地震

    東北地方太平洋沖地震から見た岩手県岩手県

    この地震は、2011年3月11日14時46分18.1秒、牡鹿半島の東南東約130kmの太平洋(三陸沖)の海底(北緯38度06.2分、東経142度51.6分)、深さ約24kmを震源として発生した。太平洋プレートと北アメリカプレートの境界域(日本海溝付近)における海溝型地震で、震源域は岩手県沖から茨城県沖にかけての南北約500km、東西約200km、およそ10万平方キロの広範囲にわたった。地震の規模を示すマグニチュードはMw9.0(Mjma8.4)で、大正関東地震(1923年)のMj7.9, Mw8.2を上回る日本観測史上最大であるとともに、世界でもスマトラ島沖地震(2004年)以来の規模で、1900年以降でも4番目に大きな超巨大地震であった。東北地方太平洋沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 舟っこ流し

    舟っこ流しから見た岩手県岩手県

    舟ッコ流し(ふねっこながし)は岩手県盛岡市に藩政時代から伝わる送り盆行事。舟っこ流し フレッシュアイペディアより)

  • 宮古市

    宮古市から見た岩手県岩手県

    宮古市(みやこし)は、岩手県の三陸海岸に面する市。本州最東端の地である魹ヶ崎を擁する。宮古市 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た岩手県岩手県

    岩手・宮城内陸地震(いわて・みやぎないりくじしん)は、2008年(平成20年)6月14日午前8時43分(JST)頃に岩手県内陸南部(仙台市の北約90km、東京の北北東約390km)で発生した、マグニチュード7.2 の大地震。岩手県奥州市と宮城県栗原市において最大震度6強を観測し、被害もこの2市を中心に発生した。被害の特徴として、同じ規模の地震と比較して、建物被害が少なく土砂災害が多いことが挙げられる。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県

    宮城県から見た岩手県岩手県

    明治4年7月14日(1871年8月29日)の廃藩置県によって設置された仙台県が県庁所在地とした、江戸時代における仙台城下町は、その多くが従前は宮城郡(一部名取郡)だったことから、明治5年1月8日(1872年2月16日)に「宮城県」と改称された。当県の領域は仙台県時代から紆余曲折があり、明治9年(1876年)8月21日にほぼ現在の形となった。これを江戸時代の仙台藩の知行面積と比べると、約2/3に減った(現在の福島県新地町や同藩の約1/3を占める岩手県南部を失い、なおかつ陸奥国外の茨城県および滋賀県にあった飛び地をも失った)。仙台城の縄張りが始まった慶長5年12月24日(1601年1月28日)より270年あった仙台藩に対して宮城県はその半分ほどの歴史しかないことや、仙台市に宮城県民の%が居住するプライメイトシティであることから、仙台市域より広く当県全域に及ぶ文物に「宮城」より「仙台」が優先して使用される例がよく見られる(仙台平野・仙台弁・仙台牛・仙台宮城など)。宮城県 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た岩手県岩手県

    北東北の蝦夷(俘囚)は、岩手県の北上盆地(奥六郡、日高見国)を中心に、奥羽山脈を挟んで隣接する秋田県の横手盆地にも勢力が存在していた。これら内陸系蝦夷(仙道蝦夷)勢力は、表面上俘囚となりながらも独自の勢力を保ち、鎌倉時代に至るまで、「南東北の畿内政権側」対「北東北の俘囚(蝦夷)側」という対立が続いた。奈良時代に、畿内政権側の宮城県遠田郡涌谷町(現在の黄金山神社周辺)で、日本で初めて金が発見されると、米と共に金を巡る富の争いが、両勢力の間で始まった。前九年の役や後三年の役などを経て、北東北では俘囚長の奥州藤原氏が勢力を伸ばし、金を背景として富を蓄積した。その富により、奥州藤原氏の本拠地たる平泉は、平安京に次ぐ日本第二の都市に発展した。奥州藤原氏は南東北側にも攻め込み、北東北(俘囚側)と南東北(畿内政権側)という勢力バランスは崩れて東北地方は統一された。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤初代

    伊藤初代から見た岩手県岩手県

    伊藤忠吉は、岩手県江刺郡岩谷堂字上堰14番地(現・奥州市江刺区岩谷堂)の出身で、大きな農家の長男であったが、土地の風習で長子である姉・つねよが婿養子を迎えて伊藤家を継いだため、忠吉は同村の菅原家の婿入りし二児を儲けた。しかし忠吉の結婚生活はうまくいかず離婚し、職を求めて1897年(明治30年)に故郷を出て、北海道や仙台市を経て福島県若松市に渡っていた。伊藤初代 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台藩

    仙台藩から見た岩手県岩手県

    仙台藩(せんだいはん)は、江戸時代に陸奥国の仙台城(現・宮城県仙台市)に藩庁を置いた、表高62万石の藩である。現在の岩手県南部から宮城県全域までと福島県新地町の約60万石を一円知行で治め、現在の茨城県および滋賀県に合計約2万石の飛び地があった。仙台藩 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
6735件中 1 - 10件表示

「岩手のできごと」のニューストピックワード