5463件中 11 - 20件表示
  • 宮古市

    宮古市から見た岩手県岩手県

    宮古市(みやこし)は、岩手県の三陸海岸に面する市。宮古市 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台藩

    仙台藩から見た岩手県岩手県

    仙台藩(せんだいはん)は、江戸時代に陸奥国の仙台城(現・宮城県仙台市)に藩庁を置いた、表高62万石の藩である。現在の岩手県南部から宮城県全域までと福島県新地町の約60万石を一円知行で治め、現在の茨城県および滋賀県に合計約2万石の飛び地があった。仙台藩 フレッシュアイペディアより)

  • 気仙沼市

    気仙沼市から見た岩手県岩手県

    当市域はかつて本吉郡に属していたが、北側に隣接する岩手県沿岸南部の気仙郡地域(大船渡市・陸前高田市ほか)とは古くから一つの地域圏を形成しており、江戸時代には同じ仙台藩に属していた背景から方言も近似する。現在でも県境を越えた交流が深く、当市は三陸海岸南部の商業拠点となっている。また、変化に富んだリアス式海岸の観光も発展している。気仙沼市 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年下半期の市町村合併

    2005年下半期の市町村合併から見た岩手県岩手県

    岩手県岩手郡西根町+松尾村+安代町=八幡平市(新設/市制)2005年下半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の市町村合併

    2006年の市町村合併から見た岩手県岩手県

    岩手県花巻市+稗貫郡大迫町+石鳥谷町+和賀郡東和町=花巻市(新設)2006年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 南東北

    南東北から見た岩手県岩手県

    それまでの東北地方は、奥羽山脈によって東西に分断され、冬は雪の影響で各所で通行止めとなるため、首都・東京との関係から、南北の幹線を整備して一年を通じた安定交通路の形成や高速化を主眼に開発がされてきた(東北本線・奥羽本線・常磐線・東北自動車道・東北新幹線など)。1990年代に入ると、東北地方内の東西の連絡高速道路(秋田自動車道・山形自動車道・磐越自動車道)や山形新幹線・秋田新幹線などが建設・供用開始され、東西交通の高速化をもたらして東西関係が密接になるようになった(東西高速道路は、冬でも安定した交通路)。特に、岩手県と秋田県は政治的に、宮城県と山形県は経済的に繋がりを深める事態になった。この流れに巻き込まれる形で、北東北3県(青森・岩手・秋田)、南東北3県(宮城・山形・福島)という枠組みが作られていった。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 熊坂義裕

    熊坂義裕から見た岩手県岩手県

    熊坂 義裕(くまさか よしひろ、1952年1月10日 - )は、日本の医師、政治家。盛岡大学栄養科学部教授、京都大学医学部非常勤講師。医療法人双熊会理事長、日本糖尿病学会専門医。2009年まで岩手県宮古市市長を務めた。熊坂義裕 フレッシュアイペディアより)

  • 平野達男

    平野達男から見た岩手県岩手県

    岩手県北上市生まれ。岩手県立水沢高等学校理数科、東京大学農学部農業工学科卒業。1977年農林省に入省。なお平野が入省した翌年、農林省は農林水産省に改編された。農水省では本省での勤務の他、直轄土地改良事務所での勤務も経験し、技官を務めた。また出生地である岩手県への出向も経験している。在職中、アイオワ州立大学大学院に留学し、修士号を取得。2001年に農水省を退官。平野達男 フレッシュアイペディアより)

  • 重要港湾

    重要港湾から見た岩手県岩手県

    久慈港(岩手県/1975年4月22日)重要港湾 フレッシュアイペディアより)

  • 御茶の水美術専門学校

    御茶の水美術専門学校から見た岩手県岩手県

    2012年5月、東日本大震災の被災地岩手県陸前高田市にて津波により店舗を喪失した写真館スタジオヒロシの店長、佐々木宏の依頼で御茶の水美術専門学校はスタジオヒロシのロゴマークを制作、採用となった。尚、写真館スタジオヒロシは2011年末に仮設店舗として営業を再開していた。御茶の水美術専門学校 フレッシュアイペディアより)

5463件中 11 - 20件表示

「岩手のできごと」のニューストピックワード