5463件中 61 - 70件表示
  • 青森県

    青森県から見た岩手県岩手県

    南に岩手県、秋田県が隣接し、津軽海峡を渡った北に北海道が位置する。東に太平洋、西に日本海が面する。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • みちのく銀行

    みちのく銀行から見た岩手県岩手県

    支店は青森県を中心に、北海道、秋田県、岩手県、宮城県及び東京都にある。近年は青森県内のほか北海道函館地区にも積極的に進出しており、さらに店舗外ATMの積極展開と稼働時間の延長を図っている。みちのく銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見た岩手県岩手県

    その範囲に法律上の明確な定義はないものの、一般には青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の6県を指す。これら6県は、本州の約3割の面積を占める。東北地方は東日本に位置するが、気象や歴史地理学などでは北海道と一緒に北日本とされる。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 大瀧詠一

    大瀧詠一から見た岩手県岩手県

    1948年 - 岩手県梁川村(現・奥州市)に生まれる。大瀧詠一 フレッシュアイペディアより)

  • 1945年

    1945年から見た岩手県岩手県

    岩手県盛岡市に空襲。630人が家を失い、3人が死亡、5人が負傷。1945年 フレッシュアイペディアより)

  • 曹洞宗

    曹洞宗から見た岩手県岩手県

    歴史的には正法寺(岩手県奥州市)が奥羽二州の本山、大慈寺(熊本県熊本市)が九州本山であった期間があるが、元和元年(1615年)の寺院法度により永平寺、總持寺のみが大本山となる。また、江戸時代に来日した明僧、東皐心越によって開かれた曹洞宗寿昌派は祇園寺(茨城県水戸市)を本山とした。心越の法系は道元と別系であったが明治維新後、合同した。曹洞宗 フレッシュアイペディアより)

  • ヒエ

    ヒエから見た岩手県岩手県

    畑でも水田でも栽培が可能である。特に気候が冷涼で稲の栽培に適さない岩手県の山間部で主食用として大々的に栽培されていた。下北半島では、明治の中頃まで水田には稲を植えず、ヒエを栽培していた。ヒエ フレッシュアイペディアより)

  • 陸奥国

    陸奥国から見た岩手県岩手県

    平安時代後期になって中央からの統制が弛緩すると、俘囚の長安倍氏が陸奥の北部(現在の岩手県・青森県)、奥六郡から下北半島、さらに十三湊からの大陸交易に至る多大な権益に力を持つようになった。安倍氏は国司に従わず、前九年の役で戦って滅亡した。このとき出羽国から参戦した清原氏が陸奥・出羽両国で勢威を持ったが、後三年の役で滅亡した。これにかわって奥州藤原氏が陸奥・出羽の支配者になった。彼らはいずれも陸奥・出羽の地元で力を伸ばした一族で、都から派遣された国司が統治するという律令制の大原則を侵食し、奥州藤原氏にいたって自治的領域を築くようになった。奥州藤原氏の勢力圏は陸奥国全域におよび、南部となる現在の福島県域では、信夫佐藤氏が信夫郡を本拠地として宮城県南部、山形県南部、福島県中部、後に恵日寺衰退後の会津を支配した。福島県南東部(分国後の磐城国)では、前九年の役に従軍した後石川郡に定住した清和源氏の石川氏や、浜通り南部を支配した桓武平氏の岩城氏もあったが、いずれも藤原氏に服属していた。陸奥国 フレッシュアイペディアより)

  • 三戸町

    三戸町から見た岩手県岩手県

    三戸町(さんのへまち)は、青森県三戸郡の南端、岩手県との境に位置する町である。三戸町 フレッシュアイペディアより)

  • ずんだ

    ずんだから見た岩手県岩手県

    ずんだは、枝豆(未成熟な大豆)またはそら豆をすりつぶして作る緑色のペーストのこと。「づんだ」「じんだ」「じんだん」「ヌタ」とも呼ばれる(以下、「ずんだ」を用いる)。北東北南部の秋田県・横手盆地や岩手県南部、南東北の宮城県・山形県・福島県、および、北関東の栃木県北西部において郷土料理に用いられる。ずんだ フレッシュアイペディアより)

5463件中 61 - 70件表示

「岩手のできごと」のニューストピックワード