6735件中 81 - 90件表示
  • 勝部修

    勝部修から見た岩手県岩手県

    勝部 修(かつべ おさむ、1950年7月4日 - )は、日本の政治家。岩手県一関市長(3期)。勝部修 フレッシュアイペディアより)

  • 陸奥国

    陸奥国から見た岩手県岩手県

    平安時代後期になって中央からの統制が弛緩すると、俘囚の長安倍氏が陸奥の北部(現在の岩手県・青森県)、奥六郡から下北半島、さらに十三湊からの大陸交易に至る多大な権益に力を持つようになった。安倍氏は国司に従わず、前九年の役で戦って滅亡した。このとき出羽国から参戦した清原氏が陸奥・出羽両国で勢威を持ったが、後三年の役で滅亡した。これに代わって平泉を本拠地とする奥州藤原氏が陸奥・出羽の支配者になった。彼らはいずれも陸奥・出羽の地元で力を伸ばした一族で、都から派遣された国司が統治するという律令制の大原則を侵食し、奥州藤原氏にいたって自治的領域を築くようになった。奥州藤原氏の勢力圏は陸奥国全域におよび、現在の福島県中通りでは、信夫佐藤氏が信夫郡(現在の福島市)を本拠地として宮城県南西部、山形県南部、中通り中部、後に恵日寺衰退後の会津を支配した。中通り南部は、前九年の役に従軍した後に石川郡に定住した清和源氏の石川氏が統治した。又、浜通り南部は桓武平氏の岩城氏が統治していた。しかし、信夫佐藤氏、石川氏、岩城氏のいずれも、平泉藤原氏に服属していた。陸奥国 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城山福松

    宮城山福松から見た岩手県岩手県

    宮城山 福松(みやぎやま ふくまつ、1895年2月27日 - 1943年11月19日)は、岩手県西磐井郡(現:岩手県一関市)山目町出身の元大相撲力士。第29代横綱。本名は佐藤 福松(さとう ふくまつ)。宮城山福松 フレッシュアイペディアより)

  • 金ケ崎バイパス

    金ケ崎バイパスから見た岩手県岩手県

    金ケ崎バイパス(かねがさきバイパス)は、岩手県奥州市から胆沢郡金ケ崎町に至る国道4号のバイパス道路である。金ケ崎バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 単独市制

    単独市制から見た岩手県岩手県

    岩手県釜石市(旧上閉伊郡釜石町) - 1937年5月5日施行。※現在は合併して釜石市(2代目)。単独市制 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台経済圏

    仙台経済圏から見た岩手県岩手県

    仙台市に所在する国の出先機関や企業の東北支店などの業務管轄地域、あるいは流通企業の卸売商圏が東北地方全体に及ぶのに対し、従来、仙台の小売商圏(仙台経済圏)は宮城県内に限られてきた。ところが2000年代に入ると、高速バスの発達によって東北地方の陸上交通が大きく変化し、仙台経済圏は南東北3県の県庁所在地を包含して、宮城県を中心に隣接する福島県・山形県・岩手県に広がった。仙台から100km圏では、ETC割引制度の登場も影響を与え、仙台から2時間圏(道路経由。人口480万人)では、一体化と仙台一極集中の傾向が強い。さらに、2時間圏の外側からの流入増加も見られ、圏域の拡大傾向も呈する。仙台経済圏 フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見た岩手県岩手県

    康成は酒が飲めない性質であったが、石濱、鈴木、三無らとカフェや飲食店によく出かけ、この年の秋頃、本郷区本郷元町2丁目の壱岐坂(現・文京区本郷3丁目)にあるカフェ・エランで、またしても「ちよ」(通称)と呼ばれる可憐な少女女給・伊藤初代と出会った。伊藤初代は、岩手県江刺郡岩谷堂(現・奥州市江刺区岩谷堂)の農家出身の父・忠吉の長女として1906年(明治39年)に福島県で生れ、幼くして母と死別し父とも離れ、叔母や他人の家を転々として育ち、上京しカフェ・エランのマダム(平出修の義理の甥の元妻)の養女(正式ではない)となっていた13歳の少女であった。しかしマダムの台湾行に伴い店を閉め、初代は翌年9月にマダムの親戚の岐阜県稲葉郡加納町6番地(現・岐阜市加納)の浄土宗西方寺に預けられて行った。川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • 芋煮会

    芋煮会から見た岩手県岩手県

    岩手県水沢市(現・奥州市)で「大芋の子会」が開始。芋煮会 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアールバス東北二戸営業所

    ジェイアールバス東北二戸営業所から見た岩手県岩手県

    ジェイアールバス東北二戸営業所(ジェイアールバスとうほくにのへえいぎょうしょ)は、岩手県二戸市にあるJRバス東北の営業所である。ジェイアールバス東北二戸営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 東北方言

    東北方言から見た岩手県岩手県

    東北方言は、大きく北奥羽方言と南奥羽方言とに分けられる。北奥羽方言の範囲は、青森県・岩手県北中部・秋田県・山形県庄内・新潟県北部(阿賀野川以北)である。南奥羽方言の範囲は、岩手県南部・宮城県・山形県内陸部・福島県である。東関東方言を南奥羽方言に含んだり、北海道海岸部方言を北奥羽方言に含むこともある。東北方言 フレッシュアイペディアより)

6735件中 81 - 90件表示

「岩手のできごと」のニューストピックワード