前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
331件中 1 - 10件表示
  • 岩手県

    岩手県から見た東芝

    その後、1964年(昭和39年)に花巻空港が開港、1982年(昭和57年)に東北新幹線の大宮 - 盛岡間が開業して、首都圏からは約3時間、仙台からも1時間圏内(当時)となり、交通の便は改善された。これに伴って、安価で広大な土地や豊富な水などを背景に、北上市、金ケ崎町周辺を中心として工場の進出が急激に進展。関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)などの自動車産業、東芝や富士通などの半導体工場、塩野義製薬など大企業の工場の進出が進み、製造品出荷額が大きな伸びをみせた。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た盛岡市

    岩手県(いわてけん)は、東北地方に属する日本の都道府県の1つ。県庁所在地は盛岡市岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見たトヨタ自動車

    かつては、産業がほとんどない事を自称していたが、東北新幹線や東北縦貫自動車道などの整備に伴って、企業の誘致が進んでいる。企業の誘致には、法人税や、従業員からの所得税収、関連企業による経済波及効果などで大きな税源涵養が見込まれることから、全国の自治体が誘致にしのぎを削っている。岩手県もこの例に漏れず、誘致に腐心しており、これまでにトヨタ自動車系の生産工場、東芝のフラッシュメモリ工場、富士通などを誘致した。こうした奏功から、1995年(平成7年)以降は製造品出荷額が伸びを示し、47都道府県中、県民所得は40位台後半から、38位にまで改善した。東北6県でみると、福島県、宮城県、山形県に続く数字である。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た富士通

    その後、1964年(昭和39年)に花巻空港が開港、1982年(昭和57年)に東北新幹線の大宮 - 盛岡間が開業して、首都圏からは約3時間、仙台からも1時間圏内(当時)となり、交通の便は改善された。これに伴って、安価で広大な土地や豊富な水などを背景に、北上市、金ケ崎町周辺を中心として工場の進出が急激に進展。関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)などの自動車産業、東芝や富士通などの半導体工場、塩野義製薬など大企業の工場の進出が進み、製造品出荷額が大きな伸びをみせた。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た増田寛也

    1995年(平成7年)以降、細川内閣(当時)打ち出した大規模景気対策に乗って公共投資を拡大させ、その後1997年(平成9年)まで、積極投資を拡大させた。当時県知事を務めていた増田寛也は、退任後の取材に「国の財政的限界で、いずれ予算が回らなくなるのは分かっていた(中略)…東北新幹線や花巻空港、釜石自動車道など(骨格的な事業)は、先にやってしまおうと思った」と答えている。結果的には彼の読み通り、小泉内閣が発足した2001年(平成13年)以降、公共投資予算は年10%以上の割合で急速に縮減され、財政再建に大きく舵を切った。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た宮沢賢治

    グスコーブドリの伝記 (アニメ 原作:宮沢賢治 監督/脚本 :中村隆太郎)岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た東北地方

    岩手県(いわてけん)は、東北地方に属する日本の都道府県の1つ。県庁所在地は盛岡市。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た新日鐵住金

    戦後、1950 - 1960年代には、山岳地帯のため交通の便が悪いことや、主な産業が富士製鐵(現、新日鐵住金)の釜石製鐵所位しかなく、所得水準が全国でも低いことから、自ら「日本のチベット」と呼び、政府の振興策を求めたこともあった。なおこの呼称は、1955年(昭和30年)1月22日封切のニュース映画『カメラルポ 脚光あびる日本のチベット 岩手三陸』において用いられたことから定着したという。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た関東自動車工業

    その後、1964年(昭和39年)に花巻空港が開港、1982年(昭和57年)に東北新幹線の大宮 - 盛岡間が開業して、首都圏からは約3時間、仙台からも1時間圏内(当時)となり、交通の便は改善された。これに伴って、安価で広大な土地や豊富な水などを背景に、北上市、金ケ崎町周辺を中心として工場の進出が急激に進展。関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)などの自動車産業、東芝や富士通などの半導体工場、塩野義製薬など大企業の工場の進出が進み、製造品出荷額が大きな伸びをみせた。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た塩野義製薬

    その後、1964年(昭和39年)に花巻空港が開港、1982年(昭和57年)に東北新幹線の大宮 - 盛岡間が開業して、首都圏からは約3時間、仙台からも1時間圏内(当時)となり、交通の便は改善された。これに伴って、安価で広大な土地や豊富な水などを背景に、北上市、金ケ崎町周辺を中心として工場の進出が急激に進展。関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)などの自動車産業、東芝や富士通などの半導体工場、塩野義製薬など大企業の工場の進出が進み、製造品出荷額が大きな伸びをみせた。岩手県 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
331件中 1 - 10件表示

「岩手のできごと」のニューストピックワード