331件中 71 - 80件表示
  • 岩手県

    岩手県から見た秋田新幹線

    盛岡駅で東北新幹線と秋田新幹線とが接続。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た八戸市

    南部バス(軽米町、洋野町大野〜青森県八戸市)かつては二戸市・一戸町まで乗り入れていたが後に撤退。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た自動車産業

    特に自動車産業については、トヨタ自動車が東北地方を新たに生産拠点と位置づけており、今後とも一層の誘致が見込まれる産業分野である。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た東北地方太平洋沖地震

    2008年(平成20年)には、6月14日に岩手・宮城内陸地震(最大震度6強)が、7月24日に岩手県沿岸北部地震(最大震度6弱)の大地震が発生した。さらにその3年後の2011年(平成23年)3月11日、国内観測史上最大の超巨大地震となるマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震(最大震度7)が発生し、沿岸部の各地で津波による大きな被害が出た。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見たフェーン現象

    一方、北上盆地の夏は、フェーン現象の影響で、南にあり海洋性気候の傾向もある仙台市よりも気温が高いことがしばしばあるが、沿岸部は仙台市と同様の気候となることが多い。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た半導体

    その後、1964年(昭和39年)に花巻空港が開港、1982年(昭和57年)に東北新幹線の大宮 - 盛岡間が開業して、首都圏からは約3時間、仙台からも1時間圏内(当時)となり、交通の便は改善された。これに伴って、安価で広大な土地や豊富な水などを背景に、北上市、金ケ崎町周辺を中心として工場の進出が急激に進展。関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)などの自動車産業、東芝や富士通などの半導体工場、塩野義製薬など大企業の工場の進出が進み、製造品出荷額が大きな伸びをみせた。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見たあわび

    水産業では、三陸海岸周辺が、黒潮による豊かな漁場として知られている。リアス式海岸の岩礁は、ワカメや海苔といった海藻類の養殖にも適しており、ワカメとあわびの養殖で、生産高全国1位の規模を持つ。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た東北自動車道

    北上JCTで東北自動車道と秋田自動車道とが接続。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た所得税

    かつては、産業がほとんどない事を自称していたが、東北新幹線や東北縦貫自動車道などの整備に伴って、企業の誘致が進んでいる。企業の誘致には、法人税や、従業員からの所得税収、関連企業による経済波及効果などで大きな税源涵養が見込まれることから、全国の自治体が誘致にしのぎを削っている。岩手県もこの例に漏れず、誘致に腐心しており、これまでにトヨタ自動車系の生産工場、東芝のフラッシュメモリ工場、富士通などを誘致した。こうした奏功から、1995年(平成7年)以降は製造品出荷額が伸びを示し、47都道府県中、県民所得は40位台後半から、38位にまで改善した。東北6県でみると、福島県、宮城県、山形県に続く数字である。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見たスキー場

    県内全域が豪雪地帯であり冬には県全域に雪が降るが、積雪量には地域差が大きい。西和賀町と八幡平市は積雪量がかなり多く、特別豪雪地帯に指定されている。奥羽山脈では、積雪量が多く雪質もいいため、いくつかのスキー場でスキーやスノーボードの国際大会や国内大会が開かれることが多い。岩手県 フレッシュアイペディアより)

331件中 71 - 80件表示

「岩手のできごと」のニューストピックワード