340件中 81 - 90件表示
  • 岩手県

    岩手県から見た宮古市

    1889年(明治22年)に、南岩手郡盛岡が岩手県下で初めて市制施行し、盛岡市となる。1937年(昭和12年)には製鉄業によって発展した上閉伊郡釜石町が市制施行して釜石市となる。1941年(昭和16年)には下閉伊郡宮古町・山口村・千徳村・磯鶏村が合併・市制施行して宮古市となり、戦前までに3市が誕生した。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見たご当地ナンバー

    県内で登録される自動車のナンバープレートの地名表記は「岩手」であるが、2014年11月17日より盛岡地域(盛岡市、八幡平市、滝沢市、紫波町、矢巾町)において「盛岡」ナンバー、県南地域(一関市、奥州市、金ケ崎町、平泉町)において「平泉」ナンバーの使用が開始された。 ※ご当地ナンバーも参照。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た私立学校

    高校進学率は98.4%と、全国平均を上回るが、大学進学率が逆に10%以上低い。私立学校の数が少ないため、公立学校が圧倒的な比重を占めている。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た岩手県沿岸北部地震

    2008年(平成20年)には、6月14日に岩手・宮城内陸地震(最大震度6強)が、7月24日に岩手県沿岸北部地震(最大震度6弱)の大地震が発生した。さらにその3年後の2011年(平成23年)3月11日、国内観測史上最大の超巨大地震となるマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震(最大震度7)が発生し、沿岸部の各地で津波による大きな被害が出た。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た積雪

    県内全域が豪雪地帯に指定されているものの、冬の積雪量には地域差が大きい。西和賀町と八幡平市は積雪量がかなり多く、特別豪雪地帯に指定されている。奥羽山脈では、積雪量が多く雪質も良いため、いくつかのスキー場でスキーやスノーボードの国際大会や国内大会が開かれることが多い。一方、太平洋側に位置する宮古市、大船渡市などは積雪量は概して少ない。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た世界遺産

    観光業の振興に腐心している。2007年(平成19年)には、盛岡市を舞台にしたNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」が放映され、盛岡さんさ踊りに訪れた観光客が8.7%増えて128万3000人となり、一定の効果が上がっている。2011年(平成23年)には、奥州藤原氏の栄華の遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」(平泉町)が世界遺産(文化遺産)に登録された。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た最低気温

    太平洋側の盆地である北上盆地は、冬季の西高東低の気圧配置になると奥羽山脈が「壁」の役割をはたして晴天になる場合も多い。そのため、放射冷却によって早朝の最低気温がかなり低くなる。対して、降雪時や曇天の場合は気温が下がりづらい。北上盆地に位置する盛岡市は、このような放射冷却の影響がある脊梁山脈東側盆地の最北端都道府県庁所在地であるため、(日本海側のため冬季は曇天が多く、放射冷却がおきにくい)青森市や札幌市など、より北に位置する都道府県庁所在地よりも最低気温が下回る時が多く、東北地方では勿論、日本の都道府県庁所在地で最寒都市である日が多い。実際、北上盆地の各都市(盛岡市、花巻市、北上市、奥州市)は、今でも厳冬期に−15°C前後まで下がることも珍しくなく、北海道を除き、標高が高くない都市平地部では最も冷え込みが厳しい地域である。しかし、冬場の朝晩は市街地と郊外の気温差は非常に大きく、盛岡、北上、一関を中心にヒートアイランドが顕著に見られる。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見たゴルゴ13

    ゴルゴ13 「穀物戦争 蟷螂の斧」 (漫画 作:さいとうたかを)岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見た国際リニアコライダー

    さらに、近年は国際リニアコライダーを軸とした国際学術研究都市構想を表明している。岩手県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県

    岩手県から見たあわび

    水産業では、三陸海岸周辺が、黒潮による豊かな漁場として知られている。リアス式海岸の岩礁は、ワカメや海苔といった海藻類の養殖にも適しており、ワカメとあわびの養殖で、生産高全国1位の規模を持つ。岩手県 フレッシュアイペディアより)

340件中 81 - 90件表示

「岩手のできごと」のニューストピックワード