前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    東日本放送:夏の高校野球県大会中継をしていることもあり実況アナは豊富で中継数も仙台放送やミヤギテレビよりも多い、土曜デーゲーム中心だが2005年・2006年・2010年は巨人戦を、2011年はゴールデンタイムの編成を差し替えた。ホームでの巨人戦中継では2008年(詳細後述)を除きテレビ朝日製作のため協力(2011年現在も続いている)にまわり同局のアナウンサーは楽天リポーターとして登場する(2009年まで)。解説はほとんどの試合、東北福祉大OBの大塚光二が務めている(巨人戦の場合はグランド解説にまわる)が2008年は元ABCプロ野球解説者の村上隆行が、2010年からはデニー友利が新加入した。2008年まではファン代表としてローカルタレントの本間秋彦がゲスト出演。(本間が諸事情で来られない場合もゲストを配し、野崎靖博や戸叶尚も中継に加わったこともある)。実況は熊谷博之・岩崎心平・松本龍が担当。Jリーグ・ベガルタ戦中継がメインの加川潤も2005年1試合を担当した。リポーターは各実況アナに加え2007年のみ吉岡伸悟も担当、2008年までは相手チームにもリポーターを配し系列局のアナウンサーが担当していた。2007年はCS放送sky・A sports+中継の実況も担当。2008年は6月の交流試合・巨人戦を自社製作で行う予定だったが当日、朝に起きた岩手・宮城内陸地震の影響で中止。中継を行った4試合全てが4時間超になり終了まで中継ができない現象が続いた、2011年は在仙局では史上初となるKスタ以外でのホームゲーム中継を甲子園で実施、系列ABCの協力を全面に受け阪神戦同様の放送ブースで中継を行った。2006年から3年続けて開幕戦のネット受けを行いすべての試合で熊谷がベンチリポーターで派遣されている。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 高橋ジョージ

    高橋ジョージから見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    2008年(平成20年)6月、岩手・宮城内陸地震が発生、高橋の出身地である宮城県北部は大きな被害を受けた。高橋はその翌月、妻とともに地元新聞社を訪問し、義援金を手渡した。さらに、『頑張れ! 花山・栗駒 -震災乗り越えみんなで復興- 』と題した復興支援ライブを、稲垣潤一やさとう宗幸ら、同郷のミュージシャンとともに開催した。また、高橋は同年9月、初めての自伝的小説 『東北ロックンロール物語』を発売している。高橋ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • 落橋

    落橋から見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    落橋のメカニズムには様々なものがあるが、橋の構造設計計算自体に問題のあった初代タコマナローズ橋のような事例はごく少数であり、岩手・宮城内陸地震による大きな水平力により橋脚1本が座屈を起こし、橋脚ごと落橋した国道342号祭畤大橋(岩手県)、東北地方太平洋沖地震による津波で橋桁もろとも流されてしまった国道45号歌津大橋(宮城県)、熊本地震による土砂崩れで崩落した国道325号阿蘇大橋など、地震で設計の想定外の外力が発生したケースが多い。落橋 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県仙台第二高等学校

    宮城県仙台第二高等学校から見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    2008年(平成20年)6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震によって、2008年度栗駒登山の中止が決定された。これによって、栗駒登山で使われてきた20数時間の総合的な学習の時間の単位履修不足が発生してしまった。これを解消するため、急遽新たな行事として岩手山方面の野外活動が行われることとなった。この野外活動は、岩手山方面への登山、野外炊飯をメインとした行事である。生徒は、運動会後に体育の授業で複数回行われる持久走の成績と本人の希望により、岩手山・姫神山・八幡平の各コースに振り分けられる。このように全員が岩手山に登る訳ではないが、生徒の間では「岩手山登山」との通称で呼ばれている。毎年夏休み直前の7月中旬(海の日周辺)に実施されるが、部活動の大会出場などで参加できない生徒も少なくない(硬式野球部員・吹奏楽部員など)。宮城県仙台第二高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ドクターヘリ

    ドクターヘリから見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    6月14日 - 岩手・宮城内陸地震が発生。ドクターヘリ フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県沿岸北部地震

    岩手県沿岸北部地震から見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    この地震のわずか1ヶ月前に岩手・宮城内陸地震が発生しており、マスメディアを中心に2つの地震の関連性が問われた。しかし岩手・宮城内陸地震は大陸のプレート内で発生した逆断層型の地震で、震源の深さがわずか8kmと浅かったのに対し、岩手県沿岸北部地震は大陸のプレートに沈み込む海洋(太平洋)プレート内で発生した正断層型の地震で、震源の深さは108kmと深かった。つまり、空間的に見て離れたところで発生したため、同一の断層で起こったなどとは考えられず、2つの地震における関連性は薄いとの見解を気象庁は述べている。岩手県沿岸北部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    一方、2000年代は地震によるダムの被害が多い時期でもあった。2004年に発生した新潟県中越地震では震源地に近い妙見堰(信濃川)の門柱や管理所建屋に被害が生じ、2008年(平成20年)に発生した岩手・宮城内陸地震では宮城県の荒砥沢ダム(二迫川)の貯水池である藍染湖で大規模な山崩れが発生し大量の土砂が流入したほか石淵ダム(胆沢川)では遮水壁が損傷した。そして未曽有の被害を東日本にもたらした2011年の東日本大震災では、福島県の藤沼ダム(江花川)が地震により決壊して8名が死亡し1953年の大正池決壊事故以来のダム決壊事故となった。また沿岸を襲った大津波が河川を遡上したことで北上大堰(北上川)などが津波の被害を受けている。ただし重力式コンクリートダムについては1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災の激震を耐え抜いた布引五本松ダム(生田川)のように地震による致命的な被害は報告されておらず、関東大震災を教訓に1925年(大正14年)に物部長穂が『貯水用重力堰堤の特性並びに其の合理的設計方法』という論文で発表した重力ダムの耐震理論が活かされている。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 地震の年表 (日本)

    地震の年表 (日本)から見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    6月14日 岩手・宮城内陸地震 - Mj 7.2(Mw 7.0)、岩手県奥州市と宮城県栗原市で最大震度 6強。山崩れや地滑りが多発。死者・行方不明者23人。一関西で観測された4,022ガルがギネス世界記録に認定。地震の年表 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 地震

    地震から見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    兵庫県南部地震がフィリピン海プレートから生じた水によって誘発されたという説がある。また東北大学によれば、新潟中越沖地震や岩手・宮城内陸地震など複数の地震は断層直下のマグマが冷えたことで発生した水分が潤滑油の役割を果たし引き起こされたという。この他、7つの火山島からなるアゾレス諸島では雨が降ると2日後に小さな地震が起こったり、鉱山の水没域では雨水が流れ込むことで地震を誘発したりする例もある。地震 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城・岩手内陸地震

    宮城・岩手内陸地震から見た岩手・宮城内陸地震岩手・宮城内陸地震

    宮城・岩手内陸地震 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示

「岩手・宮城内陸地震」のニューストピックワード