前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示
  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た栗原市

    岩手・宮城内陸地震(いわて・みやぎないりくじしん)は、2008年(平成20年)6月14日(土)午前8時43分(JST)頃に岩手県内陸南部(仙台市の北約90km、東京の北北東約390km)で発生した、マグニチュード7.2(気象庁暫定値)の大地震。同県奥州市と宮城県栗原市において最大震度6強を観測し、両市を中心に被害が発生した。被害の特徴として、同じ規模の地震と比較して、建物被害が少なく土砂災害が多いことが挙げられる。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た石淵ダム

    最大震度:6強 宮城県栗原市一迫、岩手県奥州市衣川区後述するように、ピンポイントながら岩手県胆沢川の石淵ダムに設置された地震計では震度7相当の揺れを記録したと報道された。ただし現在、震度は(周期、継続時間などに左右されるため)加速度の最大値から単純に算出することはできないうえ、この観測点は設置環境などに規定がある震度計ではなく「地震計」であるため、震度を判断することはできない。現に、4022galを観測した後述の厳美町祭畤でも震度は算出していない。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た国土交通省

    発生から1日経った6月15日は、警察庁の広域緊急援助隊276人、消防庁の緊急消防援助隊200隊815名、防衛省の人員1076名、車両280両、航空機26機が対応にあたった。農林水産省はヘリコプターによる林地の崩壊状況の調査を実施し、厚生労働省は被災者の心理的被害の軽減を図るため専門家や担当官を派遣した。宇宙航空研究開発機構は陸域観測技術衛星「だいち」による緊急観測を実施し被災地の画像を撮影した。国土交通省は6月14日から15日にかけて緊急災害対策派遣隊73班延べ183名を投入し、石淵ダムの水位変異や河川閉塞の対応に当たった。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た国道342号

    岩手県一関市の国道342号に架かる祭畤(まつるべ)大橋周辺の大規模な斜面崩壊により、秋田側の橋台と橋脚、橋げたが宮城側に約10メートル移動。これに伴い、宮城側の橋脚の上部が折れ、支えを失った橋げたが折れ曲がる形で沈み込み、さらに、宮城側橋脚の中間部も壊れたことで、曲がった橋げたの一部が川底に落ちる形で転落した。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た震度

    岩手・宮城内陸地震(いわて・みやぎないりくじしん)は、2008年(平成20年)6月14日(土)午前8時43分(JST)頃に岩手県内陸南部(仙台市の北約90km、東京の北北東約390km)で発生した、マグニチュード7.2(気象庁暫定値)の大地震。同県奥州市と宮城県栗原市において最大震度6強を観測し、両市を中心に被害が発生した。被害の特徴として、同じ規模の地震と比較して、建物被害が少なく土砂災害が多いことが挙げられる。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た渡辺謙渡辺 謙

    ふるさと納税の制度を利用して、被災地に寄付を行う者が見られた。被災地の出身者のほか、渡辺謙のような出身者以外からも申し出があり、ふるさと納税の創設時の想定を超えた使われ方に当事者は感謝している。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見たD-BOYS

    岩手出身ということで、8月21日にD-BOYS代表で義援金を岩手県庁に贈呈した。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た泉信也

    内閣府特命担当大臣(防災担当)泉信也を団長とする政府調査団は、午前11時38分に防衛省を出発し、午後1時35分に一関市に到着し、政府現地連絡対策室を栗原市に設置した。福田は官邸対策室で陣頭指揮を執り、午後には内閣危機管理監伊藤哲朗らに「現地では日没が迫っている。警察、自衛隊などのヘリコプターを効果的に運用し、状況把握に努め、救出活動に全力を挙げてほしい」と指示した。同日夕、被災地からの泉の報告を受けた福田は、夜間も現地での行方不明者捜索や被害確認の継続を指示した。また、首相の被災地視察については、震災直後に訪れれば現場の人員を割くことになり現地が混乱するとの判断から、被災直後の視察は見送り、あくまで救援活動を最優先している。この判断は、新潟県中越沖地震発生当日に当時の首相が現地視察を実施し、危機管理や救援活動優先の観点から問題となった教訓を生かしたものである。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た増田寛也

    6月16日朝には、福田は関係する国務大臣全員を首相官邸に招集し、関係閣僚会議を開催した。各閣僚から被害と復旧の状況が報告され、福田からは行方不明者救出と、電気や水道など生活物資補給路の復旧を進めるよう指示がなされた。消防を所管する総務大臣増田寛也が現地に派遣され、消防庁長官荒木慶司も同行した。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た寺田典城

    地震発生当日、今上天皇並びに皇后は全国植樹祭出席の為、東京国際空港から特別機で秋田県に向かっていたが、地震の発生を知ると宮内庁を通じ「災害対策を優先してほしい」と要望した。これを受け、秋田県知事寺田典城の出迎えや県勢概要説明は中止となり、天皇に随行していた警察庁長官吉村博人らにより地震の被害状況説明が行われ、天皇は地図で被災地の詳細を確認した。また、北秋田地域振興局では職員から県内の被害状況の説明を受け、天皇は地図を広げ被災地を一つ一つ確認した。天皇は寺田に対し「しっかりやって戴いて有難う。抜かりのないように」と声を掛けた。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示

「岩手・宮城内陸地震」のニューストピックワード