37件中 11 - 20件表示
  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た日本海

    当地の移出・輸出港は、太平洋側が仙台港、日本海側が秋田港である。直近の釜石港には高速道路が通じていないため利用が極端に少ないが、岩手県が釜石港の整備を進めている。今後は、秋田港からロシア・シベリア鉄道経由のロシア・西欧向け輸出の増加が期待されており、東北地方の戦略的重要工業地域として、今後も投資が集まると予想されている。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た流通

    秋田県横手盆地、そして秋田市・秋田港へと繋がる秋田自動車道の開通前段階の時期から、東北道と秋田道の結節点となる北上JCTの存在で、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を得るようになり、特に流通拠点としての開発が進められた。それに伴って、秋田道開通頃までには、内陸工業も集積するようになり、東北では仙台都市圏・郡山都市圏に次ぐ有数の流通・工業集積地に成長した。特に、自動車関連とエレクトロニクス関連産業の集積が目立つ。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た花巻市

    北上都市圏(きたかみとしけん)とは、岩手県北上市と花巻市の2市を中心市とする都市圏のこと。両市を双子都市と見て「北上・花巻都市圏」という呼称も用いられる。ここでは「北上都市圏」に統一する。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た西ヨーロッパ

    当地の移出・輸出港は、太平洋側が仙台港、日本海側が秋田港である。直近の釜石港には高速道路が通じていないため利用が極端に少ないが、岩手県が釜石港の整備を進めている。今後は、秋田港からロシア・シベリア鉄道経由のロシア・西欧向け輸出の増加が期待されており、東北地方の戦略的重要工業地域として、今後も投資が集まると予想されている。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た都市雇用圏

    北上市と花巻市の両市を中心市とする都市雇用圏(10 % 通勤圏、中心数2)。人口は約22万人(2000年国勢調査基準)。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た自動車

    秋田県横手盆地、そして秋田市・秋田港へと繋がる秋田自動車道の開通前段階の時期から、東北道と秋田道の結節点となる北上JCTの存在で、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を得るようになり、特に流通拠点としての開発が進められた。それに伴って、秋田道開通頃までには、内陸工業も集積するようになり、東北では仙台都市圏・郡山都市圏に次ぐ有数の流通・工業集積地に成長した。特に、自動車関連とエレクトロニクス関連産業の集積が目立つ。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た秋田港

    秋田県横手盆地、そして秋田市・秋田港へと繋がる秋田自動車道の開通前段階の時期から、東北道と秋田道の結節点となる北上JCTの存在で、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を得るようになり、特に流通拠点としての開発が進められた。それに伴って、秋田道開通頃までには、内陸工業も集積するようになり、東北では仙台都市圏・郡山都市圏に次ぐ有数の流通・工業集積地に成長した。特に、自動車関連とエレクトロニクス関連産業の集積が目立つ。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た太平洋

    当地の移出・輸出港は、太平洋側が仙台港、日本海側が秋田港である。直近の釜石港には高速道路が通じていないため利用が極端に少ないが、岩手県が釜石港の整備を進めている。今後は、秋田港からロシア・シベリア鉄道経由のロシア・西欧向け輸出の増加が期待されており、東北地方の戦略的重要工業地域として、今後も投資が集まると予想されている。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た高速道路

    当地の移出・輸出港は、太平洋側が仙台港、日本海側が秋田港である。直近の釜石港には高速道路が通じていないため利用が極端に少ないが、岩手県が釜石港の整備を進めている。今後は、秋田港からロシア・シベリア鉄道経由のロシア・西欧向け輸出の増加が期待されており、東北地方の戦略的重要工業地域として、今後も投資が集まると予想されている。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北上都市圏

    北上都市圏から見た北上ジャンクション

    秋田県横手盆地、そして秋田市・秋田港へと繋がる秋田自動車道の開通前段階の時期から、東北道と秋田道の結節点となる北上JCTの存在で、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を得るようになり、特に流通拠点としての開発が進められた。それに伴って、秋田道開通頃までには、内陸工業も集積するようになり、東北では仙台都市圏・郡山都市圏に次ぐ有数の流通・工業集積地に成長した。特に、自動車関連とエレクトロニクス関連産業の集積が目立つ。北上都市圏 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「岩手内陸南部のできごと」のニューストピックワード