81件中 11 - 20件表示
  • 津軽富士

    津軽富士から見た岩木山岩木山

    津軽富士 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前南部広域農道

    弘前南部広域農道から見た岩木山岩木山

    日本有数のリンゴ栽培地帯において農産物の輸送を担う広域農道であり、また岩木山の遠望と春には白い花、秋には赤い実をつけるリンゴの木を見ながらのドライブに適した道路として県道30号岩木山環状線とともに知られている。弘前南部広域農道 フレッシュアイペディアより)

  • 奥富士

    奥富士から見た岩木山岩木山

    奥富士 フレッシュアイペディアより)

  • 藤里駒ヶ岳

    藤里駒ヶ岳から見た岩木山岩木山

    秋田県北部、青森県との県境近くに位置し、白神山地の南東部にあたるが、世界遺産の範囲には入っていない。山頂からは岩木山・白神岳などを望むことができる。気象条件がかなり良ければ、岩手山・鳥海山・男鹿半島・北海道なども見られる。藤里駒ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前城菊と紅葉まつり

    弘前城菊と紅葉まつりから見た岩木山岩木山

    毎年10月中旬から11月上旬に開催。その年のNHK大河ドラマをテーマとした菊人形の舞台や、菊の岩木山、菊の五重塔などが植物園内を彩る。ほかにも、菊で動物をかたどった「トピアリー」、市民菊花展、ステージイベント、ミニSL運行などが行われる。以前は、弘前城もみじと菊人形という名称であった。弘前城菊と紅葉まつり フレッシュアイペディアより)

  • 津軽中部広域農道

    津軽中部広域農道から見た岩木山岩木山

    当路線は、岩木山北麓に広がるりんご畑等を営む農家のために建設された。津軽中部広域農道 フレッシュアイペディアより)

  • 小岳 (秋田県)

    小岳 (秋田県)から見た岩木山岩木山

    白神山地は山頂が高い樹木に覆われ見晴らしは決して良くない山が多い。小岳は山頂部が低木で覆われており、山頂からは白神山地の遺産地区や岩木山が一望できる。根深誠は、この小岳を白神山地では天狗岳に次いで眺望の良い山としている。青森県との県境の山のように見えるが、山頂部はわずかに秋田県側に入っている。小岳 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

  • 青森県道30号岩木山環状線

    青森県道30号岩木山環状線から見た岩木山岩木山

    弘前市百沢で県道3号から分岐した後、岩木山の北麓を経由する形で鰺ヶ沢町松代で再び県道3号に接続する。青森県道30号岩木山環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 五所川原西バイパス

    五所川原西バイパスから見た岩木山岩木山

    国道101号は、青森県青森市を起点とし秋田県秋田市に至る延長約282kmの日本海沿岸部を通過する幹線道路である。当道は、津軽自動車道五所川原北ICに連結し、終点の柏IC(仮)まで至る、五所川原市街地を迂回するバイパス機能を持った延長3.8kmの自動車専用道路である。当道整備区間には岩木川があり、川の両側には自然堤防が形成され、堤防上に道路(青森県道43号五所川原車力線、青森県道151号蒔田五所川原線)があるため、これらを跨ぐかなり大きな橋梁が必要となる。事業計画書では、この岩木川橋(仮)は橋長325mの予定であったが、橋梁付近の地盤が軟弱で液状化現象や圧密沈下を生じる可能性があるため、橋長が496mに変更された。他にも旧十川に架かる柳川橋(仮)やJR五能線を跨ぐ小曲跨線橋が予定されているが、いずれも再検討の結果、橋長は100mから98m、64mから139mに変更されている。当道整備に際して、2005年(平成17年)に沿道地域住民との景観ワークショップが開催され、周辺の田園風景や岩木山の眺望を妨げない形での整備が決定されている。五所川原西バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 県立戦隊アオモレンジャー

    県立戦隊アオモレンジャーから見た岩木山岩木山

    千葉支部の怪人。可愛い姿に似合わず傲慢で狡猾。県内の主要幹線道路にネズミーパレードを出現させ、群がる県民をハーメルンの笛吹きが如く連れ去り、諸共に海や湖へ飛び込ませた。また八甲田山に「東京ホワイトアウトマウンテン」、恐山に「東京ゴーストマンション」、市浦村に「東京の海賊」、岩木山に「東京トンデレラ城」、三厩村に「東京ネズミーシー」等、県全域に数々のアトラクションを建設し、東京ネズミーランド青森として青森の東京化を企図。奥の手は、ランプを擦ると出て来る巨人・ランプの精。県立戦隊アオモレンジャー フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「岩木山」のニューストピックワード