114件中 21 - 30件表示
  • 尾太鉱山

    尾太鉱山から見た岩木山岩木山

    鉱脈の成因については、物理化学的な観点で正確に解明されたわけではない。岩木山などの火山が近いことから、おおむね近隣の火山活動の影響によって鉱化作用が働き、熱水鉱床となったものと推測されている。また、尾太層では他の層に比べて堆積の構造が顕著であること、鉱脈が断層面に集中していることなどから、堆積層の形成と断層活動が鉱床の形成との相関関係があるだろうと推測されている。尾太鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 果樹王国

    果樹王国から見た岩木山岩木山

    青森県は全国一のりんご産地であり、りんご王国と名乗ることは多い。生産果樹の9割以上をりんごで占めており、主に岩木山東麓の津軽平野近辺が主産地となっている。弘前市では全国の約20%を生産しており、全国1位の生産量を誇る。また、りんごの他にも北津軽郡鶴田町を中心にぶどう(全国9位)、三戸郡南部町を中心に桜桃(全国3位)、同町を中心に西洋なし(全国2位)などの栽培が行われているが、りんごの知名度の陰に隠れている。果樹王国 フレッシュアイペディアより)

  • 水島 (秋田県)

    水島 (秋田県)から見た岩木山岩木山

    水島に渡ってからは「女は磯に集まってワカメなどの海藻を採っている。 男は腰に魚刺(うおさし)といって鉄の鑿のようなものをつけて海に潜り、鮑やサザエを担ぎ上げてくる。 南北に長い岬からは、北には岩木山、東には森良山、寒風山、赤神嶽などが雲の中から見える」と記している。また、離れた磯には女童がシタダミ(巻貝の一種)を拾いながら歌を歌っていた。(『男鹿の鈴風』)水島 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

  • 服部康成

    服部康成から見た岩木山岩木山

    寛永7年(1630年)、岩木山百沢寺(現・岩木山神社)山門、寛永8年(1631年)、大平山長勝寺山門の新築の惣奉行を務めた。服部康成 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽模宏

    津軽模宏から見た岩木山岩木山

    津軽寧都の六男として生まれる。津軽範盛の養子となり、天明6年(1786年)に500石の家督を継いだ。寛政4年(1782年)に表書院番頭用人となり、同9年(1797年)に100石、翌10年(1798年)にも200石の加増を受け、家老となった。寛政11年(1799年)には、藩校稽古館の2代目総司となった。文化元年(1804年)、若年寄・堀田正敦より青森を20年間幕府で借り上げたいと申し出が来ると、津軽家の判断だけでなく近衛家の沙汰がなくてはいけないといい、借り上げを防いだ。文化4年(1807年)5月21日、ロシア船が択捉島の陣屋に来襲し、狼藉を働いたとき、藩主・津軽寧親不在のため、総登城で会議を開き、一人で意見を取りまとめた。その結果、25日には大正竹内源太夫以下、500人の松前派遣を決定した。文政4年(1821年)の相馬大作事件、岩木山麓の鬼沢民次郎一揆なども模宏が対処した。また、書道に優れ、囲碁の名手でまた名家老であった。その結果、「津軽十万石に過ぎたる名家老、天下の三大家老」とも言われた。津軽模宏 フレッシュアイペディアより)

  • 能代地震

    能代地震から見た岩木山岩木山

    能代市を南北に走る全長約22kmの能代断層帯の活動によって発生した。この地震による被害は42ヶ村に及び、家屋倒壊1,273戸、焼失859戸、死者394人だった。震源の野代は総戸数1132戸のうち全壊または焼失した家屋1,070戸、死者300名という壊滅的な被害を受けた。秋田城下で侍屋敷や町屋の破損があったほか、能代から深浦沿岸にかけて山崩れが発生し、岩木山では硫黄坑が発火した。また、この地震によって20〜30cmの津波が発生したと考えられている。能代地震 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメコザクラ

    ヒメコザクラから見た岩木山岩木山

    本州の東北地方の早池峰山、岩木山以外の高山、亜高山の湿った草地等には、西吾妻山を南限、八甲田山を北限としてヒナザクラが分布する。ヒメコザクラ フレッシュアイペディアより)

  • ヒナザクラ

    ヒナザクラから見た岩木山岩木山

    早池峰山、岩木山には分布しない。ヒナザクラ フレッシュアイペディアより)

  • 藤田記念庭園

    藤田記念庭園から見た岩木山岩木山

    日本商工会議所会頭も務めた実業家である藤田謙一が、1919年(大正8年)に郷里である弘前市に別邸を構える際に東京から庭師を招いてつくらせた江戸風な景趣の庭園である。園内は、高さ13mの崖地をはさんで高台部と低地部に分かれており、高台部は岩木山を借景した洋風庭園で、低地部は池泉回遊式の日本庭園となっている。総面積は約21,800m2に及び、東北地方でも有数の大規模な庭園である。藤田記念庭園 フレッシュアイペディアより)

  • 五所川原西バイパス

    五所川原西バイパスから見た岩木山岩木山

    津軽自動車道・五所川原北ICに連結し、終点のつがる柏ICまで至る、五所川原市街地を迂回するバイパス機能を持った延長 3.8kmの自動車専用道路である。整備区間には岩木川があり、川の両側には自然堤防が形成され、堤防上に道路(青森県道43号五所川原車力線、青森県道151号蒔田五所川原線)があるため、これらを跨ぐかなり大きな橋梁が必要となる。事業計画書では、この「奥津軽大橋(仮称時は岩木川橋)」は橋長325mの予定であったが、橋梁付近の地盤が軟弱で液状化現象や圧密沈下を生じる可能性があるため、橋長が496mに変更された。ほかにも旧十川に架かる「望橋(仮称時は柳川橋)」やJR五能線を跨ぐ「つがるこ線橋(仮称時は小曲跨線橋)」が、いずれも再検討の結果、橋長は100mから98m、64mから139mに変更されている。当道整備に際して、2005年(平成17年)に沿道地域住民との景観ワークショップが開催され、周辺の田園風景や岩木山の眺望を妨げない形での整備が決定されている。五所川原西バイパス フレッシュアイペディアより)

114件中 21 - 30件表示

「岩木山」のニューストピックワード