81件中 31 - 40件表示
  • 求聞寺

    求聞寺から見た岩木山岩木山

    寛永6年(1629年)に岩木山三所大権現(現在の岩木山神社)の別当寺で、津軽真言五山の一つでもある百沢寺の虚空蔵堂として創建されたのが起源。求聞寺 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前天満宮

    弘前天満宮から見た岩木山岩木山

    天満宮(てんまんぐう)は青森県弘前市西茂森、西方岩木山に相対し眼下に先達ヶ渕を見下ろす景勝地に鎮座する神社(天満宮)。地名を冠して弘前天満宮(ひろさきてんまんぐう)とも称される。旧村社。弘前天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • 根深誠

    根深誠から見た岩木山岩木山

    青森県弘前市出身。青森県立弘前高等学校、明治大学農学部卒業。同大学山岳部OB。小学校の時から登山に親しみ、家を出てから下駄履きで岩木山登山をして帰って来たときもあった。根深誠 フレッシュアイペディアより)

  • 深田久弥

    深田久弥から見た岩木山岩木山

    1947年(昭和22年)に、雨天の夏に岩木山に登頂。深田久弥 フレッシュアイペディアより)

  • 揚亀園

    揚亀園から見た岩木山岩木山

    石で護岸された複雑な汀線から成る池を中心として、敷地の東端に茶室である揚亀庵を配置し、西端になだらかな筑山を造成している。筑山の樹間からは津軽冨士岩木山と弘前公園の老松が見え、池の東岸の礼拝石に向かい飛石が打たれており、池に浮かぶ中島、対岸に設けられた渓谷を模して造られた枯流れ・枯滝石組を眺望できる。2か所に架けられた木橋や石灯籠、傘型のクロマツなども配置されている。揚亀園 フレッシュアイペディアより)

  • 雪形

    雪形から見た岩木山岩木山

    しかし、一つの山に一つの雪形と限られるわけではない。富士山や岩木山のようにいくつもの雪形がほとんど同時に見られる山もある。同じ山でも見る角度や地域、時期によってなる雪形が見立てられていることもある。雪形 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木川

    岩木川から見た岩木山岩木山

    青森県中津軽郡西目屋村の白神山地雁森岳(標高987m)に源を発し、岩木山南麓を北東に流れる。弘前市から概ね北に向きを変え、津軽平野を潤す。津軽半島西部を流れ、河口近くに十三湖を形成したのち五所川原市十三で日本海に注ぐ。岩木川 フレッシュアイペディアより)

  • 白神岳

    白神岳から見た岩木山岩木山

    白神岳は地元大間越の人たちが旧暦8月1日に登山を行い祈りをささげてきた、信仰の山でもある。深浦町岩崎地区には「白神の嶽と岩木山は姉妹の関係にある。女ぶりのよくない姉が白神の嶽の神となり、下の妹が岩木山の神となったので、岩崎の人々は岩木山を『下の神の山』というようになった」という伝説がある。白神岳 フレッシュアイペディアより)

  • 北湾山系

    北湾山系から見た岩木山岩木山

    原田によれば、日本北湾は表面および裏面の2帯に分かれ、蝦夷、北上、阿武隈、足尾、上総房総三浦および関東の6山系は表面に属する。これは津軽海峡、仙台および関東平野ならびに浦賀水道によって分離され、南北から方向を変え西北西に向かう一変形と見られた。裏面は東西の2隆起帯とこれを連ねる東西山脈から成り、このために中間の窪地帯は弘前、能代川、御物川、山形、米沢および会津の諸盆地をなすといい、那須、岩木および弥彦の3噴火脈の並走の事実が挙げられた。表裏両面の境界である中央線は、北海道では石狩、千歳および勇払の平原をなし、本州では馬淵、北上および阿武隈の縦谷から那須野、宇都宮付近に至り、右に曲がって日光および中禅寺を経て足尾山系の西北を通過するとされた。北湾山系 フレッシュアイペディアより)

  • よされ節

    よされ節から見た岩木山岩木山

    またこれらの楽曲の歌詞に「お岩木」(岩木山、岩木川)がしばしば登場する。よされ節 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「岩木山」のニューストピックワード