81件中 61 - 70件表示
  • 独立峰

    独立峰から見た岩木山岩木山

    岩木山 :標高1,625m。青森県所在。独立峰 フレッシュアイペディアより)

  • 女人禁制

    女人禁制から見た岩木山岩木山

    民俗学者の柳田国男は姥捨山・岩木山の登山口にも姥石という結界石があるのに着目し、結界を越えた女性が石に化したという伝説を『妹の力』『比丘尼石』のなかで紹介している。結界石・境界石の向こうは他界(他界)であり、宗教者は俗世から離れた一種の他界で修行を積むことによって、この世ならぬ力を獲得すると考えられた。女人禁制 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た岩木山岩木山

    世界遺産白神山地を有し、景勝地十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、下北半島の仏ヶ浦などの自然環境が数多く残されている。青森県の中央部には奥羽山脈が縦走し、西側の津軽地方と東側が南部地方(三八地方・上北地方・下北地方)ではそれぞれ異なる歴史や気候、文化、風土を持つ。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山竜太

    岩木山竜太から見た岩木山岩木山

    四股名は、郷里の岩木町と岩木山に由来する。岩木山竜太 フレッシュアイペディアより)

  • 東北百名山

    東北百名山から見た岩木山岩木山

    出羽三山、岩木山、鳥海山、飯豊山および安達太良山を筆頭に、古来より信仰の山とされ、山岳修験の山として開山されてきたものも少なくない。これらの山々は実りの神、農耕の神として崇められてきた。深田久弥の日本百名山は15座を数える。東北百名山 フレッシュアイペディアより)

  • つがる (列車)

    つがる (列車)から見た岩木山岩木山

    列車名の由来は、国の天然記念物でもある「青森県東津軽郡平内町の浅所海岸に飛来するハクチョウが、「岩木」は青森県弘前市および鰺ヶ沢町にある岩木山である。つがる (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 火山帯

    火山帯から見た岩木山岩木山

    鳥海火山帯(ちょうかいかざんたい)は、北海道南西海上の渡島大島から那須火山帯と平行して東北地方の日本海側を通り、新潟県南部の苗場山に至る火山群である。主な火山は北から、渡島大島、岩木山、鳥海山、森吉山、鳥海山、月山、浅草岳、守門岳、燧ヶ岳、苗場山などである。火山帯 フレッシュアイペディアより)

  • 天明の大飢饉

    天明の大飢饉から見た岩木山岩木山

    東北地方は1770年代より悪天候や冷害により農作物の収穫が激減しており、既に農村部を中心に疲弊していた状況にあった。こうした中、天明3年3月12日(1783年4月13日)には岩木山が、7月6日(8月3日)には浅間山が噴火し、各地に火山灰を降らせた。火山の噴火は、それによる直接的な被害にとどまらず、日射量低下による冷害傾向をももたらすこととなり、農作物には壊滅的な被害が生じた。このため、翌年から深刻な飢饉状態となった。さらに当時は、田沼意次時代で重商主義政策がとられていたこととも相まって、米価の上昇に歯止めが掛からず、結果的に飢饉が全国規模に拡大することとなった。天明の大飢饉 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見た岩木山岩木山

    日本海側には、ユーラシアプレートと北アメリカプレートの境界が南北に走っているため、那須火山帯と平行に鳥海火山帯が南北に走っている。この火山帯の上には、白神山地・出羽山地(太平山地・朝日山地・飯豊山地)・越後山脈が連なっており、岩木山・鳥海山・月山などの美しい稜線を持った火山が見られる。山地が海に接する部分では、海岸沿いに温泉が湧いており、海を眺めながら入浴することができる。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地理

    日本の地理から見た岩木山岩木山

    山:岩木山、八甲田山、岩手山、早池峰山、鳥海山、蔵王山、月山、朝日岳、吾妻山、飯豊山、安達太良山、磐梯山、燧ケ岳 など日本の地理 フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「岩木山」のニューストピックワード