114件中 71 - 80件表示
  • 弘前城菊と紅葉まつり

    弘前城菊と紅葉まつりから見た岩木山岩木山

    毎年10月中旬から11月上旬に開催。その年のNHK大河ドラマをテーマとした菊人形の舞台や、菊の岩木山、菊の五重塔などが植物園内を彩る。ほかにも、菊で動物をかたどった「トピアリー」、市民菊花展、ステージイベント、ミニSL運行などが行われる。以前は、弘前城もみじと菊人形という名称であった。弘前城菊と紅葉まつり フレッシュアイペディアより)

  • 根深誠

    根深誠から見た岩木山岩木山

    青森県弘前市出身。青森県立弘前高等学校、明治大学農学部卒業。同大学山岳部OB。小学校の時から登山に親しみ、家を出てから下駄履きで岩木山登山をして帰って来たときもあった。根深誠 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山神社

    岩木山神社から見た岩木山岩木山

    岩木山神社(いわきやまじんじゃ)は、青森県弘前市百沢の岩木山の南東麓にある神社。別称、「お岩木さま」「お山」「奥日光」。旧社格は国幣小社で、津軽国一宮とされる。岩木山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 揚亀園

    揚亀園から見た岩木山岩木山

    石で護岸された複雑な汀線から成る池を中心として、敷地の東端に茶室である揚亀庵を配置し、西端になだらかな筑山を造成している。筑山の樹間からは津軽冨士岩木山と弘前公園の老松が見え、池の東岸の礼拝石に向かい飛石が打たれており、池に浮かぶ中島、対岸に設けられた渓谷を模して造られた枯流れ・枯滝石組を眺望できる。2か所に架けられた木橋や石灯籠、傘型のクロマツなども配置されている。揚亀園 フレッシュアイペディアより)

  • 求聞寺

    求聞寺から見た岩木山岩木山

    寛永6年(1629年)に岩木山三所大権現(現在の岩木山神社)の別当寺で、津軽真言五山の一つでもある百沢寺の虚空蔵堂として創建されたのが起源。求聞寺 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前天満宮

    弘前天満宮から見た岩木山岩木山

    天満宮(てんまんぐう)は青森県弘前市西茂森、西方岩木山に相対し眼下に先達ヶ渕を見下ろす景勝地に鎮座する神社(天満宮)。地名を冠して弘前天満宮(ひろさきてんまんぐう)とも称される。旧村社。弘前天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • おしら様

    おしら様から見た岩木山岩木山

    おしら様の2体の人形をつかって遊ばせる際のおしら祭文としては、「きまん(金満)長者物語」、「満能長者物語」、「せんだん栗毛」、「岩木山一代記」などがあり、坂上田村麻呂伝承の猿賀神社の由来を同時に語るとも伝えられる。イタコが参与する場合は、このような祭文を語りながら、おしら様一対を両手にとって打ち振り、憑依したような状態になって託宣をおこなうことが多い。おしら様 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前アレッズ

    弘前アレッズから見た岩木山岩木山

    ロゴマークは「HIROSAKI AREDS」を図案化。「A」の頭部は三つの頂に分けて岩木山をイメージ。黄色い円環ラインは頂点への道と市民との一体感を象徴。ユニホームはリンゴと「情熱・勇気」を表す赤を使った、ストライプ仕立てになっている。弘前アレッズ フレッシュアイペディアより)

  • いのち (NHK大河ドラマ)

    いのち (NHK大河ドラマ)から見た岩木山岩木山

    オープニング映像は水晶玉に光をあて光がうねるような描写と燃え盛る炎が交互に現れるという、物語を象徴するような激しくも幻想的な作りとなっている。そのバックには、ドラマ中の重要なシンボルである岩木山の眺望がかげろうのように浮かび上がる。いのち (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地理

    日本の地理から見た岩木山岩木山

    山:岩木山、八甲田山、岩手山、早池峰山、鳥海山、蔵王山、月山、朝日岳、吾妻山、飯豊山、安達太良山、磐梯山、燧ケ岳 など日本の地理 フレッシュアイペディアより)

114件中 71 - 80件表示

「岩木山」のニューストピックワード