81件中 71 - 80件表示
  • 八甲田山

    八甲田山から見た岩木山岩木山

    八甲田山(はっこうださん)は、青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つ。「八甲田山」と名がついた単独峰は存在しない。岩木山と同様 本州最北部にある火山群。命名の由来について「新撰陸奥国志」によれば、八の(たくさんの)甲(たて)状の峰と山上に多くの田代(湿原)があるからという。現在の火山活動は穏やか。周辺は世界でも有数の豪雪地帯。八甲田山 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前アレッズ

    弘前アレッズから見た岩木山岩木山

    ロゴマークは「HIROSAKI AREDS」を図案化。「A」の頭部は三つの頂に分けて岩木山をイメージ。黄色い円環ラインは頂点への道と市民との一体感を象徴。ユニホームはリンゴと「情熱・勇気」を表す赤を使った、ストライプ仕立てになっている。弘前アレッズ フレッシュアイペディアより)

  • 神体山

    神体山から見た岩木山岩木山

    Image:Iwakiyama_Shrine_shameihyo.jpeg|岩木山神社。背後が岩木山神体山 フレッシュアイペディアより)

  • 青森放送

    青森放送から見た岩木山岩木山

    映像は青森県内の四季の風景を冬から順に紹介している。観光VTRのような仕上がりになっている。放送時間が2分20秒と少し長い(八甲田連峰の樹氷→弘前城雪燈籠まつり→脇野沢村のタラ漁→八戸えんぶり→弘前さくらまつり→青森ねぶた祭り→八戸三社大祭→りんごの収穫→稲刈り→お山参詣→岩木山山頂からの日の出)。OPのBGMは、1993年ごろの鯵ヶ沢赤石中継局(57ch)開局までまでは約4分で途切れなく流れていたが、鯵ヶ沢赤石中継局(57ch)開局後はカラーバーから中継局ロールが流れる画面に変わる時に最初の部分からの繰り返しになり、『日テレNEWS24(当時NNN24)』の放送開始からは2分20秒のショートカット版が流れている。なお、2008年7月24日から「地上アナログ放送終了告知画面」(読み上げは田村啓美、アナログ最末期は筋野裕子)が、「局名告知」終了直後に30秒間BGM・アナウンス付きで放送されている。告知画面は、一般的なブルーバック画面である。青森放送 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛ヶ峯

    櫛ヶ峯から見た岩木山岩木山

    山頂からは、十和田湖や岩木山、北八甲田山、青森市などを見ることができ、360度の眺望を得ることができる。山頂から、廃道になったかつての登山道を降りると崩れた祠の跡がある。祠には開山の経緯が掘られた碑があり、その碑文によると、櫛ヶ峯に登山道が作られたのは1956年(昭和31年)10月である。櫛ヶ峯 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永

    宝永から見た岩木山岩木山

    3月14日 同日に岩木山および三宅島噴火。宝永 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山神社

    岩木山神社から見た岩木山岩木山

    岩木山神社(いわきやまじんじゃ)は、青森県弘前市百沢の岩木山の南東麓にある神社。別称、「お岩木さま」「お山」「奥日光」。旧社格は国幣小社で、津軽国一宮とされる。岩木山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥海山

    鳥海山から見た岩木山岩木山

    岩木山 - 青森県にある山。山頂が三峰に分かれており、うち西側の峰が鳥海山と呼ばれる。鳥海山 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦雄一郎

    三浦雄一郎から見た岩木山岩木山

    初めてスキーに接したのは小学校2年時、当時住んでいた弘前市の弘前城公園の坂をスキーで滑ったのがきっかけで、その後一家で仙台市郊外の農場に引っ越した際に本格的にスキーを始め、旧制青森中学校在学時に岩木山で開かれたスキー大会で優勝し初タイトルを獲得する。青森県立弘前高等学校在学時に、全日本スキー選手権大会の滑降競技で入賞、青森県高等学校スキー大会で3年連続個人優勝するなどの実績を重ねた。また同時期、スキージャンプを借り物のスキーで初めて飛んだにもかかわらず、県の二位に入ったこともある。三浦雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前市

    弘前市から見た岩木山岩木山

    山:岩木山、久渡寺山、棺森、尾開山、堂ケ平山、森山、高館山、高長根山、荒神山弘前市 フレッシュアイペディアより)

81件中 71 - 80件表示

「岩木山」のニューストピックワード