67件中 11 - 20件表示
  • 岩木山

    岩木山から見た日本百名山

    岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する標高1,625 mの安山岩(SiO2 56?64%)からなる成層火山(コニーデ型)。円錐形の山容から津軽富士、また、しばしば「お」をつけて「お岩木(山)」とも呼ばれる。津軽平野のどこからでも見ることができる独立峰で青森県の最高峰。山頂部は、岩木山・鳥海山・厳鬼山(岩鬼山)の3つの峰で形成されている。日本百名山及び新日本百名山に選定されている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た富士山

    山域は1975年(昭和50年3月31日)に、津軽国定公園に指定された。岩木山の南麓に広がる2,587 haの高原が、青森県の岩木高原県立自然公園に指定されている。富士山に似た山容であることから、津軽富士とも呼ばれている郷土富士である。太宰治はその山容を「十二単を拡げたようで、透き通るくらいに嬋娟たる美女」と例えている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た重要無形民俗文化財

    山岳信仰の山であり、山頂には岩木山神社奥宮がある。岩木山神社で毎年旧暦8月1日に行なわれる例大祭「お山参詣」(国の重要無形民俗文化財に指定)は津軽地方最大の農作祈願祭で、多くの人々が深夜に山頂登拝し御来光を拝む。参詣時に唱える言葉は、修験系のものであるが、出羽三山や早池峰山などのように修験者が前面に出ることはなく、岩木山の頂上が見られる地域の住民の多くが参加していたお山参詣の習俗は特異的といえよう。なお、山頂の岩木山神社奥宮では夏季になると職員が常駐し、お守りや登頂記念の手拭いを購入することが出来る。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見たNHK総合

    NHK大河ドラマ『いのち』 NHK総合、1986年1月?12月放送:津軽が主な舞台であり、岩木山や岩木山神社が象徴的なかたちで度々登場する。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た弘前市

    岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する標高1,625 mの安山岩(SiO2 56?64%)からなる成層火山(コニーデ型)。円錐形の山容から津軽富士、また、しばしば「お」をつけて「お岩木(山)」とも呼ばれる。津軽平野のどこからでも見ることができる独立峰で青森県の最高峰。山頂部は、岩木山・鳥海山・厳鬼山(岩鬼山)の3つの峰で形成されている。日本百名山及び新日本百名山に選定されている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た青森県

    青森県に位置する火山。本項にて説明。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た索道

    南東斜面には1965年に津軽岩木スカイラインが完成し、バスやマイカーなどで8合目まで行くことができる。更に鳥海山(9合目)までリフトが運行されている。また、途中にはブナの森の遊歩道「巨木の森」や、冷たい水が湧き出る「ぶなの泉」などがある。なお、8合目からのリフトは点検整備のため紅葉のころには運行を終了する。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た河川

    以下の源流となる河川は日本海へ流れる。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た西津軽郡

    岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する標高1,625 mの安山岩(SiO2 56?64%)からなる成層火山(コニーデ型)。円錐形の山容から津軽富士、また、しばしば「お」をつけて「お岩木(山)」とも呼ばれる。津軽平野のどこからでも見ることができる独立峰で青森県の最高峰。山頂部は、岩木山・鳥海山・厳鬼山(岩鬼山)の3つの峰で形成されている。日本百名山及び新日本百名山に選定されている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た噴火

    有史上、17世紀から19世紀にかけて数度の噴火を見せた。一番規模の大きかった1783(天明3)年3月12日の噴火では新火口を形成したほか、周囲に火山灰を降らせ天明の大飢饉の一因となった。1978年5月には赤倉沢で活発な噴気活動を観測している。岩木山 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「岩木山」のニューストピックワード