67件中 31 - 40件表示
  • 岩木山

    岩木山から見たパーセント

    岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する標高1,625 mの安山岩(SiO2 56?64%)からなる成層火山(コニーデ型)。円錐形の山容から津軽富士、また、しばしば「お」をつけて「お岩木(山)」とも呼ばれる。津軽平野のどこからでも見ることができる独立峰で青森県の最高峰。山頂部は、岩木山・鳥海山・厳鬼山(岩鬼山)の3つの峰で形成されている。日本百名山及び新日本百名山に選定されている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見たサクラソウ属

    徒歩での登山は、鰺ヶ沢、赤倉、百沢、嶽などの登山道があり、どの登山道も古くからお山参詣に使用された。百沢コースは岩木山神社を経るため、お山参詣では一番多く利用されている。登山道にはウコンウツギ、ハイマツ、ミヤマキンバイ、岩木山の固有種(秋田県の田代岳にも自生)であるサクラソウ属のミチノクコザクラ(陸奥小桜)などの高山植物が自生している。鳳鳴避難小屋から百沢コースに少し下ると種蒔苗代と呼ばれる小さな池があり、湖畔にはミチノクコザクラが多い。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見たナクア白神スキーリゾート

    ナクア白神スキーリゾート - 北西山腹(旧・鯵ヶ沢大スキー場)岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た天明の大飢饉

    有史上、17世紀から19世紀にかけて数度の噴火を見せた。一番規模の大きかった1783(天明3)年3月12日の噴火では新火口を形成したほか、周囲に火山灰を降らせ天明の大飢饉の一因となった。1978年5月には赤倉沢で活発な噴気活動を観測している。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た火山灰

    有史上、17世紀から19世紀にかけて数度の噴火を見せた。一番規模の大きかった1783(天明3)年3月12日の噴火では新火口を形成したほか、周囲に火山灰を降らせ天明の大飢饉の一因となった。1978年5月には赤倉沢で活発な噴気活動を観測している。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た山小屋

    山頂及び周辺の登山道には3つの避難小屋がある。遭難事故の翌年の1965年(昭和40年)に、鳳鳴ヒュッテが建てられた。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た津軽国定公園

    山域は1975年(昭和50年3月31日)に、津軽国定公園に指定された。岩木山の南麓に広がる2,587 haの高原が、青森県の岩木高原県立自然公園に指定されている。富士山に似た山容であることから、津軽富士とも呼ばれている郷土富士である。太宰治はその山容を「十二単を拡げたようで、透き通るくらいに嬋娟たる美女」と例えている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た小結

    岩木山竜太 - 最高位小結。2010年9月場所限りで現役引退。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た五所川原市

    岩木山から遠かった五所川原市市浦地区には、関東で見られる富士講の様に岩木山に見立てた近隣の三角錐型の小さな山(靄山 標高152m)に参詣する習俗があった。市浦地区の靄山には岩木山神社があり、別名脇本岩木山と呼ばれている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木山

    岩木山から見た三角点

    独立峰である山頂からは、360度の展望が得られる。山頂には、一等三角点が設置されている。岩木山 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「岩木山」のニューストピックワード