48件中 21 - 30件表示
  • 内海哲也

    内海哲也から見た岩田稔岩田稔

    ポストシーズンでは埼玉西武ライオンズとの日本シリーズ第3戦と第7戦に先発し、第3戦では5回3失点ながらも打線の援護に助けられ、勝利投手。第7戦も6回途中までヒラム・ボカチカの本塁打による1失点に抑えたが、第3戦に続き、四球を連発し途中降板。その後、リリーフした越智大祐が打ち込まれ逆転を許し、日本一を逃した。四球の多さに不安こそ残したものの、被本塁打は7本と両リーグの規定投球回到達者中、楽天の岩隈久志、阪神の岩田稔に次ぐ少なさを誇り、防御率はリーグ3位の2.73を記録した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た岩田稔岩田稔

    350二塁打:2012年9月14日、対阪神タイガース22回戦(東京ドーム)、7回裏に岩田稔から右線二塁打 ※史上35人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 10月31日

    10月31日から見た岩田稔岩田稔

    1983年 - 岩田稔、プロ野球選手10月31日 フレッシュアイペディアより)

  • 辻内崇伸

    辻内崇伸から見た岩田稔岩田稔

    高校時代、学校を訪れていたOBの岩田稔(当時関大)から指導を受けたことがある。辻内崇伸 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一生

    中村一生から見た岩田稔岩田稔

    は開幕二軍スタートとなったが、5月17日の対巨人戦で坂口智隆が試合中に負傷したのを受け、5月19日に一軍登録。一軍昇格後は代走・守備要員、相手投手が左投手時のスタメンとして出場機会を得た。外野手のバックアップとしてシーズン終盤まで帯同し、中日時代の通算26試合を上回る62試合に出場した。打撃では60打席中4割に相当する24三振を喫して打率.204に留まったが、中日時代を上回る11安打6打点を記録し、5月23日の対阪神戦では岩田稔から3年ぶりの本塁打、5月31日の古巣・中日戦では3番でスタメン出場を果たして同点の犠飛を放つ活躍もあった。中村一生 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た岩田稔岩田稔

    は同じ左腕の岩田稔など投手陣に故障者が出た影響もあって開幕から先発ローテーション入り。6月までは打線の援護に恵まれない試合もあって負けが先行し、7月4日の対東京ヤクルトスワローズ戦では5回途中4失点で敗戦投手となり、その後3試合はリリーフでの登板となる。7月19日の対巨人戦で再び先発して9回を2安打無失点12奪三振で勝利投手となった後は登板した11試合全てに先発して9勝2敗と安定した投球を続け、プロ入り後初の規定投球回到達となるリーグ9位の165回を投げ、共に同4位の防御率2.62に13勝、同2位の154奪三振といずれもチームトップの成績を記録した。同年は対巨人戦で内海哲也を相手に4試合連続で投げ勝ち、広島東洋カープに対しても7試合の登板で4勝して防御率1.45と得意にした。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!!タイガース党

    熱血!!タイガース党から見た岩田稔岩田稔

    しかし、2012年には3年振りに当コーナーが復活。新井貴浩・関本賢太郎・平野恵一・能見篤史・榎田大樹が、週替わりで1名ずつリポーターを務めていた。2013年のキャンプ期間中には、新井良太・久保康友・岩田稔・桧山進次郎が週替わりでリポートを担当した。熱血!!タイガース党 フレッシュアイペディアより)

  • 1型糖尿病

    1型糖尿病から見た岩田稔岩田稔

    岩田稔 阪神タイガースの投手で、風邪によるウイルスで発症1型糖尿病 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪桐蔭中学校・高等学校

    大阪桐蔭中学校・高等学校から見た岩田稔岩田稔

    岩田稔(阪神タイガース)大阪桐蔭中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 野口寿浩

    野口寿浩から見た岩田稔岩田稔

    は前年の上園とのコンビもあって「若い投手を頼む」と言われスタート。前半戦は上園、岩田稔、ライアン・ボーグルソンらが先発する試合でスタメン出場し、矢野が北京五輪代表として離脱中は正捕手を務めたが、矢野の復帰後は出場機会が減少した。また、前年に好成績を残した打撃は不振で守備でも捕逸が目立ったが、岩田の台頭に大きな役割を果たした。同年に再取得したFA権をオフに行使し、相川亮二のFA移籍に伴い捕手の補強を目指していた横浜ベイスターズが獲得の意思を表明。12月4日に2年契約で合意した。野口寿浩 フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「岩田稔」のニューストピックワード