66件中 31 - 40件表示
  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た岩田稔岩田稔

    1月9日 - 2009年初のスタッフ会議より、岩田稔を日本代表候補に追加招集することが決定。本人も、「突然の招集に驚いていますが大変光栄なこと。」と快諾。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 山口高志

    山口高志から見た岩田稔岩田稔

    からは、オリックス時代以来3年ぶりに阪神球団本部編成部の投手担当スカウトとなった。2005年には、1型糖尿病の影響で公式戦への登板実績が乏しかった大学の後輩・岩田稔を、希望枠制度での入団に導いた。山口高志 フレッシュアイペディアより)

  • 荒波翔

    荒波翔から見た岩田稔岩田稔

    初打点:2011年10月19日、対阪神タイガース22回戦(阪神甲子園球場)、6回表に岩田稔から右翼線適時二塁打荒波翔 フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た岩田稔岩田稔

    阪神とのクライマックスシリーズ第1ステージ第3戦の第1打席で岩田稔から死球を受け退場したが、巨人との第2ステージの出場には間に合い初戦ではセス・グライシンガーから先頭打者本塁打を放った。しかしこの試合から12打数連続無安打を記録、結局第2ステージでは2割1分1厘1本塁打1打点6三振という結果に終わりチームも敗退。誕生日であった10月25日の第2ステージ第4戦ではレフトスタンドの中日ファン(応援団は来場せず)からハッピーバースデーが歌われ、第1戦以来の安打を打ったが、チームの敗戦により日本シリーズ出場を逃し悔しい誕生日となりシーズンを終えた。李炳圭 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団

    1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団から見た岩田稔岩田稔

    岩島章博(富士フイルム)・岩田稔(新日鉄)・奥野浩昭(サントリー)・川合俊一(日体大)・下村英士(専売公社)・杉本公雄(富士フイルム)・蘇武幸志(富士フイルム)・田中幹保(新日鉄)・古川靖志(日本鋼管)・御嶽和也(富士フイルム)・三橋栄三郎(富士フイルム)・山田修司(富士フイルム)1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た岩田稔岩田稔

    開幕から一軍の先発ローテーションに入っていた岩田稔の不調を背景に、4月20日の対ヤクルト戦(甲子園)で、先発投手としてシーズン初の一軍公式戦登板。6回まで無安打に抑えた末に、7回を1被安打という好投で、一軍では自身2年振りの勝利を挙げた。その後も先発で2試合に登板したが、いずれも序盤に崩れたため、先発ローテーションへの定着を果たせなかった。さらに、6月には左肘の靱帯を損傷。長期の戦線離脱を余儀なくされた。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た岩田稔岩田稔

    は野口が岩田稔や上園啓史ら若手とバッテリーを組み、矢野は主に安藤優也や下柳剛、福原忍らと組む併用でスタート。スタメン出場しなかった試合では終盤に代打で出場し、その後抑えの藤川球児とバッテリーを組むような起用が多く、2年ぶりに規定打席に到達。夏場には藤川、新井貴浩と共に北京五輪代表に招集された。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一生

    中村一生から見た岩田稔岩田稔

    は公式戦の開幕を二軍で迎えた。正中堅手の坂口智隆が5月17日の対巨人戦(東京ドーム)で負傷したことから、19日に移籍後初の出場選手登録。代走、外野の守備要員、左投手の先発が予想される試合でのスタメン要員として、シーズン終盤まで一軍に帯同した。一軍公式戦には、通算で62試合に出場。中日時代を上回る11安打6打点を記録した。5月には、23日の対阪神タイガース戦で岩田稔から一軍で3年振りの本塁打を放つと、31日の対中日戦(いずれも京セラドーム大阪)では3番打者としてスタメンに起用された。中村一生 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た岩田稔岩田稔

    1000三振:2012年4月8日、対阪神タイガース3回戦(阪神甲子園球場)、3回表に岩田稔の前に空振り三振 ※史上53人目高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 鵜久森淳志

    鵜久森淳志から見た岩田稔岩田稔

    ''、開幕一軍入りを果たすと、開幕5戦目に当たる3月30日の対阪神タイガース戦(神宮球場)で移籍後初めてスタメンに起用。4回裏の第2打席で岩田稔から勝ち越しのソロ本塁打を放ったことによって、開幕戦からのチームの連敗を4で止めることに貢献した。この一打は、一軍公式戦における自身4年振りの本塁打で、同球場におけるチームのシーズン公式戦初本塁打でもあった。以降の一軍公式戦でも、左投手の先発が予告された場合のスタメンや、左投手に対する代打として随時出場。甲子園球場におけるプロ入り後初の公式戦であった8月27日の同カードでは、「5番・右翼手」としてスタメンに起用されると、3回表の第2打席に岩崎優から一軍公式戦で初めての満塁本塁打を放った。さらに、第3打席で適時打を放ったことによって、一軍公式戦では自身最多の1試合5打点も記録した。一軍公式戦全体でも、プロ入り後最多の46試合に出場。自己タイ記録の4本塁打を放ったほか、打率.257、自己最多の19打点という成績を残した。鵜久森淳志 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「岩田稔」のニューストピックワード