48件中 31 - 40件表示
  • 金村曉

    金村曉から見た岩田稔岩田稔

    7月17日の対読売ジャイアンツ戦に岩田稔の代わりに登板し6回1失点の好投を見せた。同年9月6日の対広島東洋カープ戦で5回から3番手投手として登板し、1イニングを無失点に抑え、阪神移籍後初の白星をあげた。その後は手薄となった中継ぎ陣に加わり、リリーフとして活躍した。金村曉 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た岩田稔岩田稔

    1月9日 - 2009年初のスタッフ会議より、岩田稔を日本代表候補に追加招集することが決定。本人も、「突然の招集に驚いていますが大変光栄なこと。」と快諾。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 守口市

    守口市から見た岩田稔岩田稔

    岩田稔(阪神タイガースのプロ野球選手)守口市 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た岩田稔岩田稔

    【NPB】巨人外野手の谷佳知が対阪神22回戦(東京ドーム)7回裏、岩田稔から二塁打を放ち、プロ野球史上35人目となる通算350二塁打を達成した。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た岩田稔岩田稔

    は野口が岩田稔や上園啓史ら若手とバッテリーを組み、矢野は主に安藤優也や下柳剛、福原忍らと組む併用でスタート。スタメン出場しなかった試合では終盤に代打で出場し、その後抑えの藤川球児とバッテリーを組むような起用が多く、2年ぶりに規定打席に到達。夏場には藤川、新井貴浩と共に北京五輪代表に招集された。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た岩田稔岩田稔

    1000三振:2012年4月8日、対阪神タイガース3回戦(阪神甲子園球場)、3回表に岩田稔から ※史上53人目高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ガリクソン

    ビル・ガリクソンから見た岩田稔岩田稔

    岩田稔 一型糖尿病を罹患しながらガリクソン同様プロでローテーション投手としてプレーしている。ビル・ガリクソン フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・スウィーニー

    ブライアン・スウィーニーから見た岩田稔岩田稔

    初安打:2008年6月21日、対阪神タイガース3回戦(阪神甲子園球場)、3回表に岩田稔から右前安打ブライアン・スウィーニー フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た岩田稔岩田稔

    2008年は安藤の復活、岩田稔の台頭こそあったものの、JFKをはじめとするリリーフを中心とする投手陣編成は変わらなかった。しかしリリーフ陣に前年ほどの安定感はなく、特にウィリアムスと久保田の不調、さらに北京五輪で主力選手を欠いて打撃陣が不調に陥ったことも重なり優勝を逃す結果となった。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た岩田稔岩田稔

    は2月の春季キャンプで右肩を痛め、開幕に出遅れるも、5月10日に一軍に昇格。5月18日の阪神戦では3番・右翼手として出場し、岩田稔から先制タイムリーを放ち2度目のお立ち台に挙がった。その後も低迷したチーム打率や後藤光尊が二軍落ちした状況の中で3番としてチームを牽引した。後藤の復帰後は主に2番打者として起用され、交流戦では弟分である坂口智隆に次いで全体2位の打率.363を記録する。しかしその後は不調に陥り、8月29日に登録抹消される。その後は痛めた右肩の影響もあり一軍に昇格することは無く、10月13日に退団となった。。翌14日に右肩を手術した。12月2日、自由契約公示された。田口壮 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「岩田稔」のニューストピックワード