67件中 11 - 20件表示
  • 岩田稔

    岩田稔から見た今中慎二今中 慎二

    入団当初は「今中二世」と呼ばれていたが故障が多く、、と一軍登板したが、あと一歩で勝利を逃した。2007年6月21日、中学校の同級生の女性と結婚したことを発表。同年11月に第一子が誕生した。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見たビル・ガリクソン

    1型糖尿病のため1日4回のインスリン注射は欠かせないが、アマチュア時代に糖尿病を発症しつつもプロで活躍したビル・ガリクソンや、8歳で1型糖尿病を発症しながらエアロビックの世界チャンピオンになった大村詠一に勇気づけられたことから「自分が頑張ることで、同じように糖尿病と戦っている人たちを勇気づけていきたい」と話す。また、1勝するたびに10万円を糖尿病研究のために寄付している。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た中村剛也

    大阪府守口市出身。守口市立庭窪中学校から、大阪桐蔭高校時代は2年秋からエースとなり秋季府大会で準優勝して近畿大会でも8強入りしたが、同年の冬に風邪を引いた際のウイルス感染が元で1型糖尿病を発症。3年時にはエースナンバーを背負っていたが、腰の故障で登板機会はなかった。高校の同期には中村剛也、1年先輩には後にプロでもチームメイトとなる桟原将司がいた。高校卒業後の進路は社会人野球のチームに決まりかけていたが病気が分かってから取り消されたため、推薦で関西大学に進学。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た村山実

    大学でも故障に悩まされリーグ戦の通算成績は6勝10敗だったが、最速151 km/hの速球と縦に落ちるカーブを軸にカット・ファスト・ボール、チェンジアップなどの多彩な変化球が評価され、の大学・社会人ドラフトで希望入団枠制度により阪神へ入団。大学、阪神の大先輩である村山実を目標にしており、入団会見では「(背番号が村山の11より10多い21であることから)10倍頑張れということだと思います」と語った。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た新浦壽夫

    新浦壽夫 - 韓国プロ野球在籍中に糖尿病を発病したが活躍した選手。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た井生崇光

    初奪三振:同上、3回裏に井生崇光から岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た関西大学

    大阪府守口市出身。守口市立庭窪中学校から、大阪桐蔭高校時代は2年秋からエースとなり秋季府大会で準優勝して近畿大会でも8強入りしたが、同年の冬に風邪を引いた際のウイルス感染が元で1型糖尿病を発症。3年時にはエースナンバーを背負っていたが、腰の故障で登板機会はなかった。高校の同期には中村剛也、1年先輩には後にプロでもチームメイトとなる桟原将司がいた。高校卒業後の進路は社会人野球のチームに決まりかけていたが病気が分かってから取り消されたため、推薦で関西大学に進学。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た大阪桐蔭中学校・高等学校

    大阪府守口市出身。守口市立庭窪中学校から、大阪桐蔭高校時代は2年秋からエースとなり秋季府大会で準優勝して近畿大会でも8強入りしたが、同年の冬に風邪を引いた際のウイルス感染が元で1型糖尿病を発症。3年時にはエースナンバーを背負っていたが、腰の故障で登板機会はなかった。高校の同期には中村剛也、1年先輩には後にプロでもチームメイトとなる桟原将司がいた。高校卒業後の進路は社会人野球のチームに決まりかけていたが病気が分かってから取り消されたため、推薦で関西大学に進学。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見たオープン戦

    は春季キャンプ・オープン戦の好調が認められ、3月29日に開幕2戦目の対横浜ベイスターズ戦で先発投手に抜擢されプロ初勝利、4月26日には初完投勝利を挙げた。シーズン終盤は成績を落としたが年間通して先発ローテーションを守り10勝を挙げ、下柳剛に次ぐチーム2位の投球回数でセ・リーグ8位の防御率3.28。被本塁打は規定投球回に達した投手の中でリーグ最少の5本に抑えた。一方で左打者に対する被打率は3割を超え、リーグ最多タイの11死球、同4位の50四球、同5位で規定投球回に達した投手中リーグ最多の7暴投と、課題だった制球力がまだ不安定なことも露呈した。オフには秋季キャンプからフォームを意識している杉内俊哉に志願して合同自主トレをした。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た埼玉西武ライオンズ

    は第2回WBC日本代表に選出され中継ぎとして2試合に登板し、日本代表の大会2連覇に貢献した。しかし、大会後に左肩を痛めていたことが発覚し、帰国後の検査で「左肩肩峰下滑液胞炎」と診断された。6月10日の対埼玉西武ライオンズ戦で一軍復帰登板をするも打線の援護に恵まれずなかなか勝てなかったが、5度目の先発となった7月29日の対横浜戦で初完封勝利となるシーズン初勝利を挙げ、第二子の長女が誕生した9月9日の対中日ドラゴンズ戦でも完封勝利を挙げた。シーズン成績は7勝5敗、前年より少ない投球回数で前年を上回る奪三振数に、規定投球回未満ながら防御率2.68を記録した。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「岩田稔」のニューストピックワード