108件中 71 - 80件表示
  • 岩田稔

    岩田稔から見た投手

    岩田 稔(いわた みのる、1983年10月31日 - )は、阪神タイガースに所属する大阪府守口市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見たプロ野球選手

    岩田 稔(いわた みのる、1983年10月31日 - )は、阪神タイガースに所属する大阪府守口市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た宜野座村

    には、春季キャンプを主力選手中心の「沖縄組」で迎えると、一軍監督の金本知憲から第1クールのMVPに選出。一軍の開幕ローテーション6番手へ入ることを目標にオープン戦へ臨んだが、右投手である秋山拓巳・青柳晃洋の後塵を拝する結果に終わったため、一軍公式戦の開幕直前からは二軍での調整を強いられた。シーズン中盤にウエスタン・リーグの公式戦で好投を続けたことから、7月27日の対DeNA戦で、先発投手として一軍公式戦にシーズン初登板。5回を投げて毎回の5四球を出しながら、3被安打2失点で凌いだ末に、一軍公式戦では2015年9月20日の対ヤクルト戦(いずれも甲子園)以来676日振りの勝利を挙げた。次に先発で登板した8月3日の対広島戦(マツダ)4回裏に1死を取った時点で、NPB一軍公式戦通算1000投球回に到達。一軍公式戦では10試合の登板で3勝2敗、防御率4.25にとどまったものの、ストレートの球速が140km/h台の中盤にまで戻るなど、登板試合の随所で復調の兆しを見せた。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見たBRAVO!

    遠藤章造(ココリコ)とは、顔が似ていることから、公私にわたって交流。2008年に『BRAVO!』(読売テレビ)で共演したことを機に、同番組のMCだった遠藤から「弟」と呼ばれている。この縁で、岩田が先発した2014年5月25日の対ロッテ戦(甲子園)では、遠藤が始球式を務めた。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た打線

    には、レギュラーシーズンの開幕前に開かれた第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出。本選では、中継ぎで2試合に登板するとともに、日本代表の大会2連覇に貢献した。しかし、大会後に左肩を痛めていたことが発覚。帰国後の検査で「左肩肩峰下滑液胞炎」と診断されたため、一軍公式戦へのシーズン初登板は6月10日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)まで持ち越された。一軍復帰後は打線の援護に恵まれなかったものの、5度目の先発登板であった7月29日の対横浜戦で、一軍公式戦でのシーズン初勝利をプロ入り後初めての完封で挙げた。さらに、第二子(長女)が誕生した9月9日の対中日ドラゴンズ戦(いずれも甲子園)でも完封勝利をマーク。一軍公式戦での通算成績は7勝5敗で、リーグの最終規定投球回数に達しなかったものの、前年を下回る投球回数(110回2/3)で前年を上回る103三振を奪った。通算防御率は2.68で、前述の2完封勝利を含むプロ入り後自己最多の4完投を記録した。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見たWHIP

    10月9日・明治神宮野球場での対東京ヤクルトスワローズ戦)以来552日振りの登板であったが、7回3失点という内容で敗戦投手になった。5月5日の対巨人戦(東京ドーム)で、7回を1失点に抑えてシーズン初勝利。一軍公式戦では2009年10月4日の対中日戦(甲子園)以来578日振りの勝利であったため、試合後のヒーローインタビューでは号泣した。レギュラーシーズン全体では、先発ローテーションの一角を守りながら、チームトップの防御率2.29をマーク。WHIPも0.98という好記録を残したが、打線の援護に恵まれない試合が多かった影響で、9勝13敗と負け越した。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見たリリーフ

    には、レギュラーシーズンの開幕前に開かれた第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出。本選では、中継ぎで2試合に登板するとともに、日本代表の大会2連覇に貢献した。しかし、大会後に左肩を痛めていたことが発覚。帰国後の検査で「左肩肩峰下滑液胞炎」と診断されたため、一軍公式戦へのシーズン初登板は6月10日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)まで持ち越された。一軍復帰後は打線の援護に恵まれなかったものの、5度目の先発登板であった7月29日の対横浜戦で、一軍公式戦でのシーズン初勝利をプロ入り後初めての完封で挙げた。さらに、第二子(長女)が誕生した9月9日の対中日ドラゴンズ戦(いずれも甲子園)でも完封勝利をマーク。一軍公式戦での通算成績は7勝5敗で、リーグの最終規定投球回数に達しなかったものの、前年を下回る投球回数(110回2/3)で前年を上回る103三振を奪った。通算防御率は2.68で、前述の2完封勝利を含むプロ入り後自己最多の4完投を記録した。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た防御率

    には、春季キャンプ・オープン戦を通じて好調だったことから、プロ入り後初めて開幕一軍入りを果たした。3月29日には、横浜ベイスターズとの開幕カード第2戦(京セラドーム大阪)で先発投手に抜擢されると、6回を1失点に抑えて一軍公式戦での初勝利を挙げた。さらに、4月26日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(阪神甲子園球場)で一軍初の完投勝利を挙げるなど、シーズンを通じて一軍の先発ローテーションに定着。下柳剛に次ぐチーム2位の投球回数(159回2/3)へ達した末に、10勝10敗、セントラル・リーグ(セ・リーグ)8位の防御率3.28を記録した。被本塁打数をリーグ最終規定投球回に達した投手で最少の5本に抑えた一方で、リーグ最多タイ記録の11死球や、リーグ4位の50四球を出すなど制球面での課題を露呈。また、左打者に対する被打率が3割を超えたほか、リーグの最終規定投球回に達した投手では最も多い7暴投(リーグ5位)を記録した。このため、秋季キャンプからは、同じ左腕投手である杉内俊哉を意識したフォームに変更。シーズン終了後には、杉内の自主トレーニングに参加した。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た守口市立庭窪中学校

    守口市立庭窪中学校から大阪桐蔭高校に進学。高校2年秋からエースとなり秋季大阪府大会で準優勝して近畿大会でも8強入りしたが、同年の冬に風邪を引いた際のウイルス感染が元で1型糖尿病を発症。3年時にもエースナンバーを背負っていたが、腰の故障により夏の大阪府大会での登板機会はなかった。高校の同期には中村剛也、1年後輩には後にプロでもチームメイトとなる西岡剛がいた。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た日米野球2014

    には、シーズン初の一軍マウンドであった4月20日の対ヤクルト戦(甲子園)でシーズン初勝利。4月26日の対DeNA戦(横浜スタジアム)では、一軍公式戦では自身2年半振りの完投、および自身2度目の無四球勝利を記録した。7月には、月間4勝、防御率1.25という好成績で自身初の月間MVPを受賞。結局、最後まで一軍の先発ローテーションを担うとともに、リーグ2位の防御率2.54を記録した。チームがレギュラーシーズン3位で臨んだポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファイナルステージ第2戦(10月16日・東京ドーム)に先発で勝利。チームが4戦全勝でステージを突破すると、福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも、第4戦(10月29日)への先発で7回2失点と好投した。さらに、シーズン終了後に開かれた日米野球2014では、故障で出場を辞退した岸孝之に代わって日本代表に選出。阪神でのチームメイトである藤浪晋太郎が先発した11月16日の第4戦(東京ドーム)で、藤浪の後を受けた救援で2イニングを投げた。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

108件中 71 - 80件表示

「岩田稔」のニューストピックワード