前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た岩隈久志岩隈久志

    日本生命は、日本生命セ・パ交流戦の最優秀選手および日本生命賞の表彰選手を発表。最優秀選手には、交流戦1位となる37安打を放った川?宗則内野手(ソフトバンク)が選ばれた。日本生命賞には交流戦首位打者と打点1位となった金本知憲外野手(阪神)、交流戦5戦全勝の岩隈久志投手(楽天)が選ばれた。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 見せましょう野球の底力を

    見せましょう野球の底力をから見た岩隈久志岩隈久志

    翌12日以降、オープン戦が中止となるなか、楽天は各地で練習試合を行っていたが、主将の鉄平が「100%野球に集中するのは難しい」と述べるような状況であり、なかなか勝つことが出来ず、また、一刻も早く被災地へ行きたかったが、チームとして大人数で移動できるような交通状況ではないことや、シーズンの準備をしなければならないことから、被災地へ行くことも叶わなかった。そんな中、3月20日には楽天の全選手によりナゴヤドームで募金活動を行ったり、3月22日には阪神・淡路大震災の被災地である神戸市三宮で募金活動を行ったり、3月26日には福岡ソフトバンクホークスの選手である小久保裕紀が発起人となって行われた、東日本大震災チャリティートークイベント「今、私たちにできること」に嶋・鉄平・永井怜・田中将大・岩隈久志の各選手が参加し募金活動を行うなど、各地で慈善事業を行っていた。嶋や鉄平ら選手達は「何ができるか」を夜遅くまで話し合い、嶋は選手会長としてチームの意見をまとめ、星野仙一監督に「一度、仙台に帰らせて下さい」と話をしていた。見せましょう野球の底力を フレッシュアイペディアより)

  • ヴァル・パスクチ

    ヴァル・パスクチから見た岩隈久志岩隈久志

    、千葉ロッテマリーンズに入団。東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦で岩隈久志から来日初安打を放つ。開幕2試合目には満塁本塁打を含む5打数4安打7打点2本塁打と大活躍。しかしその後は不調に陥り、李承燁が二軍で好調だったこともあり降格。その後、ベニー・アグバヤニの故障で夏場に再登録され、下位打線ながら一時期3割を超える打率を残すなど活躍。このシーズンはベニーやマット・フランコ、李承燁などの主力外国人選手が欠場する試合に出場することが多かった。シーズン終了後、契約問題で揺れたが1月に再契約し、残留。李承燁が移籍し年齢も比較的若いため、今後の飛躍・成長が期待された。ヴァル・パスクチ フレッシュアイペディアより)

  • 藤井彰人

    藤井彰人から見た岩隈久志岩隈久志

    復帰したから3年間は着実に出場数を伸ばしていき、近鉄最後の年であるには的山哲也と正捕手の座をめぐり熾烈なデッドヒートを繰り広げた。開幕スタメンは藤井が務めたが6月までは両者が並行して起用される。7月に的山が正捕手を奪い返し、藤井の出場はゼロ。8月になるとまた藤井がスタメンマスクをかぶり、以降閉幕まで的山のスタメン出場は8試合だけだった。最終的には藤井86試合249打席、的山81試合140打席。また、この年最多勝を挙げた岩隈久志が先発する時はほぼ藤井がマスクをかぶった。藤井彰人 フレッシュアイペディアより)

  • 大崎雄太朗

    大崎雄太朗から見た岩隈久志岩隈久志

    、開幕前のWBC日本代表との強化試合で岩隈久志投手からホームランを打ち、その後も韓国戦4安打、台湾戦3安打、中国戦2安打と4試合10安打と打ちまくったが、その後のオープン戦には出場機会に恵まれず開幕一軍入りは逃したが、5月上旬に一軍に昇格すると5月31日の巨人戦で10回裏マーク・クルーンからサヨナラ安打を放ち、プロ初打点が初サヨナラ打となった。6月10日の阪神戦では9回裏にジェフ・ウィリアムスから代打でサヨナラ押し出し四球を選び、プロ2打点目もサヨナラとなった。この年は75試合に出場し打率.275を記録。大崎雄太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た岩隈久志岩隈久志

    【NPB】楽天・岩隈久志投手がポスティングシステム(入札制度)によるメジャーリーグ移籍を表明。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 永井怜

    永井怜から見た岩隈久志岩隈久志

    2007年、開幕一軍登録は果たせなかったものの、1週間後の4月1日に初の一軍登録。同日の対オリックス戦(フルスタ宮城)で初登板を果たす(9回表から1イニングのリリーフ登板)。同17日、対ソフトバンク戦(フルスタ宮城)で初先発を果たし、8回2失点。初勝利を挙げた。シーズン中盤まで先発ローテーションを守り続けたが、先発で4勝、防御率4点台とぱっとせず、一場靖弘、岩隈久志の先発復帰により先発陣が充実してきたこと、リリーフ陣が安定しないことから、8月途中からリリーフに転向した。リリーフでは22試合に投げて防御率1点台に抑えて3勝を挙げ、安定した成績を残し、チームの最下位脱出に新人ながら大きく貢献した。永井怜 フレッシュアイペディアより)

  • 朝井秀樹

    朝井秀樹から見た岩隈久志岩隈久志

    5月26日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でプロ初先発・初勝利(同試合で新人の一場靖弘がプロ初セーブを挙げた)を果たし、球団初の三連勝に貢献した。同年8月31日の対北海道日本ハムファイターズ戦(フルキャストスタジアム宮城)では155球を投げ抜いて初完投勝利を挙げ、この試合でプロ野球史上ワーストのチーム月間借金20(2勝22敗)を免れた。白星はこの2つだけだったが、新規参入球団で選手全員が他球団からの移籍だったこの年は岩隈久志に次ぐ先発の柱として大いに期待された。朝井秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た岩隈久志岩隈久志

    はシーズン前半から出場機会が多く、藤井が怪我で離脱してからは岩隈久志ともバッテリーを組むようになった。しかし、野村監督から各投手に合わせた配球ができていない事を指摘されてシーズン終盤には中谷仁が多く起用され、正捕手へ定着するには至らなかった。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見た岩隈久志岩隈久志

    6月20日 - 近鉄の岩隈久志が対オリックス戦で勝利し、球団新記録となる開幕から11連勝達成(この後12まで記録を伸ばすが、7月20日に連勝ストップ)2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード