150件中 91 - 100件表示
  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見た岩隈久志岩隈久志

    4月26日の日本ハム戦で、榊原諒から史上12人目となる通算450本塁打を達成。しかし、5月13日の対西武戦で星野智樹から死球を受け、右手第五中手骨折と診断されて離脱した。8月4日の対楽天戦で復帰し、岩隈久志から先制適時打を含む3安打猛打賞を記録。8月7日の対ロッテ戦で通算300二塁打を達成。しかし、前述の骨折による離脱の影響もあり、日本でプレーした年で最低の成績(84試合出場、91安打・22本塁打、最少となる62打点)で、規定打席数に到達しなかったのも2005年以来、2度目だった(ただし、打率自体は.308と2001年の.327に次ぐ成績)。タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオリックス・ブルーウェーブ

    2004年のオリックス・ブルーウェーブから見た岩隈久志岩隈久志

    選手分配ドラフトにより、オリックス所属の選手は以下のように分配された。また、近鉄からは以下の選手がオリックスに所属することが決定したが、岩隈久志はオリックスへの入団を拒否し、楽天がオリックスに金銭を支払うことと引き換えに楽天への入団が決定した。2004年のオリックス・ブルーウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • 平野恵一

    平野恵一から見た岩隈久志岩隈久志

    初盗塁:2002年10月13日、対大阪近鉄バファローズ28回戦(グリーンスタジアム神戸)、6回裏に二盗(投手:岩隈久志、捕手:藤井彰人)平野恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 一場靖弘

    一場靖弘から見た岩隈久志岩隈久志

    岩隈久志・セドリック・バワーズの出遅れによって開幕投手を務める。好投したものの打線の援護なく黒星を喫したが、2度目の登板でチームのシーズン初勝利、3度目の登板となった同年4月7日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)ではチームの連敗を止め、自身もプロ初の完封勝利を挙げた。前半戦で5勝を挙げる活躍したが、前述の岩隈やバワーズの故障で他の投手も不安定だったことから一場にかかる負担は大きくなり、交流戦以降は2勝8敗と大きく負け越した。最終的には最多敗戦数(14敗)、最多被本塁打(22本)など不名誉な「8冠」を手にしたが、一方で先発不足に喘いだ楽天にとって唯一、シーズンを通して先発ローテーションを守り、チーム勝ち頭となる7勝を挙げた。一場靖弘 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原征平

    桑原征平から見た岩隈久志岩隈久志

    NPBの球団については、実父が南海ファンだった影響で、京都での学生時代まではもっぱら南海を応援。しかし、KTVへの入社直後に太田幸司が近鉄バファローズへ入団したことをきっかけに、近鉄バファローズのファンになった。現在は、近鉄出身の礒部公一と岩隈久志が球団発足時に加入した東北楽天ゴールデンイーグルスのファンであることを公言している。桑原征平 フレッシュアイペディアより)

  • 古久保健二

    古久保健二から見た岩隈久志岩隈久志

    しかしは、開幕前に礒部が捕手失格の烙印を押されて外野手に専念することとなり、的山が正捕手に復帰したが投手陣が壊滅状態に陥ったことで、梨田は古久保を再び起用するようになる。当初は不安定な投球が続いていた抑えの大塚晶文に対する専用捕手の形であったが、シーズン後半にはスタメンの機会も増えた。特に岩隈久志との「親子バッテリー」では大きな注目を集めた。優勝へのマジックを1とした9月26日の対オリックス戦(大阪ドーム)では、9回無死満塁から古久保の代打となった北川博敏が日本プロ野球史上唯一の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定お釣りなしホームランを放って優勝を決めている。ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは第4戦以外で捕手として先発出場。12年越しで日本シリーズに出場したことになった。古久保健二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本泰

    山本泰から見た岩隈久志岩隈久志

    その後は大阪近鉄バファローズのスカウトとしてプロ球界に活動の場を移し、岩隈久志などの獲得に尽力した。暮れの同球団解散後にシアトル・マリナーズのスカウトへ就任した。山本泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋遥人

    高橋遥人から見た岩隈久志岩隈久志

    細身の体格ながらしなやかな腕の振りから繰り出す最速151km/hのノビのあるストレートが武器で、ツーシーム、スライダー、チェンジアップを投げる。腕のしなりや柔らかさ、ストレートの球質に対する評価が高く、一軍投手コーチの金村暁は「左の岩隈」と評している他、河本育之や今永昇太にも例えられる。その一方で、投球フォームや球質の安定性、制球力などを課題としており、大学時代はそれらが原因で安定した成績を残すことができなかった。高橋遥人 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た岩隈久志岩隈久志

    2007年シーズンは、新人を含め若手選手を積極的に起用する場面が目立った。投手陣では一場靖弘、岩隈久志らのシーズン序盤での離脱の影響もあり、永井怜、田中将大らを先発ローテーションに起用。捕手は育成を兼ねてルーキーの嶋基宏を多用。またシーズン中盤には渡辺直人、草野大輔らが台頭した。後半戦開始間もなく福盛和男が離脱するものの小山伸一郎をリリーフエースとして起用、一場靖弘、岩隈久志が一軍復帰したこともあり先発ローテーションを再編し、それまで主に先発だった山村宏樹、有銘兼久、永井怜らをリリーフ転向させた。結果は球団3年目で初の最下位脱出となる4位となる。2007年10月4日、3年契約最後の年であるも予定通り監督を続けることを表明。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 美馬学

    美馬学から見た岩隈久志岩隈久志

    '、前年まで4年連続で開幕投手を務めてきた則本が開幕前のワールド・ベースボール・クラシックに日本代表として出場したことや、則本に代わって開幕投手に内定していた岸孝之が開幕直前にインフルエンザB型への感染で登板を回避したことから、3月31日の対オリックス戦(京セラドーム)で初めて開幕投手を務めた。球団では岩隈久志、一場靖弘、田中将大、則本昂大に次ぐ歴代5人目の開幕投手であったが、6回3失点という内容で勝敗は付かなかった。次に登板した4月8日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)でシーズン初勝利を挙げたことを皮切りに、5月13日の対ソフトバンク戦(熊本)でシーズン初黒星を喫するまで、先発登板5試合で4勝をマーク。楽天の投手が一軍公式戦の開幕投手を務めたシーズンに開幕から4連勝を記録した事例は、球団史上初めてであった。以降の先発登板試合でも、6月30日の公式戦終了時点でNPB全12球団の規定投球回到達投手としてただ1人1点台の防御率(1.79)を記録するなど、おおむね好調をキープ。7月1日の対ソフトバンク戦(Koboパーク宮城)ではプロ入り後自己ワーストの10失点を喫して6回途中で降板したが、オールスターゲームにパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の監督推薦選手として初めて出場すると、同月15日の第2戦(ZOZOマリン)で3番手投手として初登板・初勝利を記録した。8月5日の対ロッテ戦で自己最多タイ記録のシーズン9勝目を挙げてからは、先発登板の4試合でいずれも5失点を喫していたが、31歳の誕生日に当たる9月19日の対日本ハム戦(いずれもKoboパーク宮城)で自身初のシーズン10勝目を無四球・シーズン初完封で記録した。結局、チーム2位の11勝、リーグ7位(チーム3位)の防御率3.26でレギュラーシーズンを終了。チームのレギュラーシーズン3位で臨んだクライマックスシリーズでは、西武とのファーストステージ第3戦(10月16日)での先発勝利によって、チームを4年振りのファイナルステージ進出に導いた。ソフトバンクとのファイナルステージでも第5戦(10月22日)で先発を任されたが、4回途中5失点という内容で敗戦投手になったため、チームは日本シリーズへの進出を逃した。シリーズ終了後の12月5日には、推定年俸8,000万円(前年から3,000万円増)という条件で契約を更改するとともに、背番号を15'に変更することを発表した。美馬学 フレッシュアイペディアより)

150件中 91 - 100件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード