133件中 11 - 20件表示
  • 竜太郎

    竜太郎から見た岩隈久志岩隈久志

    プロでの登録名は竜太郎となり、1年目は34試合に出場。翌は大島公一とともに自主トレを行ない、野球に対する高い意識に大きな影響を受けたという。同年は79試合に出場して7本塁打を放ち、特に岩隈久志から記録した初本塁打はNPBで一番の思い出になった。は規定打席未満ながら打率.325をマークし、近鉄とのシーズン最終戦では勝ち越しの3ランホームランを放ったものの、レギュラー争いの激化などで出場は52試合にとどまっている。オフの選手分配ドラフトにより東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が決まった。移籍決定の際に背番号7を希望したが、山崎武司も自身の娘の名前にちなんで背番号7を希望したため、オリックス時代と同じ48となった。竜太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 紺田敏正

    紺田敏正から見た岩隈久志岩隈久志

    プロ1年目のには二軍で打率3割、14盗塁を記録し、一軍でもプロ初打席初安打となる三塁打を大阪近鉄バファローズの岩隈久志から記録した。紺田敏正 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た岩隈久志岩隈久志

    オープン戦で吉岡雄二がアキレス腱断裂で離脱。岩隈久志が開幕から球団記録となる12連勝をするが、チームは合併問題の影響もあり一度も優勝争いに加わることなく低迷した。梨田は合併発表時の時点では「借金4で手ごたえはあった」としているが、7月7日のオーナー会議の時点では選手は抜けがらになり、最後は立ち上がれなかったとも述べている。9月24日、大阪ドームでの近鉄最終戦となる対西武戦が行われ、この年ここまで出場のなかった吉岡が代打で出場、この試合が引退登板となった赤堀元之や加藤伸一などが登板。試合は延長11回裏、1死二塁で星野おさむの右翼線へのサヨナラ安打で3対2で勝利、これが球団史上最後の勝利となった。9月27日のYahoo! BBスタジアムの対オリックス戦が、共に合併する球団同士の公式戦最終戦となったが、2対7で敗れている。チームは61勝70敗で4年ぶりのBクラスとなる5位に終わった。岩隈は15勝を挙げ最多勝を獲得している。二軍は前期優勝を果たしており、9月30日、藤井寺球場で最後の二軍公式戦、ウエスタンリーグ優勝決定戦が行われ、後期優勝の中日に敗れている。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た岩隈久志岩隈久志

    (近)岩隈、関口、山村、前川、三澤、○岡本(1勝)、S大塚(1S)?古久保、藤井、的山2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た岩隈久志岩隈久志

    3月20日、2年連続2度目の開幕投手を務め、ロッテを相手に1-0での完封勝利を挙げる。10奪三振を奪い、開幕戦を1-0で完封した上に、2桁奪三振を奪ったのは史上初の快挙となった。前年以上のペースで白星を積み重ね、シーズン前半から勝利数、防御率で楽天の岩隈久志とタイトル争いを繰り広げた。シーズン唯一の直接の投げ合いとなった4月10日には、両者ともに5回までノーヒットピッチングで、岩隈が100球で被安打3の1失点完投、ダルビッシュが95球で被安打3の完封という投手戦の末に勝利を収めている。7月17日、東京ドームで行われた対楽天戦では89球10奪三振無四球完投で11勝目を挙げた。しかし、前半戦最後の登板となった7月24日の対ロッテ戦では、165球の完投も、満塁ホームランを浴びる等、5失点を喫して負け投手となった。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た岩隈久志岩隈久志

    実況:斉藤誠征 解説:平松政次(CX)、大矢明彦(CX) リポーター:大久保博元(CX)ゲスト解説:金本知憲(阪神)、岩隈久志(近鉄)2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 岩熊

    岩熊から見た岩隈久志岩隈久志

    岩熊 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤吉宏

    佐藤吉宏から見た岩隈久志岩隈久志

    10月26日、現役引退が発表された。通算安打数はわずか4本ながら、本塁打が3本、しかも大場翔太、岸孝之、岩隈久志と、エース級か、その時点で絶好調だった投手から打つというファンの印象に残る成績だった。11月15日に二軍マネージャーに就任した。佐藤吉宏 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・リーファー

    ジェフリー・リーファーから見た岩隈久志岩隈久志

    オープン戦で4本塁打を放つなど好調をキープ。カブレラの調整が遅れていたこともあり、一躍一塁手のレギュラーを奪うのではと思わせる活躍を見せた。3月24日の開幕戦では6番DHで初の開幕スタメンの座をつかみ、2007年公式戦チーム第1号となる2ラン本塁打を岩隈久志から打った。カブレラが開幕後も不調だったこともあり、4月3日の対福岡ソフトバンクホークス戦では自身初の4番打者で出場。2安打1打点の活躍を見せた。しかし好不調の波が激しく、5月に二軍落ち。これに発奮し、二軍では3割を超える打率を残し、チームトップの9本塁打を記録した。9月11日に4ヶ月ぶりに一軍登録されると、即スタメン出場。斉藤和巳が5回までノーヒットノーランを続けていたが、それを阻止する本塁打を打った。その後も好調を維持し、9月の月間打率は.371を記録した。この活躍にもかかわらず、若手起用の方針から9月29日に登録抹消された。同年は47試合の出場にとどまったが、8本塁打・28打点と少ないチャンスを生かして結果を残した。36本の安打のうち8本が本塁打で、長打率は5割に達した。11月29日に西武から退団が発表され、翌30日付で自由契約公示された。ジェフリー・リーファー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・レストビッチ

    マイケル・レストビッチから見た岩隈久志岩隈久志

    初安打:同上、5回裏に岩隈久志から中前安打マイケル・レストビッチ フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード