150件中 11 - 20件表示
  • 藤井彰人

    藤井彰人から見た岩隈久志岩隈久志

    復帰したから3年間は着実に出場数を伸ばしていき、近鉄最後の年であるには的山哲也と正捕手の座をめぐり熾烈な争いを繰り広げた。開幕スタメンは藤井が務めたが6月までは両者が並行して起用された。7月に的山が正捕手を奪い返し、藤井の出場はゼロ。8月になるとまた藤井がスタメンマスクをかぶり、以降閉幕まで的山のスタメン出場は8試合だけだった。最終的には藤井86試合249打席、的山81試合140打席。また、この年最多勝を挙げた岩隈久志が先発する時はほぼ藤井がマスクをかぶった。藤井彰人 フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグ中継 (J SPORTS)

    メジャーリーグ中継 (J SPORTS)から見た岩隈久志岩隈久志

    2012年は日本人投手先発試合をフォローする。特にダルビッシュ有はオープン戦登板も生中継した。ただし日本開幕戦の放映権は日本テレビ(衛星放送では日テレジータスで放送)が持っているため「全試合」と謳っていない(岩隈久志が登板する可能性があったため)。またチェン・ウェイン、スティーブン・ストラスバーグの登板試合もフォローした。メジャーリーグ中継 (J SPORTS) フレッシュアイペディアより)

  • 大崎雄太朗

    大崎雄太朗から見た岩隈久志岩隈久志

    、開幕前のWBC日本代表との強化試合で岩隈久志からホームランを放ち、その後も韓国戦4安打、台湾戦3安打、中国戦2安打と4試合10安打を記録。開幕一軍入りは逃したが、5月上旬に一軍に昇格すると5月31日の読売ジャイアンツ戦で10回裏マーク・クルーンからサヨナラ安打を放ち、プロ初打点が初サヨナラ打となった。6月10日の阪神タイガース戦では9回裏にジェフ・ウィリアムスから代打でサヨナラ押し出し四球を選び、プロ2打点目もサヨナラとなった。この年は75試合に出場し打率.275を記録。大崎雄太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 戸村健次

    戸村健次から見た岩隈久志岩隈久志

    、シーズン前には岩隈久志の自主トレに参加し、アドバイスを貰った。再度先発に転向し、4月から先発ローテーションに入り、4月26日のロッテ戦では自身初となる完投勝利を無四球完投で挙げた。5月中盤から前半戦まで中継ぎに回り、中継ぎのみでの防御率は2.12と好投。6月19日の千葉ロッテマリーンズ戦では左背中痛で先発回避した辛島航の代わりに先発、5回1失点の好投で勝利した。後半戦から再び先発に復帰。チーム2位となる7勝(その内4勝がロッテで記録したもの)をマークし、初めて1年間一軍に帯同したシーズンだった。戸村健次 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た岩隈久志岩隈久志

    は藤井彰人や井野卓の台頭などにより、出場機会が減少。オフの12月4日、契約更改の記者会見時に大学の同級生だった女性との入籍を発表。もシーズン前半から出場機会が多く、藤井が怪我で離脱してからは岩隈久志ともバッテリーを組むようになった。しかし、正捕手へ定着するには至らなかった。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た岩隈久志岩隈久志

    3月20日、2年連続2度目の開幕投手を務め、ロッテを相手に1-0での完封勝利を挙げる。10奪三振を奪い、開幕戦を1-0で完封した上に、2桁奪三振を奪ったのは史上初の快挙となった。前年以上のペースで白星を積み重ね、シーズン前半から勝利数、防御率で楽天の岩隈久志とタイトル争いを繰り広げた。シーズン唯一の直接の投げ合いとなった4月10日には、両者ともに5回までノーヒットピッチングで、岩隈が100球で被安打3の1失点完投、ダルビッシュが95球で被安打3の完封という投手戦の末に勝利を収めている。7月17日、東京ドームで行われた対楽天戦では89球10奪三振無四球完投で11勝目を挙げた。しかし、前半戦最後の登板となった7月24日の対ロッテ戦では165球の完投も、満塁本塁打を浴びるなど5失点を喫して負け投手となった。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見た岩隈久志岩隈久志

    は開幕から1番・右翼手としてスタメン起用され、開幕戦となった4月1日のコロラド・ロッキーズ戦では日本人史上4人目となる開幕戦での本塁打を記録。4月は打率.250に終わるが、5月は14試合でマルチ安打を記録し打率.343と復調する。6月5日のオークランド・アスレチックス戦でNPB/MLB通算1500安打に到達。5月25日のピッツバーグ・パイレーツ戦の第3打席から6月10日のマイアミ・マーリンズ戦の第1打席まで、球団タイ記録となる72打席連続無三振を記録。19日には育休リスト入りし第2子となる長男の誕生に立ち会う。7月8日のレッズ戦でシーズン100安打に到達した。前半戦は88試合の出場で打率.294、4本塁打、出塁率.360、10盗塁の成績を残す。28日のロッキーズ戦でNPB/MLB通算100本塁打に到達。8月10日のシアトル・マリナーズ戦では岩隈久志とメジャー移籍後初対戦するが4打数無安打を喫する。9月7日のカブス戦ではヤクルト時代のチームメイトの林昌勇から安打を放ちシーズン150安打に到達。後半戦は66試合の出場で打率.276、4本塁打、出塁率.350、10盗塁を記録し、シーズン通算では最終的に155試合の出場で打率.286、8本塁打、出塁率.356、リーグ11位の20盗塁の成績を残し、三振率5.9パーセントは両リーグで最も少なく、140本の単打はリーグ最多であった。シーズン終了後には全米野球記者協会ミルウォーキー支部の会員投票によりブランドン・キンツラーと共にチームの“unsung hero(縁の下の力持ち)”に選ばれる。10月29日にチームが翌年の契約オプションを行使。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

  • 岩熊

    岩熊から見た岩隈久志岩隈久志

    岩熊 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原秀範

    桑原秀範から見た岩隈久志岩隈久志

    教え子の巨人・井端弘和が奇しくも桑原の広島商時代の同期・内田俊雄が監督を務める亜細亜大学に進み、いずれも恩師として挙げていることで知られる他、永田利則、原英史、野村克則、山本幸生、岩隈久志らが教え子となる。桑原秀範 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸鉄道キットDreams

    三陸鉄道キットDreamsから見た岩隈久志岩隈久志

    チームのスタッフとして、オーナーに三陸鉄道社長・望月正彦、監督に宮古市市長の山本正徳、更にシアトル・マリナーズ・岩隈久志をゼネラルマネージャーに迎えている。選手は三陸鉄道の社員・関係者のほか、沿線住民の野球愛好家によって編成する。三陸鉄道キットDreams フレッシュアイペディアより)

150件中 11 - 20件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード