150件中 41 - 50件表示
  • ひるまにあん

    ひるまにあんから見た岩隈久志岩隈久志

    楽天イーグルスの選手(岩隈、鉄平、山崎選手など)(2009年12月から)ひるまにあん フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・スクレ

    ヘスス・スクレから見た岩隈久志岩隈久志

    はリザーブ捕手の1番手に格上げされ、52試合に出場した。8月12日のボルチモア・オリオールズ戦では、1安打1打点、そして岩隈久志のノーヒットノーランの投球をリードした。打率はメジャーワーストの.157と、相変わらず粗さが抜けなかったものの、メジャー初本塁打を放った。また、前年に才能を垣間見せた守備面では更なる飛躍を遂げ、守備率.992・DRS +4・26回盗塁試行されて13回アウトにし、阻止率50%をマークした。ヘスス・スクレ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た岩隈久志岩隈久志

    6月5日 - 楽天の岩隈久志が対横浜戦でNPB史上128人目の通算1000奪三振2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2009年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た岩隈久志岩隈久志

    シーズン序盤は好調で4月を貯金4の首位で終えたが、5月に入ると失速し、5月から3ヶ月連続で負け越し、7月終了時点で3位西武に4.5差の4位とCS争いからやや遠のいた。しかし、8月に入ると快進撃が始まり、8月以降で17の貯金を重ね、ソフトバンクも抜いて2位に浮上して、チーム史上初のCS進出を果たした。CS第1ステージでソフトバンクを岩隈・田中の両エースの好投で破り、CS第2ステージに進出したが、第2ステージで日本ハムに敗れ、日本シリーズには出場できなかった。シーズン終了後、野村監督の退任が決定し、後任にマーティ・ブラウンが就任した。2009年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2012年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た岩隈久志岩隈久志

    この年の東北楽天ゴールデンイーグルスは、星野仙一監督の2年目のシーズンである。このシーズン終了後、岩隈久志がFA権を行使して、シアトル・マリナーズに移籍した。2012年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見た岩隈久志岩隈久志

    、チームが打席の左右を交互に打順を組む「ジグザグ打線」を採用したことで、5番・指名打者に定着。4番にはこの年8本塁打の高橋信二が座り、「つなぐ4番」として好機を演出しスレッジが返す流れが定着。5月17日のオリックス・バファローズ戦で走塁中に左太もも裏の軽い肉離れのため選手登録を抹消されたが、シーズン計117試合に出場。打率は.266で、目標にしていた30本塁打には届かなかったものの共にチームトップの27本塁打(リーグ3位)、88打点(リーグ4位)と前年以上の成績を残し、ポイントゲッターとしてチームのリーグ優勝に大きく貢献した。クライマックスシリーズ第2ステージでは、シーズン終盤に猛烈な強さをみせ球団初のCS進出を果たし、その第1ステージも2連勝で突破し勢いに乗っていた東北楽天ゴールデンイーグルスを迎え打つ。その第1戦、それまでの勢いそのままに楽天に4-8と大きくリードされ9回裏に突入。1点を返すも尚も3点差の1死満塁で打席に立つ。相手投手福盛和男の投球を左方向へ弾き返すと、打球はそのままレフトスタンドへ吸い込まれる。野球界において最高の一打とされる「3点差逆転サヨナラ満塁本塁打」となり、楽天の勢いを断ち切った。なおこの一打は2010年8月9日に2リーグ制移行60周年記念でNPBが現役選手と監督を対象に行った「史上最高の試合」「史上最高の名勝負・名場面」アンケートの「名勝負・名場面」部門で第1位に選ばれている。2勝1敗を王手をかけた第4戦では岩隈久志から3点本塁打を放ち、日本シリーズ進出を決めるなど、このシリーズ4試合で2本塁打10打点の大活躍をみせ、クライマックス・シリーズMVPを獲得。続く日本シリーズでも本塁打を放つ活躍をみせた。しかし、主砲として一定の結果を残したことで「現状の1億3,500万円からの年俸アップ」、「複数年契約」を主張する代理人側と、将来の和製大砲として期待を寄せる中田翔を育成するため「半レギュラー状態での起用」、「現状維持の年俸」、「単年契約」を提示する日本ハム球団側との間に開きがあり、保有権を喪失した12月1日に自由契約となった。日本ハムは自由契約となった後も引き続き交渉を行ったが、両者の主張は平行線を辿ったままであった。ターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァル・パスクチ

    ヴァル・パスクチから見た岩隈久志岩隈久志

    、千葉ロッテマリーンズに入団。東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦で岩隈久志から来日初安打を放つ。開幕2試合目には満塁本塁打を含む5打数4安打7打点2本塁打と大活躍。しかしその後は不調に陥り、李承燁が二軍で好調だったこともあり降格。その後、ベニー・アグバヤニの故障で夏場に再登録され、下位打線ながら一時期3割を超える打率を残すなど活躍。このシーズンはベニーやマット・フランコ、李承燁などの主力外国人選手が欠場する試合に出場することが多かった。シーズン終了後、契約問題で揺れたが1月に再契約し、残留。李承燁が移籍し年齢も比較的若いため、今後の飛躍・成長が期待された。ヴァル・パスクチ フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・ノエシ

    ヘクター・ノエシから見た岩隈久志岩隈久志

    2012年シーズンに入り、岩隈久志やケビン・ミルウッドなどとローテを争ったが、岩隈が開幕ローテ落ちした結果、先発ローテ入りを成し遂げる。しかし前半戦までで2勝11敗と大きく負け越してしまい、7月にマイナーに降格。代わりに岩隈が先発ローテーションに入った。9月のセプテンバーコールアップで再びメジャー昇格し、中継ぎとして投げていたが9月18日に再び先発。しかし1回と1/3で被安打8で7失点を喫するなど散々な結果を残してしまった。ノエシの代わりにローテ入りした岩隈が好成績を残したのも相まってノエシは大きく信用を落とす結果となってしまった。ヘクター・ノエシ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・リーファー

    ジェフリー・リーファーから見た岩隈久志岩隈久志

    オープン戦で4本塁打を放つなど好調をキープ。カブレラの調整が遅れていたこともあり、一躍一塁手のレギュラーを奪うのではと思わせる活躍を見せた。3月24日の開幕戦では6番DHで初の開幕スタメンの座をつかみ、2007年公式戦チーム第1号となる2ラン本塁打を岩隈久志から打った。カブレラが開幕後も不調だったこともあり、4月3日の対福岡ソフトバンクホークス戦では自身初の4番打者で出場。2安打1打点の活躍を見せた。しかし好不調の波が激しく、5月に二軍落ち。これに発奮し、二軍では3割を超える打率を残し、チームトップの9本塁打を記録した。9月11日に4ヶ月ぶりに一軍登録されると、即スタメン出場。斉藤和巳が5回までノーヒットノーランを続けていたが、それを阻止する本塁打を打った。その後も好調を維持し、9月の月間打率は.371を記録した。この活躍にもかかわらず、若手起用の方針から9月29日に登録抹消された。同年は47試合の出場にとどまったが、8本塁打・28打点と少ないチャンスを生かして結果を残した。36本の安打のうち8本が本塁打で、長打率は5割に達した。11月29日に西武から退団が発表され、翌30日付で自由契約公示された。ジェフリー・リーファー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・レストビッチ

    マイケル・レストビッチから見た岩隈久志岩隈久志

    初打席:同上、2回裏に岩隈久志から右飛マイケル・レストビッチ フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード