133件中 41 - 50件表示
  • ケビン・ホッジス

    ケビン・ホッジスから見た岩隈久志岩隈久志

    は新規参入の東北楽天ゴールデンイーグルスにテスト入団し日本球界に復帰した。岩隈久志以外に計算できる先発投手がいないチーム事情の中でローテの一角として期待されたが、シーズンに入ると背信投球を繰り返した。登板機会は多く与えられたが、調子が上向く気配は一向になく、8月28日の西武戦で1回5失点KOされると、監督の田尾安志は試合後の会見で「もう使うことはない」と事実上の戦力外を明言。その後は登板のないまま1年で退団した。ケビン・ホッジス フレッシュアイペディアより)

  • 倉義和

    倉義和から見た岩隈久志岩隈久志

    に長く専属捕手を務めてきた黒田がロサンゼルス・ドジャースへ移籍したことから、開幕は特定の専属投手不在で始まったが、序盤に高橋建の専属捕手としての立場が確立すると高橋の前半戦の活躍に貢献する。以後も青木高広、齊藤悠葵など、左腕投手が先発する際には優先的に先発を任された。しかし、前年とは打って変わって打率2割前後と低迷し、長く併用されてきた石原にレギュラーを奪われる。最終的に一軍に定着した2005年以降では最低の48試合出場に終わった。ちなみにこの年の本塁打数2本のうち1本は、この年に201回2/3イニングで被本塁打数3だった東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志から放ったものである。倉義和 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た岩隈久志岩隈久志

    4月12日 - 岩隈久志(東京都、野球)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た岩隈久志岩隈久志

    この分配ドラフトで川越英隆、谷佳知、村松有人、塩谷和彦 (以上オリックス)、岩隈久志、中村紀洋、水口栄二、北川博敏(以上旧近鉄)らのオリックスへの入団、川尻哲郎、小池秀郎、高村祐、吉田豊彦、星野おさむ、礒部公一(以上旧近鉄)、金田政彦、谷中真二、小林宏、大島公一(以上オリックス)らの楽天への入団が決定した。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • Lump of Sugar 放送部

    Lump of Sugar 放送部から見た岩隈久志岩隈久志

    ひろりん自身はLump of Sugarの主要メンバーであるので、内部の事に関しては非常に詳しく随時ゲームの製作の裏側や状況についてが話題にのぼる。彼の写真による顔出しはできず「ぬめ〜?っとした人」と形容されているが、第46回(2009年6月19日)にて、あるリスナーの投稿により「ひろりんは東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志に似てないか?」という指摘があり、スタッフからなかせの携帯電話に送られてきた岩隈の画像と見比べて「口元が似ている」という結論になった。また、2009年8月28日に発売されたUMAのファーストアルバム『世間に謝れ(仮)』のジャケット中に萌木原と共に素顔の写真を公開している。Lump of Sugar 放送部 フレッシュアイペディアより)

  • 平野恵一

    平野恵一から見た岩隈久志岩隈久志

    初盗塁:2002年10月13日、対大阪近鉄バファローズ28回戦(グリーンスタジアム神戸)、6回裏に二盗(投手:岩隈久志、捕手:藤井彰人)平野恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 中島卓也

    中島卓也から見た岩隈久志岩隈久志

    中学時代に少年野球教室で技術指導を受けた岩隈久志との対戦を熱望している。中島卓也 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ウェッジ

    エリック・ウェッジから見た岩隈久志岩隈久志

    2012年シーズン当初、岩隈久志をリリーフに使い、先発五番手にはヘクター・ノエシが入った。しかし、岩隈の登板機会が極端に少なく、かと言ってマイナーリーグに降格させるわけでもなく、しかしスティーブ・デラバーやトム・ウィルヘルムセンは登板過多なほどに登板させているなど、理解し難いパニック的な起用だと批判された。また、ノエシの成績が極端に悪いにもかかわらず、なかなか先発ローテーションから外さなかった。後半戦になってようやく岩隈が先発ローテーションに入ったが、その際に岩隈が好投を続けた際に、あろうことか「岩隈は私が思ってた通り際立っている」と最初から岩隈が好投することを知ってたかのような発言をした。エリック・ウェッジ フレッシュアイペディアより)

  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見た岩隈久志岩隈久志

    は、高橋信二が4番・一塁手に定着したこともあり、打順は5番で指名打者か左翼手での出場が多くなった。5月17日の対オリックス・バファローズ戦で走塁中に左太もも裏の軽い肉離れのため選手登録を抹消された時期があったものの、117試合に出場。打率.266、27本塁打、88打点と前年以上の成績を残した。しかし、目標にしていた30本塁打には届かず、対戦相手によっては極端な右寄りの守備体形(スレッジシフト)を取られたことで、何本かの安打性の打球を捕球されたこともあった。クライマックスシリーズ第2ステージ第1戦(対東北楽天ゴールデンイーグルス戦)では、9回裏に福盛和男から値千金の逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、楽天の勢いを断ち切った。第4戦では岩隈久志から3点本塁打を放ち、日本シリーズ進出を決定的にするなど、4試合で2本塁打10打点の大活躍でMVPを獲得。日本シリーズでも、本塁打を放つなどの活躍を魅せた。しかし、契約更改においては難航し、将来の和製大砲として期待を寄せる中田翔を起用したい方針もあり、現状維持の単年契約を掲示する日本ハム球団側と、大幅増の複数年契約を主張するスレッジの代理人側との間に開きがあり、保有権を喪失した12月1日に自由契約となった。日本ハムは自由契約となった後も引き続き交渉を行ったが、両者の主張は平行線を辿ったままであった。ターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た岩隈久志岩隈久志

    、近鉄最後の選手会長となる。6月、近鉄とオリックスの合併計画が浮上。近鉄の選手会長として労使交渉、署名活動など反対運動に奔走するが、結局阻止はならなかった。近鉄の消滅が決まった時、礒部は「僕らの近鉄に対する誇りは忘れない」と涙ながらに語った。球団合併による選手分配ドラフトの際、礒部ら近鉄の一部の選手は、労使妥結の前提となった「申し合わせ」を引き合いに、近鉄を吸収する側であるオリックスのプロテクト(選手優先保有)を拒否。オリックスも、近鉄のエースであった岩隈久志投手を除いてこれを認め(結果的には岩隈も金銭トレードで楽天に移籍)、楽天が彼らを獲得した。この年、自己最多の26本塁打を放った。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

133件中 41 - 50件表示